« 「源氏物語」を読む(3) | トップページ | 八月の足跡・1 »

2008.08.06

謹製ミルクレープ

0081

8月某日、嫁さんの誕生日。
今年はバースデーケーキとして、わしと息子とで手作りのお菓子を!ということになり、
新聞にレシピが載っていた「ミルクレープ」に挑戦した。

文字通り挑戦である。
なにしろわしは、お菓子といえばホットケーキぐらいしか作ったことがない。嫁さんはパンだのケーキだの、結構趣味で焼いてるのだが、わしはちょっとだけそのお手伝いした程度

0071

でもまあ、レシピどおりにすれば出来るはずである!
で、真夏の午後、買出しに行き、台所と居間で奮闘。
クレープ生地やそれにはさむカスタードクリーム作りには、息子の友達も参戦し、電動泡だて器を面白そうに操ってくれた。

このミルクレープというやつ、要するにクレープを15枚焼いて、間にカスタードクリームとホイップクリームを混ぜたヤツを挟みながら積み上げ、冷やせば良いのである。
生地は子どもらのおかげ(笑)でまあ簡単に出来た。
カスタードクリームも生れて初めて手作りしたが、ちゃんと出来た。
とろとろの生地が、なべで加熱すると、もこもこっと固まっていくのに感動。

クレープ15枚を焼くのが地獄であった。
狭い台所に熱がこもり、ふらふらになったのである。
クレープを綺麗に焼くのは難しい。
だいぶ焦げました(^^;)

0082

それでも、レシピどおりにして、なんとか完成したのであった。
ただ、レシピそのままでは、バースデーのお祝いお菓子には寂しいので、食べる直前に、息子がホイップクリームを絞って飾った。

0091

嫁さんには大変褒めてもらえた。
味も、家族3人、満足した。
積み重ねたクレープとカスタードクリームが、口の中で
「グニュニュッ!」と崩壊する感覚が、なんともいえず新鮮。

なんでも、挑戦してやり遂げると、実に充実感を味わえるものである。

|

« 「源氏物語」を読む(3) | トップページ | 八月の足跡・1 »

コメント

奥様のお誕生日おめでとうございます。
ちょっとお焦げのミルクレープ、なんだかとってもチャーミングです♪
クレープはホットプレートで焼くとあまり焦げませんよ。

それにしても毎日毎日暑いですね〜。
京都中のアスファルトを全部めくってしまいたい!

投稿: antoinedoinel | 2008.08.07 17:29

お誕生日おめでとうございます♪
奥様喜ばれたでしょうねぇ~
マグロのお刺身と、ギョウザとミルクレープ!
実に見事なハーモニーですこと(^_^)v

クレープは見た目、昔懐かしい「ふなやき」かと思いましたが(笑)
切り口は、本当だ!ちゃんと年輪のように「ミル・フィーユ」になっている!
スゴイ!美味しそう!(⌒¬⌒*)

投稿: れこりん | 2008.08.07 21:21

☆antoinedoinel さん、ありがとうございます。
ホットプレートでやればよかったなあ・・・
まったく、連日の暑さで、台所で火など使っているとバテます。
でも、この間、息子の少年サッカーの合宿に付き合い、3日間、炎天下で走り回り、汗だくになったらかえって爽快でしたよ。

☆れこりんさん、ありがとうございます。
いやもう、クレープも餃子も焦げておりますし、大体、めちゃくちゃな取り合わせでして、ハーモニーもなにもあったものではありませぬ(汗)
「ふなやき」と言うのは初めて聞きましたがどのようなものでしょう?
ミルクレープも、実は今回知ったばかりで、観るのも食べるのも初めてなのでした。

投稿: 龍3 | 2008.08.08 00:16

お誕生日おめでとうございます!!
ミルクレープ!!
おいしそうです~♪
もぐらどんの一番好きなケーキは、ミルクレープなのですよ。
でも、味にうるさい・・・苦笑。
ちなみに、うちで作ったことありません。
薄焼き卵焼くのもニガテな私に、うすっぺらいクレープ生地が焼けるわけない!!
龍3さん、素晴らしいです!!

投稿: よりりん | 2008.08.08 15:32

「ふなやき」って何?と聞かれると
どう説明していいかわからず、インターネットの検索で調べてみると、
わぁ~!「ふなやき」って我が家だけの食べ物ではなかったようでございます!
でも、昔食べたのとは違いえらい高級ではござりませぬか。
ウチのは、小麦粉と砂糖を水で溶いてフライパンに油を垂らし5mmほどの厚さに焼いて食べる、いたってシンプルなものでした。
子どもの頃のおやつって「ふなやき」くらいしか無かったような…

投稿: れこりん | 2008.08.08 20:01

☆よりりんさん、ありがとうございます。
ミルクレープというのは、結構有名だったのですね。わしはまるで無知でした。
知らなかったから、無謀にも挑戦したのですな(笑)

☆れこりんさん、ふなやき、わしもネットで調べたのですが、尾道などではなんか、高級な和菓子のようで、北九州あたりでは、家庭で作るおやつのようで。
似たような小麦粉の自家製おやつで、わしの郷里・信州飯田では「おやき」というて、ただ小麦粉を梳いてフライパンで焼き、砂糖まぶしたり、醤油付けたりして食べてました。ヨモギを刻んで混ぜて焼いたりもしてたような記憶が・・・

投稿: 龍3 | 2008.08.10 00:24

奥様 お誕生日おめでとうございます。

いつもながら 龍3さんのご家族は仲良しで暖かくていいですね。
この暑い毎日。台所に入るのはとても辛い。。火を使えばさらに暑くなるし。。
それが悪戦苦闘の始めての挑戦となると。。。

でも 最高です!。。
高級レストランでのディナー? プレゼント? そんなものいりません。 暖かい家族が一番です。。

おめでとうございます!

投稿: yume | 2008.08.11 13:57

☆yumeさん、ありがとうございます。
yumeさんの温かいお言葉こそ、とても嬉しい贈り物です。
ところで、10日から、わしの郷里の長野県飯田へ帰省しております。車で来ておりまして、飯田線に乗ることはないでしょうけど、のんびり、過ごしております。

投稿: 龍3 | 2008.08.12 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/42087590

この記事へのトラックバック一覧です: 謹製ミルクレープ:

« 「源氏物語」を読む(3) | トップページ | 八月の足跡・1 »