« 祇園祭と八坂神社・3 祭神について | トップページ | 6月末、緑滴る下鴨神社 »

2009.06.05

祇園祭と八坂神社・4 本殿の伝説

さて、3で写真を掲げた八坂神社本殿、これも特異なものである。

以下、「建築MAP京都」(ギャラリー・間編 TOTO出版)より、引用する。

「八坂神社本殿
  東山区祇園町北側(=住所)
  建立:1654年(承応3年)
  構造形式:正面7間、側面6間、祇園造、入母屋造、檜皮葺

・・・本殿は、本殿と礼堂を大規模な入母屋造の屋根で覆い、側面、背面の三面に庇を付ける独特な構造を持つ。千木、堅魚木を持たず、奥行きが深い建物のため、一見すると仏堂のような印象を受ける重厚な造りである。」

つまりこの独特の構造を「祇園造」と称するのだが、いかにもかつては神仏習合の信仰の場であった祇園さんらしい、神社なのに仏堂みたいな建物なのだ。

そしてこの建物には、伝説がある。

「床下に、池があり、その水は竜宮につながっている」
という、お伽噺じみた、ちょっと壮大な言い伝えなのだ。

なぜここに、「竜宮」とのつながりが出てくるかというと、それこそ、「牛頭天王」からの関係なのである。
牛頭天王の説話は、祇園祭とも切り離すことのできないものなので、ここで述べておきたい。
詳しく書くととても長いのでかいつまんで。

「北天竺マカダ国大王だった牛頭天王は、天帝の使者に教えられ、南海のシャガラ竜宮の第三王女である頗梨采女(はりさいじょ)を妃に迎えようと旅立った。
途中、南天竺で、富裕な巨旦(こたん)大王に宿を乞うたが断られ、困っているところを、貧乏だが親切な蘇民将来に歓待を受ける。
そのおかげで、めでたく妃を得ることができた牛頭天王は、のちに八人の王子や眷属を引き連れて巨旦大王一族を攻め滅ぼすが、蘇民将来の一族は守り、その子孫も疫病から免れるように約束した。」

だいたいこんな感じである。いろいろとバリエーションがあって、巨旦大王は、「巨端将来」あるいは「古端長者」とされたりしている。
いずれにしろ、南海の竜宮は、牛頭天王の妃の実家であり、結婚してからもしばらくは牛頭天王はそこで過ごし子を成すのである。
つまり、八坂神社本殿地下の池の水脈は、牛頭天王の妃の実家である竜宮との連絡路というわけなのであった。

そして、この説話で出てきた「蘇民将来」の名は、祇園祭のおり、間違いなく目にすることになる。
厄除として授けられる粽(ちまき)に、「蘇民将来子孫也」と記した護符が付いているのだ。

0041


|

« 祇園祭と八坂神社・3 祭神について | トップページ | 6月末、緑滴る下鴨神社 »

コメント

お久しぶりです。
映画『鴨川ホルモー』を観られましたか?私は劇場で予告をみて興味をもっていたのですが、ひょんなことからタダで観る機会に恵まれ…面白かった!大学生の長女は「栗山千明がかわいい!山田孝之はムサすぎるっ」と言ってました(笑)
ストーリーは、京都を舞台にした大学生たちの青春映画でした!それとしては爽やかなのに、そこに出てくる陰陽道(?)や式神、オニとかオニ語とかヘンなものがいっぱい出てきて…。葵祭りと祇園祭りも出てきました。
原作を読んだところ、映画にはなかったのですが、こんな記述がありました。「京都には八坂神社を中心に、神社間をつなぐ”龍穴”という地下通路が縦横無尽に走っている」――祇園て特別な地なんですねぇ。

投稿: 妹子 | 2009.06.15 23:48

☆妹子さん、お久しぶり!
このところ、いろいろ忙しくて、ブログ更新もなかなかままなりませんが、元気ではあります。
「鴨川ホルモー」見たいんですが、どうもこれも時間が・・・(涙)
原作も、読むと作者に嫉妬してしまいそうでなかなか(苦笑)
それにしても、祇園祭と八坂さんには、調べることがいっぱいありすぎて、図書館から借りた本をやまほど抱えているのですよ。また、少しずつでも、載せていきますね。

投稿: 龍3 | 2009.06.16 00:01

祇園祭の調べ学習を小学校の総合学習の時間とかでやるんですね。祭りに携わってる方達のインタビュー記事とかを壁新聞みたいにして貼ってあった。ゆとりとか言うけどなかなかしっかりした記事でした。基本子どもの手書きだけど、デジカメの写真貼りつけとかは今時だなあ
と思いました。
>栗山さん
六月十三日に京都においでだったようです。
ファッションカンタータfromKyotoとやらで国立京都国際会館イベントホールでのショーで、前日に南禅寺やら京都国際マンガミュージアムやらをご堪能あそばされたよし。小一時間ほどまえにやってたDRESSという番組にご出演でございました。

投稿: Bach | 2009.07.03 02:33

☆Bachさん、お久しぶりです
昨日、息子の小学校の参観日でして、教室にはBachさんのおっしゃる壁新聞、ひとりひとり作ったのが貼ってありまして、息子のはまあ・・・(苦笑)。でも、デジカメ写真とか切り抜きとかきれいに貼って、タイトル文字とかレタリングにも凝ってたいしたものもありました。で、それは必ず、女子の作品でした。男の子たちのは、全般に幼稚で、それが小学校高学年くらいの特徴かな。

で、栗山さん。なるほど、漫画ミュージアムは必見でありましょう。まだ、鴨川ホルモーすら見ていないわしですが、年々存在感を増す活躍ぶりは、嬉しいものです。

投稿: 龍3 | 2009.07.03 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/45237661

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭と八坂神社・4 本殿の伝説:

« 祇園祭と八坂神社・3 祭神について | トップページ | 6月末、緑滴る下鴨神社 »