« お客さんのおかげ | トップページ | 智積院の梅花 »

2008.02.25

雪の平等院

0171
雪の降りしきる中、2月23、24と大学時代の友人たちと、毎年恒例一泊の旅行と言うか、飲み会。
今年は宇治でやったので、わしは23日夕方から参加。
そして翌朝、朝飯を済ませて歩いて平等院を参詣しました。

0141
なにしろ、中学のときに修学旅行で訪れて以来です。
門にも何の見覚えもありません。

0151
つい最近まで、修復を続けていた平等院。鳳凰堂前の池が、小石を敷いた州浜となっているのも創建当初の復元だそうで、景観はずいぶん変わったとか。

0181
硬貨に刻まれたように鳳凰堂を観ようと、みんなあちこち角度を変えるのですが、なかなか同じアングルで写真を撮るのは難しい。
堂内の阿弥陀如来は、阿字池越しに、お顔だけ望めるように窓が開いているのだけれど、降りしきる雪でほとんど見えません。

0241
屋根の上の鳳凰一対は、青銅の色が新しいレプリカです。
本物は、この横に新しく作られたミュージアム「鳳翔館」にありました。
で、このミュージアムがとても充実していて、わしの大好きな「雲中供養菩薩」が半分くらい、こっちに展示されており、可愛いほとけたちを間近に見れて嬉しかった。
ミュージアムショップに雲中供養菩薩写真集があったので迷わず買いました。

0261
1053年に建てられ、長い歳月、兵火をも潜り抜けてきた鳳凰堂は、でも、華麗で軽快なデザイン。極彩色に輝いていた頃はさぞかし、天に飛び立つようだったでしょう。


|

« お客さんのおかげ | トップページ | 智積院の梅花 »

コメント

mixiよりもこちらの方がグッときますね。当然ですね。スゴイ見応えのある写真群です。山城の国一揆の時に集合したのは、この庭なんでしょうか?まさに雪が絵になる、そんな感じです。

投稿: takebow | 2008.02.25 17:14

☆takebowさん、この日は断続的に雪が降り続いていましたが、時々、雲間から日光が射し込みまして、それが鳳凰堂に当たると素晴らしい景色でした。
でも一瞬で光は消えてしまい、写せなくて残念です。
山城国一揆、そんな事件もかかわってたのですね、ここは。源頼政が自害した芝というのは古い記念碑が何個も残ってましたけど。

投稿: 龍3 | 2008.02.25 23:24

☆takebowさん、この日は断続的に雪が降り続いていましたが、時々、雲間から日光が射し込みまして、それが鳳凰堂に当たると素晴らしい景色でした。
でも一瞬で光は消えてしまい、写せなくて残念です。
山城国一揆、そんな事件もかかわってたのですね、ここは。源頼政が自害した芝というのは古い記念碑が何個も残ってましたけど。

投稿: 龍3 | 2008.02.25 23:28

おぉ~、美しい!!
京都は日曜日も積雪やったそうで、でかけたかったんですけどねぇ~涙。
今年は、ホンマに雪景色をたくさん見られていいですねw

投稿: よりりん | 2008.02.26 00:28

ここのところ本当に雪が多いですね。
23日は雪の上に強風でしたが、宇治は如何でしたか?
私は窓の外を、右から左へ真横に(!!)吹雪いているのを見て、外出を取りやめてしまいましたが。
でも、やっぱり真っ白になった京都は美しくて、雪が積もると嬉しくなります。

投稿: antoinedoinel | 2008.02.26 23:05


平等院にも雪は積もったんですね。
龍さんの近くの
東福寺の雪景色を見たいと
24日は脳裏を掠めたのですが
鷹峯へと行きました。
今年はもう1回週末に降って欲しいと思うのは
かなり欲張りですね(笑)

投稿: 松風 | 2008.02.27 21:51

☆よりりんさん、この冬こんなに雪が降るとは、想像できませんでしたね。ただ、年とったせいか、寒さのダメージが大きく、用事以外で出歩く気力が出ません。情けないなあ・・・

☆antoinedoinelさん、宇治はそんなに風は強くなかったですよ。その後で回った石山寺も、結構天気は良かったです。しかし、この日以外はわしも、寒さに負けてひきこもりです。

☆松風さん、精力的に雪景色を見て回っておられますね。写真で見せていただいております。北のほう、わしは雪が怖くて車が出せません。昔はバイクで無謀に走りにいったんですけどねえ。

投稿: 龍3 | 2008.02.28 12:24

今年は、よく雪が降りました。しかも土日に多くって、みなさん雪景色の京都をご覧になることが出来て、よかっただろうなぁって思っています。

私の場合、今年は雪に足を拒まれどうしでした。。(笑)

投稿: yume | 2008.03.03 12:01

☆yumeさん、わしかて、土日は少年サッカーの練習ばかりで、ろくに雪景色どころでなく、消耗しておりました。
宇治を除けば、雪の京都は、ブログ仲間の皆さんの素敵な写真見てため息ついてたばかりですよ。

投稿: 龍3 | 2008.03.05 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/40256869

この記事へのトラックバック一覧です: 雪の平等院:

« お客さんのおかげ | トップページ | 智積院の梅花 »