« 「源氏物語」をどう見るか(1) | トップページ | 「源氏物語」をどう見るか(3) »

2008.05.30

「源氏物語」をどう見るか(2)

Sikibukuyoto

『源氏供養』という言葉、考え方を知り、わしはやっと納得できたことがある。

上の写真は、桜の季節に西陣を回ったとき、引接寺=通称千本ゑんま堂で撮ったものだ。
普賢象桜という、八重桜のふわふわ花弁に囲まれて立っているのは、「紫式部供養塔」である。

どうしてそんなものがここにあるのか?
そもそも、供養塔とはなにか?

その答えは、千本ゑんま堂の開基とされるのが、小野篁(たかむら)であることに隠されていた。
小野篁もまた、紫式部に勝るとも劣らないほど伝説化された人物の一人である。
平安初期の歌人、漢詩人として名を成すと共に、冥界に自由に行き来し、閻魔大王に仕えていたという伝説が有名なのだ。
そう・・・紫式部が地獄へ堕ちたという伝説にも、彼が現れるのである、救済者として。

今昔物語などで小野篁は、顔見知りの貴族が閻魔大王の下へ引き出されてきたとき、これを救ってやったと記される。『源氏供養』を思い立った人々は、紫式部も同じように、小野篁によって地獄行きの運命から救い上げてもらいたいと考えたのだ。つまり紫式部供養塔は、冥府の小野篁に紫式部を救ってくださいと祈る『源氏供養塔』なのである。

この千本ゑんま堂から東へ、鞍馬口通をだいたい800メートルほど行くと、堀川通。そこから北へちょっとあがると、東側になんと、「紫式部の墓」と「小野篁の墓」が並んで存在する。
小野篁の没年は852年、紫式部は1014年?(はっきりしないらしい)ということで、生前にはまったく縁もないふたりであるからして、ここに二人の墓があるのも、『源氏供養』の考えによるものに違いないだろう。

さて、今回いろいろ調べていくうち、『源氏供養』は、物語、謡曲にもなっていることを知った。
謡曲「源氏供養」のストーリーを読むと、紫式部堕地獄説と、紫式部観音化身説が合体していて面白い。
前段で成仏できない亡霊として顕れた紫式部が、後段の最後では地謡によって石山観音の化身であると明かされるのだそうだ。
『源氏供養』を行った人々は、「源氏物語」に反発したというより、この物語の愛好者であり、罪深い物語を読み耽ってしまった自分の罪をあがないたいという意図があったようである。
なんだかそれは、とても人間的で、共感できるなあと思うのだ。

(引接寺=千本ゑんま堂所在地:京都市上京区千本通蘆山寺上ル閻魔前町34番地)

|

« 「源氏物語」をどう見るか(1) | トップページ | 「源氏物語」をどう見るか(3) »

コメント

源氏物語千年紀、あちこち賑わっていますね!
今日は、山口伊太郎氏の源氏物語錦織絵巻を見に行って来ましたよ。
素晴らしく美しくてうっとり~♪

投稿: よりりん | 2008.05.31 00:14

☆よりりんさん、あれはわし、テレビで紹介されてるのを見ましたが、素晴らしいものですね。
あれほどの手間と根気とセンス、そして情熱を込めた作品、神々しいです。

投稿: 龍3 | 2008.06.03 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/41370453

この記事へのトラックバック一覧です: 「源氏物語」をどう見るか(2):

« 「源氏物語」をどう見るか(1) | トップページ | 「源氏物語」をどう見るか(3) »