« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.27

京都府立図書館・2

では、京都府立図書館について、引き続き語ろう。

0071
左京区岡崎で、平安神宮、京都会館、京都市勧業館みやこめっせ、京都市美術館と、巨大な施設が並ぶ中では、府立図書館は目立たないほうだった。
しかし、旧建物の前面をそのまま残して、後ろにガラス張りビルをくっつけた今の建物は、結構異様で目を引くかもしれない。新建物が竣工したのは2000年のことだから、もう10年近く前なのだけれど。

0091
老朽化に加えて、阪神淡路大震災で被害を蒙ったのが、立て直す理由だったそうだ。
そして、府立総合資料館からの資料の引っ越しなどで、蔵書はかつてとは比較にならないほど充実。
なんと、今は150万冊もあるのだという。
うちわけは、一般開架書架に、  約10万冊
       自動化書庫に、    約40万冊
       電動積層集密書庫に 約100万冊

「電動積層集密書庫」・・・なんともすごそうなモノだな・・・
1階と地下1階が閲覧室で、地下2階が巨大な書庫。2階にはマルチメディア閲覧室があって、インターネットやDVD、VHS,CD、カセット、CD-ROM、新聞マイクロフィルムや縮刷版なども見れるという。
閲覧室は、ゆったりしていて、座席も多くあり、わしも大判画集など見てまいりました。

0101
わしがここによく通ったのは、およそ30年前の1年間である。
初めて京都へ来ての下宿生活。学生アパートの部屋は、夏となると蒸し風呂もいいところで、たまらず脱出しては入り浸っていたのだった。
ここも、エアコンはなかったけれど、高い天井、広い窓の洋館はとても風通しがよく、勉強がはかどった・・・と思う(^^;)。
とにかく、建物の雰囲気が、とても好きだった。内部の木造部分の情趣は、もう、わしの記憶にしかないけれど、上の写真の石造りの階段や、その下の入口の風情など、残してくれて本当に嬉しいのです。

0112
ちなみに、この写真の、窓の上にくっついている飾りは、「キー・ストーン」と呼ぶそうだ。
たしかにこうして斜めから見ると、鍵の形をしている。通ってた頃はもちろん、そんなことに気付かなかったけれど
こういう繊細で洒落た装飾が、なんともいえない建物の魅力を醸し出していたのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.20

京都府立図書館

0021

京都市左京区岡崎には、文化施設が立ち並んでいるのだが、その一つに、京都府立図書館がある。
上の写真の右に映っているのが、その北側側面。

ここは、わしが京都に住むようになった最初の年に、よく利用したのであった。
1909年(明治42)に建てられた当時の建物が、まだそのままで、煉瓦造りの古雅な雰囲気、内部のアールヌーヴォーの調度品など、知識はないままに「ここは理想的な洋風建築の図書館や」と大好きになった。

今、この建物を調べてみれば、明治から大正、昭和にかけて、日本建築界に大きな足跡を残した、武田五一の設計である。この人は京都高等工芸学校(のちの京都工業繊維大学)や、京都帝国大学で多くの個性的な建築家を育てた偉大な教育者でもあったそうだ。
京都でこの人の設計した建物は、京都市役所本館とか、京都大学建築学教室本館とか、順正・清水店とか数多く残っており、この岡崎には府立図書館のほか、藤井斉成会有鄰館という面白い建物がある。

しかし、その煉瓦造りの府立図書館は、さすがに老朽化して使いづらくなり、今はコンクリート造りに建て直されてしまっている。
それでも、旧建築の正面の外観は保存されていて嬉しい。
その写真、撮り忘れたので、またこんど、紹介します。

0011
ちなみに、この写真は、府立図書館北側の小さな公園に、図書館に背を向けて建っている記念碑である。
顕彰されているのは、江戸時代末期から明治時代にかけ、佐賀藩や日本政府や京都府に雇われて、文明開化のために貢献した、ゴッドフリード・ワグネルという人。いわゆる「お雇い外国人」のひとり。

この人、内気で地味な性格だった割に、結構波乱万丈な人生だったようだ。
経歴を書くだけで膨大になるので、京都関係のものだけ記すと、
京都府に雇われて「舎密(せいみ)局」で化学の講義や、陶磁器工芸の指導にあたり、清水焼や七宝の技術向上に貢献したほか、島津製作所の創業者の恩師でもあるらしい。
京都にいた時期は短かったらしいけれど、京都にとっては忘れられない恩人のひとりなのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.10

日生(ひなせ)の牡蠣をいただきました

0011

昨年も頂いたのですが、昨日、岡山県赤磐市在住の友人から、日生(ひなせ)産の殻付き牡蠣をたくさんもらいました。

日生町は、岡山県の瀬戸内のまちで、2005年に備前市に合併されましたが、その少し前に友人に招かれて行ったことがあります。牡蠣の産地で、訪れた2月の末には「かきまつり」をやっていて、たらふく牡蠣を満喫しました。いまは通年「五味の市」を漁港で開いているとのこと。新鮮な魚貝に恵まれたところです。
また、最近は「かきおこ」というのが名物になっているようですが、これ、牡蠣を使ったお好み焼きらしいですね。

(くわしくは日生町観光協会:http://www9.ocn.ne.jp/~hinase/などを参照されたし)


0021


0031

贈ってもらったものを数えてみると、だいたい40個くらいありました。(2個くっついていたりするので数がよくわからない)
殻には海藻やら藤壺やら魚の卵のようなものなどが付いていて、海の香り満点。思わず一個一個見入ってしまいます。

必ず加熱!とのことでしたので、ガシガシ洗って、電子レンジに入れます。
頃合いを見て、殻が開いたやつを取り出し、ぷりっぷりの熱々を啜りこむのです。

信じられないくらい美味い。
大粒で、ぎっしりと身が詰まっていて、なんとも濃厚な味わい。
海の芳醇さを濃縮したような美味であります。
ああ、幸せ。
スキーの筋肉痛も、これで回復するでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「びわ湖バレイ」に行ってみた

0131

滋賀県の湖西に「びわ湖バレイ」というスキー場があるのだが、2月8日、家族三人で初めて行って来た。

わしは、長野県出身なのだが、スキーは社会人になってから2回やったことがあるだけ。
嫁さんも、近所にスキー場がいっぱいある兵庫県但馬地方の出身なのだが、中高生のときにやった経験があるだけ。
そして息子は、今回が初体験である。

山科からは、161バイパスと湖西道路で、あっという間に行けた。ほとんど40分くらいじゃなかっただろうか。
しかし、山麓からスキー場までの唯一の交通手段であるロープウェイには目を剥く長蛇の行列。乗るまでめっちゃ、時間かかりましたがな。
それで、スキー場到着は午後1時近く。山頂のレストランでバイキング食べて、滑り始めたのは午後2時。

0091

いやもう、息子はスキー履くなり、転びまくっておったが、2時間くらい悪戦苦闘すると、なんとか山頂の平地で滑れるようになったのであった。
で、わしら親は、彼を支え、倒れたら引き起こし、暴走しないように停めることで精いっぱい。
自分たちが滑った時間は、ほんの10分くらいでしたな(笑)
まあそれを見越して、リフト券は買わず、一度も乗ることもありませんでした(苦笑)

0181


0241

それにしても、びわ湖バレイ、山頂からの景色は実に素晴らしかった。
琵琶湖のほぼすべてを眼下に見渡せるのである。
写真がちゃんと撮れなかったのが残念でなりません。
また行こう。今度はリフトにも乗って、わしもスキーらしいことをしよう。
しかし、ろくにスキーしなかったにもかかわらず、翌日はからだ中筋肉痛。歳だなあ・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »