2009.07.24

祇園祭と八坂神社・11 あとのまつり

今日、7月24日には、祇園祭においては、花傘巡行と還幸祭が行われる。

ちなみに、17日は、山鉾巡行とともに、神幸祭が行われた。
山鉾巡行と花傘巡行、神幸祭と還幸祭、それぞれ対応する行事なのである。
神幸祭、還幸祭については、また別に述べるとして、今日の花傘巡行、これが「あとのまつり」=「時期を失した、後悔したがもう遅い」という言葉の語源になっているということ、ご存じだろうか?

つまり、山鉾巡行が「前祭(さきのまつり)」であり、花傘巡行が「後祭(あとのまつり)」なのである。

しかしもともとは、どちらも山鉾巡行の行事であった。
昭和40年まで、17日の「前祭」で20基の山鉾が巡行し、24日の「後祭」で、9基の山鉾が巡行していたのである。
それを、昭和41年から17日に全部まとめてするようになり、代わりに24日に花傘巡行を行うようになったそうだ。
それで、なぜ「あとのまつり」が「時期を失した、後悔したがもう遅い」という意味の言葉になったかというと、「さきのまつり」でたくさんの山鉾が出てしまい、「あとのまつり」は巡行する数が少ないため、多くの山鉾を見逃してしまった、残念~~~ということである。
(まあ、語源についてはほかにも説はあるらしいが)

花傘巡行そのものは、わしはまだ直接見たことがない。
10基の花傘を中心に、子供神輿、祇園太鼓、幌武者、児武者、馬長(うまおさ)、六斎など、古式ゆかしい装束の行列が1000人も行列するそうだ。
その中には、祇園東や先斗町の芸妓さん、舞妓さんも参加して実に華やかだという。
ちなみに女性の参加する祇園祭の行事はとても少ないのである。
列は午前10時に八坂神社石段下(西楼門前)を出発し、四条通→河原町通→御池通→寺町通→四条御旅所→八坂神社石段下→神幸通→八坂神社正門とめぐって、正午に到着。

これを書いてる今、まさに巡行中なのだな・・・
行けるとしても今からでは、まさに「あとのまつり」・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

祇園祭と八坂神社・10 山鉾巡行のテレビ中継

もう何年も、宵山や山鉾巡行を見に行っていなかったが、今年は前回の記事で述べたように、瞬間的に巡行を見に行けた。
それでも、だいたい毎年、祇園祭を体験した気分になれるのは、ローカルテレビ局・京都テレビが生中継してくれるのを見ているからである。

今年もまた、それを見ていた。
テレビカメラは、一般人の立ち入れないところから映すので、普通には見れない角度、場面を楽しむことができる。もちろん、現場での迫力には及ばないし、祭の熱気、感動と言ったものとは遠いのだけれど。
以下、京都テレビの中継画面と、NHKのニュースをデジカメで撮ったのをいくつか挙げてみる。

0041
巡行の先頭を行く長刀鉾に、稚児が強力(ごうりき)の肩に担がれて昇り、頂きで振りかえる「見返りの儀」。
今年の稚児はくつろいだ笑顔が印象的であった。


0791
四条麩屋町の南北に張られた注連縄(しめなわ)を、長刀鉾の稚児が、太刀で切って落とす「注連縄切り」。


0801
神の化身となった稚児が、結界を切り放ち、祭の空間へと山鉾が突入を開始するのだ。

0511
鉾の辻回しも、実際に見に行くと人垣の頭越しだったりするが、こういう俯瞰した映像も、テレビでは見せてくれる。

0671
東山の緑をバックにした行列の映像というのも、わしは初めて見た。

0811
山鉾が、四条堺町に至ると、鬮(くじ)取り式で引いた順番通りに来ているのか、奉行である市長が改める。これを「鬮改め」という。近年は鬮をみせる役を、少年がやっているところが多い。これがなかなか清新で凛々しく、かっこいいのである。

0601
その中でも、「黒主山(くろぬしやま)」の少年は、山の名前にちなんで黒の裃を着ており、ひときわかっこいい。特撮ヒーロー戦隊ものの、「なんとかブラック」のような印象か(笑)

0591
緊張しながら、伝統の所作を演じる少年たちが、これからの祭、そして未来を担っていくのだなあ・・・

063

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.17

祇園祭と八坂神社・9 長刀鉾辻回し

今日17日は、山鉾巡行。
行けないものとあきらめ、テレビで中継を見ていたら、突発的事情で洛中に車を出すことになった。
その用事を終え、息せき切って、四条河原町に駆け付けると、巡行の先頭、長刀鉾の四条河原町辻回しに間に合ったのである!
以下、撮ってきたばかりのその写真。

0131

四条河原町交差点の真ん中に、ずどん!と聳え立つ威容。

0121


0181

いよいよ辻回しが始まる。青竹を割って敷いた上に水を撒き、車輪に掛けた綱を引っ張って、力任せに方向転換する荒技だが、コンチキチンの音色の中、雰囲気はいたって優雅に行われるのだ。

0241

まさに旋回中!

0301


0331

曇天を突く長刀。疫病を祓う破邪の刃。

0401

旋回終了!行けー!突き進め!

0471

あいにくの小雨で、平日でもあって人出はかなり少ないというけれど、ご覧の賑わい。
まだまだ巡行は始まったばかりだったが、踵を返してきた。わずかの時間でも、巡行を見れて、嬉しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.15

祇園祭と八坂神社・8 山鉾館

すでに10日から、「鉾建て」が始まって、13日にはすべての鉾が建ちあがっているはずである。
祇園囃子を奏でながらの、鉾の「曳初め(ひきぞめ)」も、12・13日の行事。
また、「山建て」は12日から14日にかけて行われている。

残念ながら7日以後、洛中に出かけることができず、全然山鉾の様子は見れていない。
7日の八坂神社の様子はこんな感じ。

0661

本殿前の舞殿には、祇園祭のポスターや神事予定一覧表などが張り出されている。
「こんな行事もあったのか」と驚くほどで、宵山や山鉾巡行が済んでも、まだまだ見どころがあることを知らせてくれる。

というか、わしは明日に迫った宵山も、明後日の巡行も、観に行ける予定が立たないので、その後に期待しているのであるが(とほほ・・・)。

さて、八坂神社の東側、東山の斜面には「円山公園」が広がっているのだが、この中に祇園祭関係の施設があることをご存じだろうか。
その名も「祇園祭山鉾館」

0521

鉄筋コンクリートの無愛想な倉庫であるが、この中に、普段は10基の山が保管されているのだ。
山建ても終わった今は、空っぽになっているにちがいないが。高床式で保存機能はよく考えられているようである。

0531

なにしろ「山」というくらいで、巨大な構造物なのであるから、一般民家で保管するのが難しいのは想像がつく。当然、山鉾を保管するのは「町会所」という施設だったのだが、その維持もまた大変なのであった。
中には町会所の所有や使用にトラブルが起こるところもあり、しっかりした公的施設の収蔵庫を望む声が大きくなって、昭和43年に、ここ円山公園内に建設され、2年間建物を丁寧に乾燥させて、昭和45年からここで10基の山を保管しているそうである。
庫内の山を示す額の文字は、当時京都在住の名のある人が筆をとって書いてあるとのこと。
(画家や京舞家元、陶芸家、染織作家、茶道家元、京都国立博物館館長ら)

0541

中に入っているのは、
岩戸山、孟宗山、黒主山、浄妙山、太子山、
油天神山、郭巨山、伯牙山、芦刈山、木賊山。

☆念のため、付け加えると、純粋に保管のための収蔵庫で、観覧などはできません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.07.08

祇園祭と八坂神社・7 綾傘鉾稚児社参

0281

「祇園祭と八坂神社」の記事を連載しているが、実は前を通ることは多々あっても、このところ、お参りはできていなかったのである。
七月七日、久しぶりに参拝できた。

0371

この日は、「綾傘鉾稚児社参」が午後2時半から行われるとのことだった。
残念ながらそれまで待つことができず、その姿を見ることはできなかったけれど。

祇園祭における「稚児」とはなんだろう。

まず祭礼全般において「稚児」は、美しく装い、化粧して参列する子どもである。
幼童は汚れない存在で、神に近いという認識が古来あり、祭礼に際して、神が降臨する「よりまし」となったり、神に供奉する清浄なしもべとしてふさわしいと考えられたのであろう。

祇園祭には、いくつかの「稚児」がある。
もっとも有名なのは、長刀鉾に乗る稚児だ。
これは、「鉾稚児」で、かつては、船鉾以外のすべての鉾に生身の稚児=「生き稚児」が乗っていたそうだが、現在は長刀鉾にだけ乗る。ほかは人形が乗るのである。

長刀鉾の稚児は、補佐を務める「禿(かむろ)」二人とともに、毎年町衆の家から選ばれる。
まず、7月1日、「長刀鉾町お千度(せんど)」という神事で、禿や鉾町の役員たちと八坂神社に詣で、本殿を右回りに3周して昇殿参拝。
そして13日午前に「稚児社参」でまた昇殿すると、このときに「五位少将・十万石大名」の格式を授かるのである。

次に「綾傘鉾稚児」だが、これは、綾傘鉾に乗るわけではない。綾傘鉾を先導する役で、6人いるのだそうだ。
7日の社参では、宮司から「宣状書」を授かり、やはり「お千度」で本殿を3周するのがきまり。
そもそも、「綾傘鉾」は、山鉾の中でも特に異例の形状をしている。
簡単な台車のうえに、直径2,36メートル、傘の長柄3メートルの傘を乗っけている。(ちゃんとたためる傘だそうだ)
しかも、同じ形のものがなんと2基ある。
この大型の傘を、正副6人の稚児と棒振り踊りの踊り手たちが先導するのである。
今宮神社の「やすらい祭」や上賀茂神社の「さんやれ祭」の「風流傘」の系譜を引く形だそうで、古い祇園御霊会(ごりょうえ)の祭礼行列も、この綾傘鉾のようなものだったと推測されている。

さらにもう一種類、「久世駒形稚児」というものがある。
これは、南区久世にある「綾戸国中神社」の神さまのお使いなのだ。
八坂神社の祇園祭に、なんでまたそんなところの神さまのお使いが?とややこしいが、この「綾戸国中神社」は、八坂神社の祭神と同じ「スサノヲノミコト」を祀っていて、八坂神社のスサノヲノミコトが、「和御魂(にぎみたま)」であるのに対し、綾戸国中神社のは「荒御魂(あらみたま)」で、二つが合体しないと、祇園祭は始まらないという考え方から、久世の地から荒御魂を招くのである。
「久世駒形稚児」の「駒形」というのは、稚児が胸の前にご神体である木彫りの馬頭を付けるところからきているそうだ。そして、ご神体を身につけ、馬にまたがった久世駒形稚児は、「神」そのものとなるのだ。
7月13日、長刀鉾の稚児社参と同じ日の午後、久世駒形稚児も、社参を行うが、長刀鉾稚児が八坂神社境内では馬から降りるのに、久世駒形稚児は、騎乗のままだという。その後、17日の神幸祭、24日の還幸祭にも、神輿行列に加わる。

巡行の発端に、刀で注連縄を断ち切る長刀鉾稚児もかっこいいけど、その長刀鉾稚児すら下馬する八坂神社境内に、颯爽と馬上で乗り込む久世駒形稚児も、凛々しいなあ。
稚児に選ばれると、家の出費は大変だし、本人も精進潔斎でしんどいやろけど、祇園祭のスーパーヒーローになれるんやから、そらもう、一生の思い出やろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.07.03

祇園祭と八坂神社・6 鬮取式

7月2日の祇園祭の行事は、鬮取式(くじとりしき)。

これは、山鉾巡行の際の、鉾や山の順番をくじで決めるのである。
どうも、昔は順番争いでけんかになったらしく、応仁の乱のあとくらいから、くじで決めるようになったそうだ。
江戸時代には、京都所司代という幕府の役人のもと、六角堂で行われた。

今、これをおこなうのは、京都市議会本会議場!
京都市長列席のもとでやるのである。
山鉾町の代表は黒紋付き羽織袴姿の正装。

ただし、全部の山鉾がくじを引くわけではない。
「鬮取らず」という、毎年何番目に巡行するかが、慣例で決まっている8基の山鉾は、くじを引かない。
先頭の長刀鉾などである。

くじをひく中で、最も注目されるのが「山一番」というやつで、
長刀鉾の次に行く、全体で2番目のもの。これは鉾でなく山と決まっている。
今年は芦刈山がそれをあてたとのこと。

以下、鬮取式の結果決まった、今年の巡行の順番である。


1  長刀鉾         (鬮取らず)
2  芦刈山         (山一番)
3  白楽天山
4  霰(あられ)天神山
5  函谷(かんこ)鉾    (鬮取らず)
6  孟宗山
7  四条傘鉾
8  郭巨(かっきょ)山
9  月鉾
10 蟷螂(とうろう)山
11 油天神山
12 占出(うらで)山
13 菊水鉾
14 太子山
15 綾傘鉾
16 伯牙(はくが)山
17 鶏鉾
18 木賊(とくさ)山
19 保昌(ほうしょう)山
20 山伏山
21 放下(ほうげ)鉾     (鬮取らず)
22 岩戸            (鬮取らず)
23 船鉾            (鬮取らず)
24 北観音山         (鬮取らず)
25 橋弁慶山         (鬮取らず)
26 黒主山
27 鈴鹿山
28 八幡山
29 役行者(えんのぎょうじゃ)山
30 鯉山
31 浄妙山
32 南観音山         (鬮取らず)


鬮取式を終えた、山鉾町の代表は全員で八坂神社に参詣し、祭の無事を祈願する。
これを「山鉾町社参」というそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.07.02

祇園祭と八坂神社・5 いよいよ七月

もっといろいろ書きたいことがあったが、手のつかないまま、祇園祭の七月に入ってしまった。

最も知られている「山鉾巡行」は17日に行われるのだが、祇園祭は、1日に始まり、31日まで一カ月間、さまざまな行事が続くのである。

まず最初は、「吉符入(きっぷいり)」

神事始めの行事で、各山鉾町の町会所で、それぞれ、1日から5日にかけて行われる。
関係の人々が集って、祭神を祀り、神事の無事を祈るので、観光客には公開されることはない。

ただ、これが済んだ夜から、各町会所では、祇園囃子の練習が始まるのである。
町会所の二階で行われることから「二階囃子」と呼ばれているそうだ。
鉦(かね)と笛で奏でられる祇園囃子は、「コンチキチン」の擬音でも有名だろう。
そうなのである、もう、祇園祭の山鉾町では、コンチキチンの音色が聞こえているのだ。
録音されたやつも、京都の町中ではあちこちでBGMに流され始めるので、七月の京都は一気に祇園祭一色になるのである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.06.05

祇園祭と八坂神社・4 本殿の伝説

さて、3で写真を掲げた八坂神社本殿、これも特異なものである。

以下、「建築MAP京都」(ギャラリー・間編 TOTO出版)より、引用する。

「八坂神社本殿
  東山区祇園町北側(=住所)
  建立:1654年(承応3年)
  構造形式:正面7間、側面6間、祇園造、入母屋造、檜皮葺

・・・本殿は、本殿と礼堂を大規模な入母屋造の屋根で覆い、側面、背面の三面に庇を付ける独特な構造を持つ。千木、堅魚木を持たず、奥行きが深い建物のため、一見すると仏堂のような印象を受ける重厚な造りである。」

つまりこの独特の構造を「祇園造」と称するのだが、いかにもかつては神仏習合の信仰の場であった祇園さんらしい、神社なのに仏堂みたいな建物なのだ。

そしてこの建物には、伝説がある。

「床下に、池があり、その水は竜宮につながっている」
という、お伽噺じみた、ちょっと壮大な言い伝えなのだ。

なぜここに、「竜宮」とのつながりが出てくるかというと、それこそ、「牛頭天王」からの関係なのである。
牛頭天王の説話は、祇園祭とも切り離すことのできないものなので、ここで述べておきたい。
詳しく書くととても長いのでかいつまんで。

「北天竺マカダ国大王だった牛頭天王は、天帝の使者に教えられ、南海のシャガラ竜宮の第三王女である頗梨采女(はりさいじょ)を妃に迎えようと旅立った。
途中、南天竺で、富裕な巨旦(こたん)大王に宿を乞うたが断られ、困っているところを、貧乏だが親切な蘇民将来に歓待を受ける。
そのおかげで、めでたく妃を得ることができた牛頭天王は、のちに八人の王子や眷属を引き連れて巨旦大王一族を攻め滅ぼすが、蘇民将来の一族は守り、その子孫も疫病から免れるように約束した。」

だいたいこんな感じである。いろいろとバリエーションがあって、巨旦大王は、「巨端将来」あるいは「古端長者」とされたりしている。
いずれにしろ、南海の竜宮は、牛頭天王の妃の実家であり、結婚してからもしばらくは牛頭天王はそこで過ごし子を成すのである。
つまり、八坂神社本殿地下の池の水脈は、牛頭天王の妃の実家である竜宮との連絡路というわけなのであった。

そして、この説話で出てきた「蘇民将来」の名は、祇園祭のおり、間違いなく目にすることになる。
厄除として授けられる粽(ちまき)に、「蘇民将来子孫也」と記した護符が付いているのだ。

0041


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.06.04

祇園祭と八坂神社・3 祭神について

Yasakasan1
(八坂神社本殿)

八坂神社が、かつては違う名前で呼ばれていたように、この神社が祀る神さまの名も、変遷を経ている。

現在の八坂神社の祀る神さまは

スサノヲノミコト(素戔嗚尊)
クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)
ヤハシラノミコガミ(八柱 御子神)

であるが、主神はスサノヲノミコトであり、クシイナダヒメノミコトはその妃、ヤハシラノミコガミは、スワノヲ・クシイナダ両神の間に生まれた八人の子である。

しかしながら、この祇園の地で最初に祀られていたのは
「祇園天神」
という名の神さまであるらしい。
(「日本紀略」延長4年=西暦926年6月26日条)
そしてこの天神さまは、「牛頭天王」の名でも呼ばれていた。

牛頭天王・・・頭に黄牛の面を戴き、鋭い両角を持ち、夜叉のように容貌魁偉な神であり、疫病にかかわる存在と考えられた。
八坂神社に伝わる社伝によれば、斉明2年=656年に、高麗の国からやってきた副使(大使の補佐)伊利須(いりす)もしくは伊利之(いりし)が、新羅の国の牛頭山に鎮座していた大神の霊を奉戴し、山城の国の八坂郷に鎮座したのが、すなわち牛頭天王だという。
この神さまが、やがて神仏習合の考えから、スサノヲノミコトにみなされて行ったのであった。

牛頭天王にしても、スサノヲノミコトにしても、その素性についてはさまざまな考察がなされており、一筋縄ではいかない。
牛頭天王については、さまざまな説話が伝わっていて、インドの土俗信仰の対象であったという説から、ラマ教、ヴィシュヌ信仰とのかかわりなど、かなりインターナショナルな雰囲気がある。
また、スサノヲノミコトも、「日本書紀」には、新羅国のソシモリなる地に降り立ったという記述があり、そのソシモリこそ牛頭山という説があるのだ。
大胆に推測すれば、東アジアの古代のひとびとが、海を越えて交流する中でつくりあげていった神格が、牛頭天王・スサノヲノミコトに結晶して行ったのではないだろうか

ただ、いずれにしても祇園の地に祀られた神さまが、異国からの伝来という伝承を持ち、疫病に関わる神という面を持っていたのは確かなようである。
そして、祇園祭は、疫病を鎮めるための祭礼として始まったのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.06.01

祇園祭と八坂神社・2

Yasakasan2

さて、八坂神社だが、この名前になったのは明治元年のことで、それ以前は「祇園社」「祇園観神院」「祇園天神社」「牛頭天王社」などといろんな名前で呼ばれていたそうだ。
しかも、延暦寺の支配を受ける仏寺だった時代もある。足利義満の命で、延暦寺の支配を離れてからも、神仏習合の、寺とも神社ともつかぬ形であったようだ。
明治元年に名前が変わったのは、「神仏分離令」によるものである。
このことは、祀られている神さまのことに深くかかわってくるので、また詳しく。

あと、もう一つ、わしにとって意外だったことは、東大路に面してランドマークとなっている西楼門が、正面の門ではないこと。
これは、神社の内部の建物配置を見れば一目瞭然で、本殿は南に向いており、そこから、舞殿、南楼門、石の鳥居と続く向きが正面に当たる。
上の写真は、南楼門を内側から見たもの。

西楼門を入ると、小さな祠が幾つかあって、それを迂回する参道を上がっていくと、社務所の前を通って舞殿の西側面が見えてくる。どう考えても横っぱらから進入する経路である。
今でこそ、西楼門の門前が賑やかな祇園町なので、こっちから参る人が多いのだが、かつては全くこのあたりの町並みは違っていたのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧