« 山科・大乗寺の酔芙蓉 | トップページ | 懐旧の奈良 »

2008.10.15

ソラノネでかまど体験

新聞の「週末の遊び所紹介」、みたいな記事で見つけたのが
「かまど体験」のできる「ソラノネ」というお店であった。
滋賀県高島市安曇川町泰山寺というところにある。

高島市といえば、我が家では毎夏、朽木のバンガローに泊まりに行く。
その近所かと、予約電話を入れてみると
10月13日はちょうど、おはぎ作りの名人を招いて、かまどでご飯や小豆を炊いて、「おはぎ作り体験」をするという。
親子三人、それに予約し、さて13日は日本晴れの空の下、山科を出発。


0011
「ソラノネ」HPの道案内をプリントアウトして持参。
国道161号から、JR湖西線安曇川駅の方へ曲り、
プリントアウトした道案内通りに車を走らせると、えらい山の中へ突入。
鬱蒼とした森の中の道で
「ほんまにこんなとこか~?」
と不安になる頃、空が開けて、あたりは広々とした畑。

0021
その真っ只中に「ソラノネ」はあった。

「ソラノネ食堂」と看板のある建物も、その向かいにいくつも築かれているかまども新しい。
働いている人々も若い。
わしら一家がその日の「おはぎ作り体験」の一番乗りだったが、やがて数家族、カップルなども集まってきた。
そして、和やかにおはぎ作りは始まった。

0031
初めての開催ということで、結構手探りの行事だったが、
スタッフも集まった人々もみんな笑顔で、すがすがしかった。
おはぎ作りの先生は、地元で美味しいお米を作っておられるご婦人。
参加者には、わしの息子を含め、子供たちも数人いて、かまどに火を点けたり、薪を割ったり、黄粉を作る大豆を枡で測ったり、水を汲んだり、なんでも体験させてもらってはしゃいでいた。みんな、生まれて初めてやったのだろうなあ・・・
予定よりかなり時間はかかったが、焼き芋を食べたり、楽しい経験にワイワイ過ごすうち、おはぎは出来上がり、青空の下でみんなで食事。

0161
これが、威力を発揮したかまどの骨組で、戦後に考案された「愛農かまど」というそうだ。
煉瓦で形作ったこの上に、セメントや漆喰?などで覆っているようである。少ない薪で効率よく調理できるし、弱火などの調整も可能。おまけにピザも焼ける優れモノ。

0261
周りは空が広く、とても気持ちがよかった。畑の隅にはコスモスも満開。

0401
これが、調理中のかまど。ちょっとの薪でこの火力!

0551
それにしても、みんなで作ったおはぎは、美味しかった。
わしと同じ、京都から来たご家族や、大阪から来たカップル、大津から自転車で3時間かけてきたという高校の先生など、和やかに会話できたのも楽しかった。
われわれ「おはぎ作り」組のほかにも、かまど体験に来た人、イモ掘りにやってきた人、食堂へ食事に来た人など、この日はにぎわっていた。神戸や八王子ナンバーの車などもあって、ずいぶん遠くからも来られているようであった。

ソラノネ食堂では、地元産の食材で、野菜カレーや鹿肉カツサンドなども食べられる。実に美味しそうな匂いがしていた。
帰りに、ブルーベリージャムなどをお土産に買ったけど、これも純な味。
朝食のパンにそれを塗りながら
「また行こうな!」と、嫁さん、息子と今朝も話したのである。

|

« 山科・大乗寺の酔芙蓉 | トップページ | 懐旧の奈良 »

コメント


こんばんわ
ご無沙汰しております。
かまどでご飯とは
これはまた最高ですね。
食べたことは記憶にはないのですが
幼き頃は家はかまどだった(笑)

龍さんの好きそうな
民家が集まった集落が大阪にありましたよ。

投稿: 松風 | 2008.10.15 23:13

ソラノネ食堂
興味がわきますね
楽しそうです

鹿肉もいただけるのですね

投稿: ryuji_s1 | 2008.10.16 08:00

☆松風さん、ご無沙汰しております。
しばらく、blogはあまり更新できなかったのですが、少し余裕もでき、気力体力も戻ってきました。
かまどの調理は面白かったです。
ソラノネの環境も素敵で、近所だったら入り浸りたいですね。
大阪の民家集落、どんなところでしょう。
また、よろしくお願いします。

☆ryuji-s1さん、初めまして、ようこそ。
ソラノネ、予想以上に楽しかったです。
シカ肉は味わい損ねたので、また行こうと話しております。
このところ、「ジビエ料理」?とかで、結構注目されているようですね。

投稿: 龍3 | 2008.10.16 10:06

へぇ~滋賀県に住んでいながら知りませんでした。
かまどのご飯が体験できるのでございますか!
美味しいでしょうねぇ

おはぎ作り楽しそう!
おはぎ横んちょに転がってますが...

投稿: れこりん | 2008.10.16 20:03

☆れこりんさん、ソラノネはまだ、オープンしてほどないようです。かまどのご飯はまことに美味です。
横っちょに転がってるおはぎは、大人5個、子供3個が割り当てだったのですが、お皿に一個乗り切らなかったもので、ラップにくるんで置いてあるんですよ(笑)

竜王町にも、近江八幡にも、いかなきゃな・・・

投稿: 龍3 | 2008.10.16 23:05

えぇ~!
高島郡安曇川町じゃなかったんですか?!
・・・と、オドロクのそっちか!って感じですが・・・笑。
友人に安曇川出身者がいて、よく田舎田舎と互いに言い合いしていました~苦笑。

それにしても、楽しいお店ですね。
おはぎもおいしそう!!
私は、おはぎがスキなのですが、粒餡より漉し餡がスキで、子どもの頃は、ほとんどの餡子をはずしてごはん部分だけ食べていました(爆)。

投稿: よりりん | 2008.10.16 23:40

☆よりりんさん、ちょっと前まで、朽木も安曇川も独立した村や町でしたよね。合併の嵐で、どっちも高島市になっちゃいました。なんか残念。
わしの田舎では、餡子のおはぎは、外にしか餡がついてないのですが、京都に来たら、中にまで入ってるじゃないですか。
「こんなん、お菓子だ」と憤慨してたのですが、ソラノネでも、中に餡子入れるように教えられました。何の不満もなくそうして食べました(笑)
やっぱり、材料ですよ。

投稿: 龍3 | 2008.10.17 00:01

まさしく、自然と心のふれあいの場ですね。
滋賀にこんないいところがあるなんて。。

竈はおばあちゃんちにあったけど、ご飯は多分炊飯器で炊いてたんだろうなぁって思います。
一度食べてみたいです。。

投稿: yume | 2008.10.23 19:51

☆yumeさん、ここはできて間もないので、知らない人も多いと思います。良いところですよ。
かまどって、とても優れた性能で驚きました。火はすぐ点くし、火力は強くて安定しているし、電気・ガスのない時代にはこれなしでいられなかったでしょうね。

投稿: 龍3 | 2008.10.27 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/42793603

この記事へのトラックバック一覧です: ソラノネでかまど体験:

« 山科・大乗寺の酔芙蓉 | トップページ | 懐旧の奈良 »