« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008.02.25

雪の平等院

0171
雪の降りしきる中、2月23、24と大学時代の友人たちと、毎年恒例一泊の旅行と言うか、飲み会。
今年は宇治でやったので、わしは23日夕方から参加。
そして翌朝、朝飯を済ませて歩いて平等院を参詣しました。

0141
なにしろ、中学のときに修学旅行で訪れて以来です。
門にも何の見覚えもありません。

0151
つい最近まで、修復を続けていた平等院。鳳凰堂前の池が、小石を敷いた州浜となっているのも創建当初の復元だそうで、景観はずいぶん変わったとか。

0181
硬貨に刻まれたように鳳凰堂を観ようと、みんなあちこち角度を変えるのですが、なかなか同じアングルで写真を撮るのは難しい。
堂内の阿弥陀如来は、阿字池越しに、お顔だけ望めるように窓が開いているのだけれど、降りしきる雪でほとんど見えません。

0241
屋根の上の鳳凰一対は、青銅の色が新しいレプリカです。
本物は、この横に新しく作られたミュージアム「鳳翔館」にありました。
で、このミュージアムがとても充実していて、わしの大好きな「雲中供養菩薩」が半分くらい、こっちに展示されており、可愛いほとけたちを間近に見れて嬉しかった。
ミュージアムショップに雲中供養菩薩写真集があったので迷わず買いました。

0261
1053年に建てられ、長い歳月、兵火をも潜り抜けてきた鳳凰堂は、でも、華麗で軽快なデザイン。極彩色に輝いていた頃はさぞかし、天に飛び立つようだったでしょう。


| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »