2010.09.17

そば切り 酒肴 蕎岳  手打ちの様子

Sobakiri

引き続き、「そば切り 酒肴 蕎岳」の宣伝です。
蕎麦は本格手打ち、店主が心をこめて毎日、二八と生粉(十割)を手打ちしています。

0011

打ち場は店の一番奥で、お客様に打っているところを見ていただけないのが少し残念。

0031


0041


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.12

そば切り 酒肴 蕎岳

0091

そろそろ宣伝します。
私の学生時代からの友人が、山科で手打ち蕎麦のお店を
九月二日に開業しました。

「そば切り 酒肴   蕎岳」です。
  (しゅこう きょうがく と読みます)。

0071

蕎麦と山をこよなく愛する店主が、蕎麦と槍ヶ岳から一字ずつ取ってつけた店名です。
蕎麦は国産の石臼挽き粉を使い、完全手打ち

二八せいろ(ざるそば)        800円
生粉打ちせいろ(そば粉十割ざるそば) 1000円
蓮如蕎麦(越前そば風おろしそば)   900円
天麩羅せいろ(二八と天麩羅盛合せ)  1500円

天麩羅は海老のほか、精進揚げ、かき揚げもあり、その場で揚げたてを供します。

酒は英勲辛口をはじめとする日本酒
幻の露、天山戸隠、村正などの焼酎を取りそろえ
蕎麦焼き味噌などの酒肴で味わってください。
生ビールもあります。

0031

場所は、京都市山科区音羽野田町15 ルーブル音羽1階 東側駐輪場奥
電話FAX 075-600-8006
店主のブログは↓
http://sobakirikyougaku.blogspot.com/

営業時間は 11:30~14:30 17:00~21:00
定休日は毎週水曜日で、月一回木曜もお休み(九月は16日です)

美味しい蕎麦と美味しい酒肴、美味しいお酒
そしてそばがきぜんざいの甘味もそろえています。
ぜひお越しください。

0111


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.10

日生(ひなせ)の牡蠣をいただきました

0011

昨年も頂いたのですが、昨日、岡山県赤磐市在住の友人から、日生(ひなせ)産の殻付き牡蠣をたくさんもらいました。

日生町は、岡山県の瀬戸内のまちで、2005年に備前市に合併されましたが、その少し前に友人に招かれて行ったことがあります。牡蠣の産地で、訪れた2月の末には「かきまつり」をやっていて、たらふく牡蠣を満喫しました。いまは通年「五味の市」を漁港で開いているとのこと。新鮮な魚貝に恵まれたところです。
また、最近は「かきおこ」というのが名物になっているようですが、これ、牡蠣を使ったお好み焼きらしいですね。

(くわしくは日生町観光協会:http://www9.ocn.ne.jp/~hinase/などを参照されたし)


0021


0031

贈ってもらったものを数えてみると、だいたい40個くらいありました。(2個くっついていたりするので数がよくわからない)
殻には海藻やら藤壺やら魚の卵のようなものなどが付いていて、海の香り満点。思わず一個一個見入ってしまいます。

必ず加熱!とのことでしたので、ガシガシ洗って、電子レンジに入れます。
頃合いを見て、殻が開いたやつを取り出し、ぷりっぷりの熱々を啜りこむのです。

信じられないくらい美味い。
大粒で、ぎっしりと身が詰まっていて、なんとも濃厚な味わい。
海の芳醇さを濃縮したような美味であります。
ああ、幸せ。
スキーの筋肉痛も、これで回復するでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.10.15

ソラノネでかまど体験

新聞の「週末の遊び所紹介」、みたいな記事で見つけたのが
「かまど体験」のできる「ソラノネ」というお店であった。
滋賀県高島市安曇川町泰山寺というところにある。

高島市といえば、我が家では毎夏、朽木のバンガローに泊まりに行く。
その近所かと、予約電話を入れてみると
10月13日はちょうど、おはぎ作りの名人を招いて、かまどでご飯や小豆を炊いて、「おはぎ作り体験」をするという。
親子三人、それに予約し、さて13日は日本晴れの空の下、山科を出発。


0011
「ソラノネ」HPの道案内をプリントアウトして持参。
国道161号から、JR湖西線安曇川駅の方へ曲り、
プリントアウトした道案内通りに車を走らせると、えらい山の中へ突入。
鬱蒼とした森の中の道で
「ほんまにこんなとこか~?」
と不安になる頃、空が開けて、あたりは広々とした畑。

0021
その真っ只中に「ソラノネ」はあった。

「ソラノネ食堂」と看板のある建物も、その向かいにいくつも築かれているかまども新しい。
働いている人々も若い。
わしら一家がその日の「おはぎ作り体験」の一番乗りだったが、やがて数家族、カップルなども集まってきた。
そして、和やかにおはぎ作りは始まった。

0031
初めての開催ということで、結構手探りの行事だったが、
スタッフも集まった人々もみんな笑顔で、すがすがしかった。
おはぎ作りの先生は、地元で美味しいお米を作っておられるご婦人。
参加者には、わしの息子を含め、子供たちも数人いて、かまどに火を点けたり、薪を割ったり、黄粉を作る大豆を枡で測ったり、水を汲んだり、なんでも体験させてもらってはしゃいでいた。みんな、生まれて初めてやったのだろうなあ・・・
予定よりかなり時間はかかったが、焼き芋を食べたり、楽しい経験にワイワイ過ごすうち、おはぎは出来上がり、青空の下でみんなで食事。

0161
これが、威力を発揮したかまどの骨組で、戦後に考案された「愛農かまど」というそうだ。
煉瓦で形作ったこの上に、セメントや漆喰?などで覆っているようである。少ない薪で効率よく調理できるし、弱火などの調整も可能。おまけにピザも焼ける優れモノ。

0261
周りは空が広く、とても気持ちがよかった。畑の隅にはコスモスも満開。

0401
これが、調理中のかまど。ちょっとの薪でこの火力!

0551
それにしても、みんなで作ったおはぎは、美味しかった。
わしと同じ、京都から来たご家族や、大阪から来たカップル、大津から自転車で3時間かけてきたという高校の先生など、和やかに会話できたのも楽しかった。
われわれ「おはぎ作り」組のほかにも、かまど体験に来た人、イモ掘りにやってきた人、食堂へ食事に来た人など、この日はにぎわっていた。神戸や八王子ナンバーの車などもあって、ずいぶん遠くからも来られているようであった。

ソラノネ食堂では、地元産の食材で、野菜カレーや鹿肉カツサンドなども食べられる。実に美味しそうな匂いがしていた。
帰りに、ブルーベリージャムなどをお土産に買ったけど、これも純な味。
朝食のパンにそれを塗りながら
「また行こうな!」と、嫁さん、息子と今朝も話したのである。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008.09.22

足太あわび茸料理、いろいろ

れこりんさんに頂いた、「足太あわび茸」を、毎日美味しく食べさせてもらってます。
以下は、拙いながら工夫してみた、その後のメニューです。

0011
2センチくらいの角切りにしたあわび茸と、ざく切りにした大量のニラだけで、チヂミ風のお好み焼きを作ってみました。あわび茸のこりこりした歯触りがしっかり味わえて、家族にも好評でした。


0011_2
ほとんど切らずに、あわび茸をそのままオリーブオイルを熱したフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きにしてみました。味付けは少量の薄口だし醤油。ステーキのようにナイフとフォークで食べます。歯ごたえがもっちりと柔らかくなっていて、これも捨てがたいです。

0021
衣をつけて天麩羅にしてみました。
加熱時間はほんの少しでいいです。塩をつけて食べるだけで、絶品。
写真の皿の下のほうのは、若鶏のフライ。
あわび茸にもパン粉の衣をつけて揚げると、不思議な感じとれこりんさんには勧められましたが、あいにくパン粉が切れてしまったので、天麩羅に。でも実にしゃっきりと揚がり、香ばしくなりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.18

「足太あわび茸」再び

2年前に、滋賀県蒲生郡竜王町のれこりんさんから、「足太(あしぶと)あわび茸」という素敵なキノコを贈っていただき、大変感動したのです。(その時の記事


それがなんと、今日、また頂いてしまいました。

0021
それもこんなにたくさん!


0031
改めて、立派なキノコなのにしみじみ感動。

0051
やはり、バター焼きが美味しいのです。
バター焼きというよりこれだけ大きいと、「あわび茸ステーキ」という感じにしてもいいな。
塩コショウ、バターだけで十分に堪能できる、味の濃いキノコです。

0091
そして、今回はおでんに入れてみました。
良い出汁が出たと思います。歯ごたえもいい。
ただ、煮込む料理であるおでんには、もっと大きく厚く切るべきだったかも。
ちなみに、写真のおでんは、これで一人前です。
大鍋にいっぱい作ってしまったのですが、夕食一回で、ほぼ食べ切り・・・(笑)

しっかり食べさせてもらいましたが、今回使ったのは、頂いた量の3分の1くらいかな。
いろいろ工夫してみます。
ほんまにおおきに!れこりんさん。

れこりんさんのblog「れこりんの感動生活日記」はこちら


そして「足太あわび茸」の問い合わせ先はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.08.06

謹製ミルクレープ

0081

8月某日、嫁さんの誕生日。
今年はバースデーケーキとして、わしと息子とで手作りのお菓子を!ということになり、
新聞にレシピが載っていた「ミルクレープ」に挑戦した。

文字通り挑戦である。
なにしろわしは、お菓子といえばホットケーキぐらいしか作ったことがない。嫁さんはパンだのケーキだの、結構趣味で焼いてるのだが、わしはちょっとだけそのお手伝いした程度

0071

でもまあ、レシピどおりにすれば出来るはずである!
で、真夏の午後、買出しに行き、台所と居間で奮闘。
クレープ生地やそれにはさむカスタードクリーム作りには、息子の友達も参戦し、電動泡だて器を面白そうに操ってくれた。

このミルクレープというやつ、要するにクレープを15枚焼いて、間にカスタードクリームとホイップクリームを混ぜたヤツを挟みながら積み上げ、冷やせば良いのである。
生地は子どもらのおかげ(笑)でまあ簡単に出来た。
カスタードクリームも生れて初めて手作りしたが、ちゃんと出来た。
とろとろの生地が、なべで加熱すると、もこもこっと固まっていくのに感動。

クレープ15枚を焼くのが地獄であった。
狭い台所に熱がこもり、ふらふらになったのである。
クレープを綺麗に焼くのは難しい。
だいぶ焦げました(^^;)

0082

それでも、レシピどおりにして、なんとか完成したのであった。
ただ、レシピそのままでは、バースデーのお祝いお菓子には寂しいので、食べる直前に、息子がホイップクリームを絞って飾った。

0091

嫁さんには大変褒めてもらえた。
味も、家族3人、満足した。
積み重ねたクレープとカスタードクリームが、口の中で
「グニュニュッ!」と崩壊する感覚が、なんともいえず新鮮。

なんでも、挑戦してやり遂げると、実に充実感を味わえるものである。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.11.18

八段ケーキ&ステーキ

0081
先日、わが息子が8歳の誕生日を迎えて、家族でパーティ。
前も、六段ケーキをこのblogで披露したことがありましたが
(カテゴリー・グルメクッキング参照)
懲りもせず、年齢にあわせて八段ケーキを作りました。
いやあ、アンコールワットの遺跡のようじゃ。崩れかけてるし(笑)

0111
手作りケーキをテーブルの真ん中に据えて、サラダなども添え、メインディッシュは、サーロインステーキ。
ステーキなんぞ焼くのは、何年振りじゃろか。
フライパンにバター溶かし、片面に塩胡椒して、一挙に3枚とも投入。強火で表面固めて、ひっくり返して蓋をする。
火加減が勝負。耳を澄まして音を聞き、蓋を開けて、もう片面に、クレイジーソルトを振る。
子どもに食べさすので、ブランデーのフランベは抜き。(涙)

ほうれん草と椎茸のソテーを添えて、さあ、ナイフとフォークの食事だ。

おぼつかない手つきで、肉を切って頬張る息子。
「おいしい~~」
と言うてくれましたがな。
父ちゃんシェフ、頑張った甲斐があった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007.06.09

中華のサカイの冷麺

0706sakaireimen_006

先週、大徳寺を拝観に行って、是非その昼食に寄りたいと思っていたのが、大徳寺の東横、新大宮商店街にある「中華のサカイ」であった。
でも、わし、思い立って何か食べに行くと、恐ろしいほどの確率で「定休日」にぶち当たるのだ。で、先週はまさにそれ、月曜定休日(涙)

そういうわけで、今回、改めて食べに行った(笑)

新大宮商店街のお店のほとんどが、地元民向けの庶民的なお店である。ここもまた、小さな中華料理店。特に凝った雰囲気はない。近所の人や仕事途中に営業マンが寄るお店。
でも、ここの中華そばと冷麺(年中やっている)は何故か有名。
わしも昔、職場の先輩に何度も連れて行ってもらった。

写真が、その冷麺なのだが、注文すると「ハムですか、焼豚ですか?」と聞かれる。
ハム入りが630円、焼豚のが680円。わしは焼豚を注文したが、ハムのほうがこの味には合うかなと思う。
具はハムまたは焼豚のほかは、細切りキュウリと、刻み海苔だけなのである。
太目の麺は茹でるのに結構時間が掛かるらしい。同時に注文した餃子のほうが先に来た。
特製のタレが特徴的な味を奏でるのだが、わしには辛子とマヨネーズと胡麻ドレッシングを混ぜたようなものと感じられる。かなり甘いのである。
でもたちまちツルツル食べてしまい、タレも意地汚く啜ってしまい、「ああ、大盛を頼めばよかった」と後悔した。

店からほんの少し離れて、この店の駐車場があり、わしは午前11時、開店と同時に停めたのであるが、食べ終わって車に戻ったら、もうほとんど満車だった。
新大宮商店街は、10年以上前に『コミュニティ道路』と称して両側に洒落た石を敷き詰めた歩道を作り、街路樹を植えたそうな。歩道の縁が妙に曲がりくねり、車はスピードを出せないようになっている。歩いて買い物をしてもらおうという発想なのだろう。
以前は対面通行だったが、今は南向き一方通行。考えてみればわし、ここを車で通ったのは初めてだ。歩いて、自転車で、バイクで、青春の日々に馴染んだ商店街だった。
あの頃より、サカイの冷麺は、ほんのすこし、辛子が利いて胸に沁みた。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.09.20

我が家の定番

Taihuuikka_0031

一応カテゴリーに、クッキングというのがあるのに、あんまりまともな料理を掲載してないので、たまには日常の食事を(笑)。
子どもは大抵ハンバーグが好きだと思います。うちの息子もそう。
夕食のメニューに、月に3回くらいは作るかな、手作りハンバーグ。
すっかり手馴れて、定番化した、わしの作り方。

①生協の「バラ凍結合挽きミンチ」を凍ったままボウルにばらばらと盛る。
②玉ねぎ一個をみじん切りにし、サラダオイルを引いたフライパンでよーく炒める。
③熱いまんまのみじん玉ねぎを、フライパンから直接ボウルに入れ、ミンチと混ぜる。これで、ミンチの解凍の手間は要らない。
④ミンチと玉ねぎをカレースプーンで練る。塩で味付けし、ナツメグをたっぷり振りかける。卵を割りいれ、パン粉の代わりに麩を手で粉砕してつなぎに入れる。普通のハンバーグのときは砂糖も使ってしっかり味付けするが、煮込みハンバーグにするときは薄めに。
⑤ボウルの中では終始、スプーンで練り、手を使わない。適当に混ざり、粘り気がでたなと思ったら、そのままスプーンでタネをすくい、手にとる。
⑥右手で握ったタネを左の掌に何度も叩き付け、空気を抜きながら整形する。
⑦玉ねぎを炒めたまま洗ってないフライパンに、整形したタネを並べる。このとき、新たな油は引かない。
⑧中火で両面を焼く。
⑨普通のハンバーグは、ここで皿にとって、電子レンジに移し、中心まで火が通るように加熱。
 煮込みハンバーグにする場合は、フライパンに自家製デミグラスソース(わしの秘伝・笑)を注ぎ込んで煮込む。

以上、可能な限り手抜きして作る、手作りハンバーグです(笑)
付け合せにはレタスやトマトを添えるほか、拍子木に切って水にさらし、電子レンジでチンしたジャガイモに、パセリ・紫蘇塩など振りかけると、簡単なわりに見栄えがします。

ちなみに秘伝のデミグラスソースとは、
お好み焼きソース・トマトケチャップ・焼肉のタレ・酒・みりんなど、その場の気分で適当に混ぜて、フライパンに流し込み、煮込むだけのものです(わはは)

・・・やっぱりあんまりまともとは言えへんか(涙)

| | コメント (7) | トラックバック (1)