« 高野川のほとり | トップページ | 泥だらけの栄光 »

2007.12.05

智積院の夜楓

0051
東山七条の、智積院で、12月1日から5日まで紅葉のライトアップと、夜間特別拝観が行われていました。
わしは、4日の宵に、ちょっとだけ「もみじ庭園」のライトアップだけ覗いてみました。

0261
新しく植えられた「もみじ庭園」では、楓の木々を、わりと控えめに照らしていて、寺院の入り口にもほとんど看板などはなく、ひっそりした雰囲気。寒さの沁みる宵闇に、鮮やかな楓の葉が浮かんでいました。

0091
回っていても他に人を見ることもなく、ひたすら境内は静かです。

0221

0081
大日如来のおわす本堂も、扉は閉められていましたが、美しく照らし出されていました。

0121
参道に並んだ提灯の向こうに、京都タワーが灯明のように・・・

0211
夜間特別拝観エリアのほうは、時間がなくて見ることが出来なくて残念。
撮った写真も手ブレが多くて残念。

015
1日には、コンサートなども行われていた様子です。
この夜間拝観、5日の夜9時で終わってしまうので、また来年の楽しみに。

|

« 高野川のほとり | トップページ | 泥だらけの栄光 »

コメント

この赤はまさに妖艶。智山派の大本山智積院ならではであろうか。白秋ならぬ、「丹秋」とでも銘々したくなる逸品ですね。

投稿: takebow | 2007.12.08 17:06

☆takebowさん、まだ植えられたばかりの楓らしく、昼間見ると作り物めいてしまうんですが、ライトアップの魔術ですな。「丹秋」とは、かっこいい命名ですね。

投稿: 龍3 | 2007.12.10 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/17281629

この記事へのトラックバック一覧です: 智積院の夜楓:

« 高野川のほとり | トップページ | 泥だらけの栄光 »