« 祇園祭と八坂神社・10 山鉾巡行のテレビ中継 | トップページ | 2010年・再始動 »

2009.07.24

祇園祭と八坂神社・11 あとのまつり

今日、7月24日には、祇園祭においては、花傘巡行と還幸祭が行われる。

ちなみに、17日は、山鉾巡行とともに、神幸祭が行われた。
山鉾巡行と花傘巡行、神幸祭と還幸祭、それぞれ対応する行事なのである。
神幸祭、還幸祭については、また別に述べるとして、今日の花傘巡行、これが「あとのまつり」=「時期を失した、後悔したがもう遅い」という言葉の語源になっているということ、ご存じだろうか?

つまり、山鉾巡行が「前祭(さきのまつり)」であり、花傘巡行が「後祭(あとのまつり)」なのである。

しかしもともとは、どちらも山鉾巡行の行事であった。
昭和40年まで、17日の「前祭」で20基の山鉾が巡行し、24日の「後祭」で、9基の山鉾が巡行していたのである。
それを、昭和41年から17日に全部まとめてするようになり、代わりに24日に花傘巡行を行うようになったそうだ。
それで、なぜ「あとのまつり」が「時期を失した、後悔したがもう遅い」という意味の言葉になったかというと、「さきのまつり」でたくさんの山鉾が出てしまい、「あとのまつり」は巡行する数が少ないため、多くの山鉾を見逃してしまった、残念~~~ということである。
(まあ、語源についてはほかにも説はあるらしいが)

花傘巡行そのものは、わしはまだ直接見たことがない。
10基の花傘を中心に、子供神輿、祇園太鼓、幌武者、児武者、馬長(うまおさ)、六斎など、古式ゆかしい装束の行列が1000人も行列するそうだ。
その中には、祇園東や先斗町の芸妓さん、舞妓さんも参加して実に華やかだという。
ちなみに女性の参加する祇園祭の行事はとても少ないのである。
列は午前10時に八坂神社石段下(西楼門前)を出発し、四条通→河原町通→御池通→寺町通→四条御旅所→八坂神社石段下→神幸通→八坂神社正門とめぐって、正午に到着。

これを書いてる今、まさに巡行中なのだな・・・
行けるとしても今からでは、まさに「あとのまつり」・・・

|

« 祇園祭と八坂神社・10 山鉾巡行のテレビ中継 | トップページ | 2010年・再始動 »

コメント

なるほど、後の祭りの語源はこのことからだったのでございますか。
それにしても、祇園祭(17日)の1週間後にまた山鉾が巡行するとは全く知りませんでした。
芸妓さんや舞妓さんの行列は華やかそうですね(^^)
是非見てみたいです!

投稿: れこりん | 2009.07.28 20:25

☆れこりんさん、わしもまだ、見たことがないのです。
祇園祭の行事は知られてないものがいっぱいあって、まだまだ奥深いです。

投稿: 龍3 | 2009.07.30 10:50

龍3さん、明けましておめでとうございます。
良かったぁ~
安心しましたぁ~
どうしておられるのかと心配してたんですよぉ

投稿: れこりん | 2010.01.10 18:29

☆れこりんさん、明けましておめでとうございます。
御心配かけてすみません。
気にかけてくださる方がいらっしゃって、ほんまに有難く思います。

このブログ、写真載せようとすると、サイズを変更したりいろいろ操作が必要なので、ついついその必要のないmixiなどで日記を書いてしまうのです。
そろそろこっちも復活させます。
小説も再開します。
よろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2010.01.11 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/45726080

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭と八坂神社・11 あとのまつり:

« 祇園祭と八坂神社・10 山鉾巡行のテレビ中継 | トップページ | 2010年・再始動 »