« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.10

泉涌寺・今熊野観音寺の錦秋

0191
11月25日に、嫁さんとふたり、泉涌寺と今熊野観音寺を訪れました。
泉涌寺は、皇室の菩提寺ということで知られていますが、近年は「楊貴妃観音」が人々を魅了しています。
また、その塔頭である今熊野観音寺は、規模は小さめですが紅葉の名所の一つです。
上の写真は、その今熊野観音寺のもの。

0021
「楊貴妃観音堂」は、門をくぐって左側にあり、まずはその楊貴妃観音様の麗しいかんばせを拝しました。
唐の玄宗皇帝が、楊貴妃を偲んで香木に彫らせたという伝承をもつこの聖観音像。数奇な運命を経て宋の時代に日本にやってきたそうです。ずっと秘仏だったので、彩色鮮やか。宝冠の精緻な彫刻も見事。
そこから仏殿の方へは、傾斜を下って行きます。山懐に抱かれた、清浄な別天地という雰囲気は、ここだけが持つ独特のものだと思います。

0071
仏殿・舎利殿が並ぶ奥に本坊があって、明治天皇が御里御殿を移築した御座所が接続し、その横にはやはり明治天皇によって再建された霊明殿があります。歴代天皇・皇族の念持仏、遺品などが多く残されているとのこと。それらも拝観できるのですが、今回は遠慮して、今熊野観音寺の方へ回りました。

0121
紅葉の最盛期には、まだ僅かに早かったようです。それでも境内から山際へと続く楓の木々は美しかった。

0141
また、この秋から「西国三十三ヵ所霊場」の各寺院が、秘仏の特別御開帳を行っていて、ここ今熊野観音寺もそのひとつ。本尊の十一面観音様を拝もうと、かなりの人出がありました。
こちらの観音様、御本尊もさることながら、お前立ちが優美でした。

0161
ここも、境内の一番の高みに、多宝塔があります。仰ぐと空は暗雲に覆われて、ちょっと凄愴な雰囲気だったけれど、多宝塔まで登ってみました。

0181

0211

今熊野観音寺は、後白河法皇との縁が深く、その頭痛を治したという伝承から、頭痛封じ、ぼけ封じの御利益で知られています。それで、我が家も「頭痛封じ」の枕カバー(枕宝布と書いてあります)をいただいてきました。
大人用には「頭痛封じ・ぼけ封じ・開運厄除・健康長寿」で、
子供用には「智恵授け・学業成就・諸芸上達・身体健康」の祈祷済みです。

0051
ここを訪ねた後は、ほかの紅葉の名所へ行くことなく、師走になってしまいました。
それでも、今年も京都の紅葉を楽しむことができたのは、ありがたいことでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.12.01

永観堂の錦秋

引き続き、11月23日の紅葉見物。
南禅寺から回ったのは、東山界隈で最大の紅葉スポットと化した観のある、永観堂(禅林寺)。
しかし、息子が「腹へった~~」と騒ぐので、門前でとりあえず昼食を・・・と思ったけれど、お店はどこも満杯。
人出を見越して出店していたらしい「佐世保バーガー」というのを見つけました。
看板メニューのでっかいハンバーガー(定価1000円!)やら「九条ネギバーガー」、そして「柚子入りうどん」の柚子なし(息子はうどんは好きだが柚子が苦手なので・笑)を立ち食いして腹ごしらえ。
いざ、永観堂へ。

0951
境内の紅葉は、さすがに目を奪う鮮やかさでした。

0751
ここは、伽藍も斜面に沿って複雑に構成されており、阿弥陀堂の「見返り阿弥陀如来像」をはじめ、寺宝も数多いです。おりしもその宝物展もされていて、見るべきものがいっぱい。

0791
しかし、なんというても、紅葉の見事さに息をのみますね。

0841
境内で最も高い位置にある、多宝塔まで行くと、洛中の景色が見下ろせます。すごい傾斜の坂道を登らなければなりませんが、やはりこれを見なくてはもったいない。

0911
そして多宝塔付近の紅葉が、一番紅くなっていたような気がしました。

0961
わしが、初めて京都に来た頃、ここはほとんど知られていなかったようです。
岡部伊都子先生の「観光バスの行かない・・・」という本で紹介されていたのを読んで訪ねた時は、わし以外まったく拝観者がいなかったのを覚えています。そして境内の池には、当時、カワセミがいたんですよ。
いまや、壮絶なまでの人出で、境内ではお坊さんが交通整理に声を嗄らしていました。

0881
それでも、午後の陽光のなか、紅葉のシンフォニーのごときすばらしい景色を見ることができたのは嬉しかった。
やはり日差しが西へ傾いてからが、東山の紅葉は美しく輝きます。
昨日11月30日も、さぞかしすごい人出だったのではと思います。
12月初旬まで、京都の紅葉は楽しめるでしょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »