« 京都府立図書館 | トップページ | dragontailという山があった! »

2009.02.27

京都府立図書館・2

では、京都府立図書館について、引き続き語ろう。

0071
左京区岡崎で、平安神宮、京都会館、京都市勧業館みやこめっせ、京都市美術館と、巨大な施設が並ぶ中では、府立図書館は目立たないほうだった。
しかし、旧建物の前面をそのまま残して、後ろにガラス張りビルをくっつけた今の建物は、結構異様で目を引くかもしれない。新建物が竣工したのは2000年のことだから、もう10年近く前なのだけれど。

0091
老朽化に加えて、阪神淡路大震災で被害を蒙ったのが、立て直す理由だったそうだ。
そして、府立総合資料館からの資料の引っ越しなどで、蔵書はかつてとは比較にならないほど充実。
なんと、今は150万冊もあるのだという。
うちわけは、一般開架書架に、  約10万冊
       自動化書庫に、    約40万冊
       電動積層集密書庫に 約100万冊

「電動積層集密書庫」・・・なんともすごそうなモノだな・・・
1階と地下1階が閲覧室で、地下2階が巨大な書庫。2階にはマルチメディア閲覧室があって、インターネットやDVD、VHS,CD、カセット、CD-ROM、新聞マイクロフィルムや縮刷版なども見れるという。
閲覧室は、ゆったりしていて、座席も多くあり、わしも大判画集など見てまいりました。

0101
わしがここによく通ったのは、およそ30年前の1年間である。
初めて京都へ来ての下宿生活。学生アパートの部屋は、夏となると蒸し風呂もいいところで、たまらず脱出しては入り浸っていたのだった。
ここも、エアコンはなかったけれど、高い天井、広い窓の洋館はとても風通しがよく、勉強がはかどった・・・と思う(^^;)。
とにかく、建物の雰囲気が、とても好きだった。内部の木造部分の情趣は、もう、わしの記憶にしかないけれど、上の写真の石造りの階段や、その下の入口の風情など、残してくれて本当に嬉しいのです。

0112
ちなみに、この写真の、窓の上にくっついている飾りは、「キー・ストーン」と呼ぶそうだ。
たしかにこうして斜めから見ると、鍵の形をしている。通ってた頃はもちろん、そんなことに気付かなかったけれど
こういう繊細で洒落た装飾が、なんともいえない建物の魅力を醸し出していたのだろう。

|

« 京都府立図書館 | トップページ | dragontailという山があった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/44190464

この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立図書館・2:

« 京都府立図書館 | トップページ | dragontailという山があった! »