« 「源氏物語」を読む(2) | トップページ | 謹製ミルクレープ »

2008.07.11

「源氏物語」を読む(3)

「源氏物語」本文は、一般的には、いわゆる古典文学全集に納められているもので読める。
これを文庫本や軽装版などにしたもののほうが、もっと手に入れやすいということもあるが、注釈や解説の充実を考えると、全集の本がお勧めであろう。

わしの場合、近所の市立図書館へ出かけてみると、二種類の全集に「源氏物語」があった。

「新日本古典文学大系」 岩波書店
「新潮日本古典集成」  新潮社

岩波書店のほうは、源氏物語は5巻本になっており、こっちのほうが新しい分、進んだ研究を取り入れていると思われるが、本がでかくて持ち歩きにくい(苦笑)。
新潮社のほうは、源氏物語の分は全8巻。本が小さめで持ち歩きやすい(笑)
さらに、読むことに関しては、岩波書店のよりもわしにはこっちのほうが容易である。
注釈の付け方が、丁寧で見やすいのだ。

007

写真で見てのとおり、本文の上に、「頭注」と言う形で説明がある。
それに加えて、本文の脇に「傍注」として、赤い色の印刷で書かれているのが、現代語訳とか、誰のことを書いているのかという人物の指示。これが、本文を読むには実にありがたい指針となってくれる。

傍注を助けに、とにかく本文を読み進める。一息ついて、上の頭注を読んで、わからないところを解き明かす。すらすらとはいかないけれど、読んでいくと、校注(校訂・注釈)した人々の工夫が理解できて、面白い。

|

« 「源氏物語」を読む(2) | トップページ | 謹製ミルクレープ »

コメント

龍3さん、おひさです。
毎日、暑うございますね。

 源氏物語といえば、昨日(22日)の新聞に幻となっていた写本「大沢家本」が見つかったと載っておりましたね。なんでも、定家の青表紙本に含まれていない内容が多数あったとか。
 偶然ですが、私、21日に宇治市を訪れておりまして、「宇治市源氏物語ミュージアム」にも立ち寄っておりました。宇治市は源氏物語の第3部(宇治十帖)の舞台となったことから、街中のあちこちに源氏物語にちなんだオブジェが配置されるなど、市をあげて「源氏物語千年紀」を盛り上げようという意図が感じられました。
 ただ、肝心のミュージアムが7月28日から9月2日まで夏休みに入ってしまいます。展示物を大幅に入れ替えてリニューアルするとのことですが、話題になりかけているときだけに、なんとも間の悪いことでございます。

投稿: まつしん | 2008.07.23 23:26

☆まつしんさん、お久しぶりです。
大沢本の再発見は、わしも興味深いです。いわゆる「別本」の文章がたくさん含まれているそうですね。

宇治にいらしていたのですか。わしはあそこのミュージアム、行くはずだったのに邪魔が入って、まだ観ていません。で、9月2日まで休みとは、まことに書入れ時なのにもったいないですねえ。
宇治に源氏物語のオブジェが作られたはじめたのは、なんと平安時代の後期からだそうで、もしかすると平安の王朝の雰囲気を、京都市内よりもとどめているかもしれないです。

投稿: 龍3 | 2008.07.24 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/41802223

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語」を読む(3):

« 「源氏物語」を読む(2) | トップページ | 謹製ミルクレープ »