« 08醍醐寺の桜 その2 | トップページ | 08桜拾遺 »

2008.04.17

桜の勧修寺

0541
醍醐寺に行ったあと、帰り道に勧修寺にも寄りました。
つまりこれも、4月9日の桜見物です。

0491
勧修寺は、うちのご近所と言うてもいいところで、何度か今までも蓮や睡蓮、紅葉などを紹介しておりますが、桜は初めてかな。
まず、門にたどり着くまでの長い築地塀沿い、ここの枝垂れ桜が美しいです。

0551
庫裏?かと思われる建物の前にも見事な枝垂れ桜がありましたが、この辺、駐車場になってるのがちょっと写真を撮るのに厳しい。

0621
拝観料を払うと、いつも同じ絵葉書を渡してくれます。この観音堂を氷室池の中から撮ったと思われる写真のです。あれは、われらには絶対撮れないアングル。
境内の桜は、かなり散っていましたが、観音堂を入れて撮ると、やはり絵になりますな。

0631
氷室池は変わらずサギの繁殖地。これから、睡蓮や蓮が目を楽しませてくれるでしょう。

0711
やっぱり観音堂が綺麗なので、カメラを向けてしまいますね。

0801
池のむこうは、ほとんど手入れがされていないので、「行くなら自己責任で」という趣旨の看板が、以前から立っております。自然のままの雰囲気が結構迫力です。

0901
平日でも、観光バスが途切れず、普段は静かな境内も賑わっていました。

0941
門を出てからの、この桜の列が、やっぱり一番みごとだったな・・・

|

« 08醍醐寺の桜 その2 | トップページ | 08桜拾遺 »

コメント

 この寺、見覚えがあるなぁ、と思って
調べてみたら06年2月に訪ねていました。
2月だったからか、荒涼とした感じでした。
 順番は忘れましたが、法界寺、一言寺、
随心院、醍醐寺などを訪ねました。
 ところで、かじゅうじ、かんしゅうじ
どちらが正解?歴史上の貴族の姓では
「かじゅうじ」なのですが、、。

投稿: 帷子ノ辻 | 2008.04.19 20:16

☆帷子ノ辻さん、はい、「かじゅうじ」が正解です・
しかし、付近の地名は「かんしゅうじ〇〇ちょう」と読みますので、地元のわれらは「かんしゅうじさん」と呼んでます。ああ、悩ましい・・・

投稿: 龍3 | 2008.04.20 01:06

勧修寺の桜もこんなに綺麗なんですねっ。
もう少ししたら、睡蓮が綺麗に咲きますね。

投稿: yume | 2008.04.23 20:55

☆yumeさん、そのとおり、雨の季節にもここは楽しみなお寺です。『モネの睡蓮みたいになる』と、JRのコマーシャルに使われたように。

投稿: 龍3 | 2008.04.24 08:44


こんばんわ
勧修寺の桜は未だ愛でてないですが、
ちょくちょく行きます。
春のかんしゅうじさん。
来年はちょっとお酒持って、
山科桜巡りで行きますか。

投稿: 松風 | 2008.04.24 22:34

☆松風さん、お寺の境内は、なかなか酒を飲むというわけに行かないのが難ですな。山科桜巡りも、車でないとかなり不便ですし。
でも!桜を見ながら静かに飲みたい!とわしも強くおもいます。

小高くて、ちょっと見晴らしの良い山に、誰にも知られず咲いている一樹を見つけ、その花の下で、亡くしたものを悼みながら、静かに酔いたい・・・

投稿: 龍3 | 2008.04.25 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/40910578

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の勧修寺:

« 08醍醐寺の桜 その2 | トップページ | 08桜拾遺 »