« 平安神宮・四神お守り | トップページ | お客さんのおかげ »

2008.01.16

年末年始の飯田の情景

0251
年末年始、いつものように、郷里の長野県飯田で過ごしました。
お供えの鏡餅は、近所の「キラヤ」というローカルチェーンのスーパーで購入。これはメインのでなくて、玄関とか氏神様に供える小さな奴ですが、同じものを京都でも売っていたそうで。

0121
家の庭のピラカンサが今年はあまり鳥に食べられずに見事に残っていました。

0151
そこへ、霰が降ってきて

0231
庭に、ざらめのように綺麗な結晶が積もりました。

0141
お雑煮は、清まし仕立て。入れる具は家によってかなり違うと思います。
うちは、毎年、適当に入れます。家族は葱を入れたいというのですが、わしが葱嫌いなので、ほうれん草にしてもらいました。

0151_2
おせちというよりも、飯田下伊那では「お年とり」の料理と言うべきで、大晦日から食べます。そのメインが年取りざかなの「ぶり」の塩焼きと、この「お煮しめ」で、細く切った昆布と根菜類を煮ます。

0251_2
初詣に行く途中の道、小川の飛沫が凍ってました。

0221
毎年初詣に行く、矢高神社。今年は竹を切った器に蝋燭を点してこの石段に並べたそうなのですが、除夜の鐘を突かせてもらいに行った菩提寺でも同じようにしていました。残念ながら、除夜の鐘のときはデジカメ忘れてしまって、写真がありません。

0211
初詣を終えて家に帰る頃にはまた空は雪雲。風越山も姿を隠していました。

|

« 平安神宮・四神お守り | トップページ | お客さんのおかげ »

コメント


たまにこういうたわわに実る樹を
みるのですが
ピラカンサというんですね。
なんとも実りの多い年になりそうですね!

投稿: 松風 | 2008.01.21 22:00

☆松風さん、ほんまにお互い、実り豊かな年でありますように。
植物は全然詳しくないので、名前は自信ないです。南天とは違う、とは自信もって言えますが(笑)

投稿: 龍3 | 2008.01.22 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/17709741

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の飯田の情景:

« 平安神宮・四神お守り | トップページ | お客さんのおかげ »