« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009.01.26

琵琶湖の水と空

0081

ちょっと、想い屈していたので、琵琶湖へ行こうと思い立った。
車をとばして、30分余り。

0121

ほとんど人のいない大津湖岸なぎさ公園。
水上警察の横から、大津港に長く突き出した埠頭を歩いて、突端まで行く。
水と空だけが見える。

0151

一面の曇り空。
WALKMANから聴こえるゴシックメタルの荘厳で過激な音楽に浸りつつ
思い切り背を反らし、空に息を吐いた。
少しは、体と心に溜まった毒が、出て行ったかな・・・

0211


0271


0291

BGM:Within Temptation 「Forgiven」

[1月23日の日記より]

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.01.14

伏見稲荷大社・達成のかぎ

Inaritaisha
さて、もう少し伏見稲荷さんと、「達成のかぎ」について、補足。
この写真は、数年前の夏に訪ねた時のものです。
全国に3万もあるらしい、稲荷神社の総本社が、この「伏見稲荷大社」。

Inaritaisha2
楼門や拝殿、本殿などが並ぶところも荘厳ですが、圧巻はやはり、稲荷山をめぐる参道に立ち並んだ「千本鳥居」でしょう。どこまでも続く赤い鳥居の中の道は、まったくもう、不思議な雰囲気です。

そしてこの稲荷山には、下社・中社・上社と鎮座し、そのそれぞれにたくさんの神様が祭られているほか、命婦社、荷田社、大八嶋社、などなどが、鳥居のトンネルにつながっています。全部を回るのはとても大変ですが、途中には休憩所もいくつもあって、美味しい稲荷寿司やうどんが食べられますよ。

Inaritaisha4
稲荷山の上、見晴らしのいいところからは、京都南部の眺望も楽しめます。

Kagi
そして、楼門前のお狐が咥えてはった、「鍵」。

Inaritaisha7
それを象った「達成のかぎ」というものをさずかってきました。

付属していた説明文によれば、これは「稲をはじめとする多くの宝物を納める倉庫の鍵を象っております」とのこと。
「稲荷」という言葉は、古くは「稲生」「稲成」とも書かれ、稲の豊作を何より願ってきた日本列島の住民の切実な思いがこもっています。そしてこの鍵は、運を良い方へ導き、願い事達成の得となるそうです。

Inaritaisha5
うちは、京阪で行ってきましたが、JRの駅もあります。こっちには駅舎があって、やはり神社の一部分のような造りです。

Inaritaisha6
その近くには、ランプ小屋という煉瓦作りの小さな建物があって、現存する旧国鉄の建物としては最古だとか。

かつては祇園社と稲荷大社が、平安京の二大神社として、五条通りを境に北が祇園、南が稲荷の氏子圏だった時代もあるそうです。
創祀から1298年の歴史を誇る伏見稲荷さん、重なり合った鳥居のように、見どころも歴史も楽しみところも、奥深いです。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009.01.07

2009初詣に、伏見稲荷へ

0251

ずいぶん、更新しないまま過ぎてきましたが、なんとか元気にやっております。

遅れましたが、あけましておめでとうございます。

年末年始は、郷里の長野県飯田市で過ごしておりました。
天気もよく、家族みんなで穏やかなお正月を迎えることができました。

さて、京都に戻ってきて、まず初詣と思い立ち、でかけたのが伏見稲荷さん。
5日に行ってまいりました。
トップの写真はその総門です。

0211
もう平日だからとタカをくくって行ったのが大きな間違いで、神社の駐車場は勿論、近辺の駐車場も満杯のありさま。仕方なく東福寺あたりまで戻って100円パーキングへ車を置き、京阪電車で行きました。
伏見稲荷駅からして、ご覧のようにお稲荷さんの境内のような作りになっております。

0221
京阪とJRと、二つの伏見稲荷駅から、続々と参詣人が押しかけ、ご覧のにぎわい。さすがは日本のお稲荷さんの総元締めですな。

0241
とは言うても、この門前、わしは日ごろ、用事でわりと通っているんですが、普段はほんまに、ひっそりしたものなんですよ。

Kitune
さて、トップに掲げた写真の総門前には、青銅の大きなお狐さんが、狛犬然としていますが、その向かって左のお狐さん、口に「鍵」を咥えてはるんですな。
お参りして、おみくじを引き、破魔矢をいただいてきたのですが、その授与所に、「達成の鍵」というものもあったので、これもいただいてきました。また別稿で紹介しましょう。

0261
茶店で稲荷寿司ときつねうどんを食べましたが、さすがに美味しかった。
その並びには、神具を売るお店が並んでいて、その品揃えはとても賑やかで、見ていても楽しいです。

0271
やはり、キツネ関係のモノがずらりと並んでおりますね。

0281
お土産には、キツネ面のせんべい。これもいろんな種類がありました。

わしとしては、もうひとつの名物である「スズメ焼き」をほおばって、一杯やりたいところでしたが、何しろ車で行ったもので。
それに、スズメを売っている店はそんなになく、あっても「国内産」をえらく看板で強調していたところを見ると、鳥インフルエンザの恐怖も影響しているんでしょうな。
スズメよりはウズラを焼いている店のほうが多かったように思いました。

今まで、伏見稲荷さんに初詣に行ったことはなかったんですが、なにしろこの不景気。
景気回復、商売繁盛を祈願してまいりました。
明るい年となりますように。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »