« ソラノネでかまど体験 | トップページ | 秋の醍醐寺・帰国展 »

2008.11.10

懐旧の奈良

0681
このところ、嫁さんが「仏像」の魅力に目覚めて、奈良に行きたいと言う。
息子に大仏さんなど見せたいと思ってもいたので、11月2日に、家族で行ってきた。


0411
嫁さんが見たかったのは興福寺の特別拝観だったのだが、おりしも奈良国立博物館で「正倉院展」開催中。
そのため、この日の奈良は尋常でない人出だった。
JPで奈良駅に付き、バスに乗ったのだが、5分も走らないうちに大渋滞で立ち往生。
仕方なく降りて、歩いて行ったのである。
まあ、ほどなく奈良公園に着いたのだが、目当ての興福寺の特別拝観もまた、行列であった。

0441
息子はというと、仏閣など興味なくて、シカせんべいをシカに食べさすことに熱中。

0471
とりあえず、猿沢の池のほとりで、弁当を食べてほっこりした。周りの景色は、懐かしいばかりだが、池の中はというと、ミシシッピーアカミミガメ(通称ミドリガメ)だらけで、びっくりする。

0501
結局、特別拝観の五重塔初層や南円堂を見るのはあきらめ、宝物館で、懐かしい阿修羅像や仏頭を拝観した。
繊細で凛々しい阿修羅のおもざしなど、魅力尽きないのである。
しかし息子にはかなり怖かったらしい。そりゃーまー、薄暗い古い建物の中に、6本腕とか、首だけとか、異形の
モノが居並んでいるのだからなあ・・・

0621
東大寺に向かって歩いていると、木造で和洋折衷の不思議な建物があった。
明治35年に建てられた、「旧奈良県物産陳列所」だそうだ。1980年まで、奈良国立文化財研究所庁舎だったとのこと。平等院鳳凰堂をモデルに、洋風を加味して作ったと説明板にあった。奈良なのになんで、宇治の平等院をモデルにしたのかと思うが、まあ、おおらかな時代であったのかな。

0701
東大寺もかなりの人出で、大仏殿内の柱の穴くぐりには、長蛇の列。残念ながら息子をくぐらせてやることはできなかった。
懐かしいなあと思ったばかりで、目的があまり果たせず心残りの奈良行きになってしまったので、また今度、のんびり行ってみたい。

|

« ソラノネでかまど体験 | トップページ | 秋の醍醐寺・帰国展 »

コメント


東大寺も
お水取りの二月堂あたりへ行けば
なんとも静かな風景に出会いますよ。


投稿: 松風 | 2008.11.10 23:20

あら~、奈良へおこしだったのですね!
しかし、連休中はすごい人やったでしょう・・・汗。
この前の土日は、パークアンドなんとか?で、道は一方通行の規制がかかっていたので、歩道も広く渋滞もあまりしていなかったのですけどねぇ~苦笑。
興福寺の特別拝観は、なかなかよかったですが、ちと高い・・・涙。
特に正倉院展とセットで来る方が多いので、この時期は混んでいるでしょうしね。
それに、尚のこと、お子さんにはあまり興味なかったことでしょう。
また、空いた時期に是非おいでくださいw

投稿: よりりん | 2008.11.11 07:35

☆松風さん、はい、東大寺からJR奈良駅まで、ずっと歩いて帰ったのですが、脇道にそれると、とても静かで風情がありました。で、道に迷って遠回りし、妻子に怒られました(笑)

☆よりりんさん、そうなのですよ。JRを利用して行ったので、車での渋滞は経験せず、まだましでした。
とにかく、家族連れでの奈良として、小手調べでしたので、またあらためてじっくり・・・と思っております。

投稿: 龍3 | 2008.11.12 00:41

 奈良は京都と違って、道が広く平野が広がっていてゆったりした町なんですが。。 そうですか。。龍3さんの行かれた日は混んでいたのですね。。

 奈良町もなかなか風情があります。
 
 奈良へは近鉄が便利、12月に入ると人も少なくなりそうです。

投稿: yume | 2008.11.14 18:04

仏像に興味と言われて、みうらじゅんさんやハナさんをすぐ思い浮かべたおいらって・・・

奈文研って以前はこんな素敵な建物にあったんですね。

YOUTUBEのDeerAtackとか見るとなかなか凶暴ですね鹿。
東大寺の裏とかには鹿せんべいにはあまりありつけない鹿がいるそうなので次はその子達にも是非w

投稿: Bach | 2008.11.14 19:11

大仏殿内の柱の穴くぐり、くぐれなかったらどうしよぉ~と躊躇った懐かしい記憶が甦りました。
仏像見学は、混んでいない時にゆっくり行きたいですね。

奈良公園の鹿ってこんなんでした?
カモシカみたいですね。

投稿: れこりん | 2008.11.15 20:29

☆yumeさん、どうも、出不精の我が家が「さあ、出かけよう!」という日は、同じような思いの人々が多いらしく、たいてい混雑にぶつかります(苦笑)
行こうと思えば片道1時間ですよね。奈良はまた、出かけますわ。

☆Bachさん、みうらじゅんさん、ハナさんは仏像愛好伝道師(笑)ですからね。嫁さんの場合は、彼らに触発されたわけでなくどうも「歳のせい」らしいです(苦笑)
元奈文研の建物はとても魅力的で、見れるものならぜひ中を見たい。
東大寺も大仏殿以外は閑散としておりました。鹿たちは角切りの直後だったせいかあまりに人が多いせいか、あまり人に寄ってきませんでした。

☆れこりんさん、今のわしの体格だとどうも無理そうでしたね、穴くぐり。たしか、中学の修学旅行でくぐったはずなんですが、記憶がまるで朧。
写真の鹿は、角を切られた雄です。雄鹿はおとなになると、角が生えるだけでなく、首の毛がタテガミ状に伸び、首も頭もカモシカみたいにがっしりした感じになるようですね。
雌鹿は、首も頭部もほっそりしてて、カモシカとは一見して違いますね。

投稿: 龍3 | 2008.11.17 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/43068414

この記事へのトラックバック一覧です: 懐旧の奈良:

« ソラノネでかまど体験 | トップページ | 秋の醍醐寺・帰国展 »