« 鴨川の桜 | トップページ | 岡崎の桜2・疏水と十石舟 »

2009.04.06

賀茂川の桜

鴨川と賀茂川、いちおう、京都では使い分けています。
高野川と合流してからが、鴨川で、その上流が賀茂川。

4月6日、川端通りを北上し、出町から賀茂川の方へ行って、加茂街道(ここの道の表記は「加茂」なのです)を走り、車を降りたのは紫明通り。
北大路橋から、出雲路橋にかけての河川敷公園から、桜を見ました。

0631
ここの一番の魅力は、比叡山や大文字を見はるかすことのできる、のびやかさです。

0331
桜と霊峰と、賀茂川の流れと、一体になった景色が楽しめます。

0341
わしが京都に来た最初の年、出雲路橋が通学路で、ここの桜に目を見張りました。

0471


0501
川の堤に、どこまでも続く、紅色の雲のような桜花・・・・

0581
ここいらに植えられているソメイヨシノは「師範桜」(志波む桜という表記もされている)と呼ばれているそうです。
1905年から、当時の京都府立師範学校(現在は京都教育大学)の職員と生徒が、2300本もの桜の苗木を植えたとか。
その事業の発端は、日露戦争の勝利の記念だったらしいのですが、やがて「賀茂川美化と人材育成のよすがとするため」となって、100年後の今に、美しい景色を残してくれました。

0621


0641

067
中には、幹が空洞になったり、かなり傷んでいる樹もありますが、よく手入れをされ、植え替えもされているそうなので、これからも春には、ずっとこの景色を楽しめるでしょう

|

« 鴨川の桜 | トップページ | 岡崎の桜2・疏水と十石舟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/44590775

この記事へのトラックバック一覧です: 賀茂川の桜:

« 鴨川の桜 | トップページ | 岡崎の桜2・疏水と十石舟 »