« 07東福寺紅葉情報 2 | トップページ | 狩野永徳展、そして清水寺 »

2007.11.13

鴨川散策 その2 正面橋から五条大橋

0301
七条大橋から北へ歩くと、すぐに見えるのが正面橋。
この橋に関連し、以前、正面通についても記事を載せたことがあります。
http://ryu3.cocolog-nifty.com/dragontail/2005/06/post_1727.html
この橋は、川の流れに対して直角になっていない、妙に傾いた角度で架けられています。なんでやろな?

0271
さて相変わらず、水面ばっかり見て歩いていると、正面橋手前の水中に、ハエジャコと異なる、ちょっと大型の魚影を発見。雑魚の群れめがけて、獰猛俊敏に突進するこやつは、紛れもなくブラックバスではありませんか。
そんなに数は居ないようですが、やはり鴨川にも侵略してますな。

0311
正面橋をくぐると、鷺と鴨が一緒に群れている珍しい風景。これは岸からパン屑を投げてやっている人が居て、そこに群がっていたのでした。魚を狙う鷺と、基本的に植物食の鴨ですが、どっちもパンは食べるのですねえ。

0331
よく整備された散歩道と、雑草生え放題の川原・・・のんびり歩いていても、汗ばむほどの陽気。
やがて見えてきたのは五条大橋。

0351
この橋の下の流れの段差でも、アオサギが餌を摂っていました。

0361
国道一号線が走っている橋なので、その幅は巨大。おそらく鴨川最大。
ということはとても良い雨除けの屋根になるわけですな。

0371
欄干や擬宝珠などは、京都の橋、弁慶と義経の出会いの場、などを意識したつくりになっているけれど、日夜車の行き来が絶えない現代的な橋であります。

|

« 07東福寺紅葉情報 2 | トップページ | 狩野永徳展、そして清水寺 »

コメント

橋の下の「お宅」 綺麗だと思いました。
なんだか、きっちり几帳面に家作りしてあるんですもの。
さすが、京都 上品だなぁって思ったのです♪

投稿: yume | 2007.11.14 20:26

☆yumeさん、たしかに橋の下の家、仮設には見えない、恒久施設のような雰囲気でしたね。
で、その「お宅」に、ダンボールの看板が立っていて
「ここに自転車を勝手に置かないでください」
と上品な字で書いてありました。
うううむ、勝手に?・・・なんか、納得できないところが(笑)

投稿: 龍3 | 2007.11.15 00:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/17062471

この記事へのトラックバック一覧です: 鴨川散策 その2 正面橋から五条大橋:

« 07東福寺紅葉情報 2 | トップページ | 狩野永徳展、そして清水寺 »