« 百万遍・秋の古本まつり | トップページ | 鴨川散策 その1 七条大橋付近 »

2007.11.08

狩野永徳を観るはずが

ようやく時間が出来たので、7日の昼ごろ、京都国立博物館でやってる、「特別展・狩野永徳」を観ようと、東山七条へ勇んで出かけたのである・・・が!

0191

こんな平日、どんなに混んでいてもたいしたことはなかろうとたかをくくっていた。博物館前に着いても別に行列はなかったので安心した。
それが大間違い。
受付で「2時間待ちです」といわれて仰天。
なにしろ、ここは敷地が広大なので、とにかく入場は出来るが、どうやら建物の前で並んで待たねばならないらしい。
3時には用事があったので、鑑賞は断念せざるを得なかった。

空いた時間どないしようと途方にくれたが、すぐに「歩こう」と思いついた。
ブログ仲間のyumeさんがこの間、鴨川沿いに長い散策をされていたのが印象に残っていたのである。
健脚のyumeさんには及びも付かないが、天気もいいことだしと、七条大橋を出発した。

0201

結果的にとても気持ちの良いときを過ごす事ができて、災い転じて福の思いである。
鴨川散歩の写真と感想は、これから、数回に分けて載せよう。

それにしても、各種イベント、展覧会などの混雑振りは、以前とは比べ物にならないのだなあ・・・

|

« 百万遍・秋の古本まつり | トップページ | 鴨川散策 その1 七条大橋付近 »

コメント

混んでるって、言ってるのに~苦笑。
でも、残念でしたね・・・。
ホンマに、最近美術展は混んでいますね。
特に、京都のはヒドイです。
なんなんでしょうね?
あ、先日の泉屋博古館と細見は、空いていましたよ(笑)。
それでも、以前よりは人が多いです。

だけど、ころんでもタダでは起きない!!
鴨川散策どんなだったんでしょう?

投稿: よりりん | 2007.11.08 20:14

う~む、2時間待ちですか。。
待って入っても 人の波に合わせて見なくてはいけないでしょうし、大変ですよね。

鴨川散策、この季節気持いいですね。

京都市内のほぼ真ん中に川が流れ、のんびりと歩ける道が続いている。。
京都市のいい空間だと思います。川の上には建物がなく、綺麗な空気が流れていますもの。

それは私の住む滋賀の琵琶湖の存在も同じ。


私も七条大橋を鴨川から見上げたのは始めてでした。

投稿: yume | 2007.11.08 20:42

巡回なしの京都限定のようですね
仕方がないからテレビで..とおもったら
ハイビジョンで我が家にはご縁がありません。

七条辺りから観光を攻めるコースもあれば
私の知り合いは上から自転車で下る散策をしている人もいます。

国立博物館のそばに娘がいるので、いつも建物だけでも眺めて楽しんでいますが 中の常設展示の量もかなりありますね。名古屋 徳川の展示物なんて ただ派手なだけかもしれません。さすが都です。

投稿: 花奴 | 2007.11.08 20:53

京博は東博より奥行きがあって、大きく感じますね。特に門の雰囲気は京博の方が上ですね。久しぶりだなぁ、見るの。

投稿: takebow | 2007.11.08 21:11

 鴨川沿いは、四条通より北は、かつて
いやというほど歩きました。バスがない
時間帯で、かつタクシー代がない時に。(^_^;)

 四条より南はあまり行ったことがないですね。
一度歩いてみます。

投稿: 帷子ノ辻 | 2007.11.09 08:26

☆よりりんさん、ほんまに、よりりんさんのレポートを読んで、認識しているつもりだったのですけどねえ(苦笑)
京都に限らず、美術展の混み方は、マスコミの宣伝もあって募る一方らしいですな。でもそれだけ美術を愛する人が一般化したってことでしょう。京都に関しては「京都観光バブル」みたいな感じが、ここ数年続いてますしね。
鴨川散策、ぼちぼちアップしていきます。よろしく。

☆yumeさん、おかげでわしにしては素敵な時間を過ごせました、感謝しております。
鴨川と琵琶湖、確かに通じるものがあります。どちらもかけがえのないものですね。ユリカモメもどっちにもいますしね。
来週、2時間待ち覚悟で、狩野永徳に会いに行きます。

☆花奴さん、あらら・・・わしも、かつては衛星放送も見れず、今はハイビジョン見れず、悔しい思いをするのもしばしばです。でも不思議と、強く「観たい」と思ったものは、どこかで観れるものですよ。
名古屋、徳川の当たりも、歴史小説書いておる身としては、観たいもの多いです。

☆takebowさん、わしは東京のほうを知りません。なにせ大学受験とか就職試験とか、観劇とか営業とか、瞬間的に上京したことしかないのです。
国立京都博物館、建物は変わってませんが、どうも最近、展覧会のうたい文句が過激です(笑)

☆帷子ノ辻さん、若い頃は、みんな、無茶しましたなあ(苦笑)
四条より南は、非常にリアリスティックな世界です。いわゆる「京都幻想」があんまり通用しません。でもお好み焼き屋は美味しいところが多いかもしれませんな。

投稿: 龍3 | 2007.11.09 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/17009893

この記事へのトラックバック一覧です: 狩野永徳を観るはずが:

« 百万遍・秋の古本まつり | トップページ | 鴨川散策 その1 七条大橋付近 »