« 今年も咲き始めました | トップページ | 夏よさらば »

2010.08.26

火炎茸=カエンタケ

Kaentake

七月の終わりに、恒例の朽木キャンプに行き、息子が自由研究で「キノコ」をやりたいというので、森の中のキノコを端から写真に撮って行ったのだが、
割と最初の方で、腐朽した切り株の根っこに、妙なキノコを発見。
すると、かねてからキノコ図鑑を熱心に読んでいた息子が、即座に
「カエンタケだ!」と興奮したのである。

なんだそりゃ?と、写真を撮り、観察しつつ、持参した「Gakken増補改訂フィールドベスト図鑑 日本の毒きのこ」を見ると、ものすごい毒キノコなのであった。
以下、その図鑑より引用。

「中毒症状 食後30分程で悪寒、腹痛、頭痛、手足の痺れ、嘔吐、下痢、喉の渇きなど、胃腸系から神経系の症状が現れる。その後に腎不全、肝不全、呼吸器不全、循環器不全、脳障害など全身に症状があらわれて死に至る。顔面脱皮や粘膜びらん、脱毛など、表面に出てくる症状が特徴的。毒成分の皮膚刺激性が高いので、汁を皮膚につけてはいけない。」

ぎょえー!なんたるホラーな毒キノコ・・・

え、さっき、爪先で触っちゃったけど・・・

でもまあ、なんともなく戻ってきた。
そして8月22日、京都市青少年科学センターの「夏休み自由研究相談コーナー」に写真を持っていき、鑑定してもらうと
「ああ、カエンタケですね」
と太鼓判。
相談員のおじさんによると
「昔は、ほんまに秘境のまぼろしの毒キノコやったんやけど、最近人里でも見つけられるようになって、伏見の稲荷山でも生えてますよ」とのことであった。そして・・・
「中毒するとそらもう、えげつないことになって、顔面から頭にかけてずるむけ。のたうちまわってあの世行き。普通の毒キノコは、ちょっとかじったくらいなら吐き出せばなんともないんやけど、こいつだけは、触ってもあかん。それだけで頭の毛が抜ける!」

うちらが撮った写真は、生えたばかりの若い芽だそうで、あまり色は鮮やかでないのですが、伸びるといかにも毒々しい真っ赤な棒状になります。
広葉樹林に生えます。山歩き、ハイキングの時など、みなさん、気をつけましょう。

|

« 今年も咲き始めました | トップページ | 夏よさらば »

コメント

久々の更新ですね♪

いゃぁ~ でも よくぞご無事で。。。 と言いたくなってしまいます。
息子さんが、カエンダケだと知らずに居たら、もしかしたらもっと触ったり、持って帰ってきてしまったかもしれませんよね。。
お~ クワバラクワバラ、、、

でもこんな身近にあるのなら、もっとこのキノコの恐ろしさをマスコミ等で周知徹底して頂かないといけませんねぇ。

投稿: yume | 2010.08.27 11:57

☆yumeさん
コメントありがとうございます。
なんかめちゃくちゃ忙しくて、お返事もままならず。

いやもう、ほんまに息子のおかげで助かりましたね。
で、カエンタケが、夏休みの自由研究の目玉になりました。

投稿: 龍3 | 2010.08.30 23:11

え~恐ろしい(>_<)
顔から頭からずるむけになるキノコがあるのでございますか!!
「なんじゃこりゃぁ?」って触ったら大変ですよね。

投稿: れこりん | 2010.09.09 21:34

☆れこりんさん、ご無沙汰してました。
いや、ほんま、怖いキノコがあるのですよ。
足太アワビ茸のように、素晴らしいキノコがあるかと思えば。
キノコの世界はとても奥深いですね。

投稿: 龍3 | 2010.09.10 10:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/49255769

この記事へのトラックバック一覧です: 火炎茸=カエンタケ:

« 今年も咲き始めました | トップページ | 夏よさらば »