« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008.09.29

京都本紹介「京都宵」恐怖と甘美・・・底知れぬ京都の闇

「京都検定」の受験勉強をやった人なら誰でも知っていると思うが、桓武天皇が遷都するにあたり、「やましろ」の地を選んだのは「四神相応之地」だったからとされている。佳き地相として、北に玄武、南に朱雀、東に青龍、西に白虎がある、というのがそれだ。
で、実際に京都盆地でそれに照応するのは、玄武が船岡山、青龍が鴨川、白虎が山陰道・・・、とここまでは、わかる。
だが、朱雀はというと、巨椋池。これがひっかかるのだ。「おぐらいけ」と読むのだが、今の京都地図を眺めたって、それはないのである。
なぜかというとその巨大な湖沼は、昭和16年に干拓されてなくなってしまったのだ。

じゃ、その時から、京都は南の護りを喪ってしまったのじゃないか・・・?

わしはずっとその疑問を抱いてきたのだが、寡聞にして今までそれに言及する他者を知らなかった。
それが、この本
「京都宵」光文社文庫・異形コレクション・井上雅彦監修

に収められた一編、小林泰三作「朱雀の池」でずばり、そのテーマが取り上げられていたのである。
しかもこの小説、もう一つ、京都に関してあまり人が言いたがらない事実・・・「原爆投下の目標であった」という件も重ねて描いていた。
これもまたわしが、かつてblogで取り上げていたもの
であって、このふたつを見事にひとつの恐怖譚にしている作者に深く共感、脱帽したのである。

この「京都宵」は、19編すべてが書き下ろしの新作。
その一つ一つが異なる切り口で京都の怪しさと妖しさを描いていて、鮮烈である。
艶麗で耳に心地よい京都言葉の語り口に、いつの間にかおぞましい異界に引き込まれる恍惚。
さまざまな題材と視点から描かれる恐怖と幻妖の物語は、京都の闇の底知れなさを味わわせてくれて、芳醇である。

あと一編だけ、特異な感想を述べるのだが、それは赤江瀑作「水翁よ」。
編者・井上雅彦が憧れをもって述べるとおり、赤江瀑こそ京都を舞台に豪華絢爛な「魔」の物語を描いてきた巨匠である。
その最新の一編が読める喜びのなか、不意にわしは心底、恐怖に戦いたのである。・・・なんというか、この「水翁よ」中の出来事を、過去に体験したという記憶がよみがえったのだ。
実はほかの作品でも、同じように「あれ?これ、現実に味わったことがあるような・・・」と感じた。フィクションと現実の境を幻惑させるような、そんな雰囲気があるのだ。
まさに魔書・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.09.22

足太あわび茸料理、いろいろ

れこりんさんに頂いた、「足太あわび茸」を、毎日美味しく食べさせてもらってます。
以下は、拙いながら工夫してみた、その後のメニューです。

0011
2センチくらいの角切りにしたあわび茸と、ざく切りにした大量のニラだけで、チヂミ風のお好み焼きを作ってみました。あわび茸のこりこりした歯触りがしっかり味わえて、家族にも好評でした。


0011_2
ほとんど切らずに、あわび茸をそのままオリーブオイルを熱したフライパンに入れ、蓋をして蒸し焼きにしてみました。味付けは少量の薄口だし醤油。ステーキのようにナイフとフォークで食べます。歯ごたえがもっちりと柔らかくなっていて、これも捨てがたいです。

0021
衣をつけて天麩羅にしてみました。
加熱時間はほんの少しでいいです。塩をつけて食べるだけで、絶品。
写真の皿の下のほうのは、若鶏のフライ。
あわび茸にもパン粉の衣をつけて揚げると、不思議な感じとれこりんさんには勧められましたが、あいにくパン粉が切れてしまったので、天麩羅に。でも実にしゃっきりと揚がり、香ばしくなりました。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.09.18

「足太あわび茸」再び

2年前に、滋賀県蒲生郡竜王町のれこりんさんから、「足太(あしぶと)あわび茸」という素敵なキノコを贈っていただき、大変感動したのです。(その時の記事


それがなんと、今日、また頂いてしまいました。

0021
それもこんなにたくさん!


0031
改めて、立派なキノコなのにしみじみ感動。

0051
やはり、バター焼きが美味しいのです。
バター焼きというよりこれだけ大きいと、「あわび茸ステーキ」という感じにしてもいいな。
塩コショウ、バターだけで十分に堪能できる、味の濃いキノコです。

0091
そして、今回はおでんに入れてみました。
良い出汁が出たと思います。歯ごたえもいい。
ただ、煮込む料理であるおでんには、もっと大きく厚く切るべきだったかも。
ちなみに、写真のおでんは、これで一人前です。
大鍋にいっぱい作ってしまったのですが、夕食一回で、ほぼ食べ切り・・・(笑)

しっかり食べさせてもらいましたが、今回使ったのは、頂いた量の3分の1くらいかな。
いろいろ工夫してみます。
ほんまにおおきに!れこりんさん。

れこりんさんのblog「れこりんの感動生活日記」はこちら


そして「足太あわび茸」の問い合わせ先はこちら

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.09.03

龍に鼓舞されて

ペンネームにもハンドルネームにも「龍」の字を使っているわしである。
「龍」に憧れ、心惹かれているのはもちろんである。

お盆に帰省したとき、東京在住の妹もやってきていて、
「これ、使って」
と渡してくれたのが、「龍」一文字を彫った落款印。

0031

東京都美術館に行ったときに買ったそうだ。
うれしいプレゼントだった。

8月20日には、須磨海浜水族園で、世界最大の淡水魚・ピラルクーが群れをなして泳ぐ水槽に釘付けだった。
赤く彩られた鱗におおわれた巨体は、まさに龍魚。

Dragon1

このところ、天候は荒れ模様。
山科は普段から雷が多く、そんな時の空は渦巻く雲が龍に見えたりする。

0071

龍に鼓舞されて、停滞していた執筆活動も再開しようと思う。
書きかけの小説に本気で取り組む。
BGMは、中島みゆき「銀の龍の背に乗って」かな?

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »