« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.25

07東福寺紅葉情報 1

0011
京都の紅葉はやっとわずかに始まったという感じです。
写真は、10月24日:正午ごろの東福寺、臥雲橋から通天橋を望んだ様子。

0021
2000本の楓が色づく渓谷「洗玉澗」が、東福寺の紅葉のみどころなのですが、ごらんのとおり、まだほとんど色づいておりません。

0031
例年、11月20日ごろから12月初めまでが、見ごろになります。
このところ、年々混雑が激しくなり、境内も周辺も驚くほどの人の波。
それでも、見れば嘆声尽きない素晴らしさですが、さて、今年は天候異常が続いているので、どうなりますか・・・

☆昨年・一昨年の紅葉の様子は、カテゴリー「京都の紅葉」でご覧ください。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.10.12

灯ともし頃

日の暮れるのが早くなると、町の灯が暖かく感じられるようになる。
今熊野界隈も、夕暮れには人恋しいような風情になってきた・・・かな。

0121
本町通に面した、瀧尾神社。たくさんの提灯には、もちろん今熊野商店街のお店の名前もたくさんある。

0131
東大路から少し坂道を東に登って振りかえると、京都タワーが街の灯に浮かんでいた。

0151
パンと洋菓子の「ゲベッケン」さん、近頃リニューアルしはって、煉瓦と木の雰囲気が濃いお店になり、温かく感じられて良い。

0161
泉涌寺交差点は、微妙な坂の中間にあるので、いつも空が不思議な感じに見える。空の色と、店の灯りが、秋の深まりを感じさせてくれる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.10.11

修理中・八坂神社西楼門

0201

10月7日、夕暮れに、旧友と三条京阪で待ち合わせていたので、バスに乗って祇園を通った。
まだ、八坂さんの西楼門は修理中。でもこの秋に竣工の予定と書いてある。
この赤い門がしゃんと見えないと、どうも祇園の景色が締まらない。
それにしても、祇園から渋滞でバスが動かなくなり、四条京阪に着くまでに20分もかかったのは計算外。

この日の京都は、連休最中のせいか、ものすごい人出に思えた。
用事で午後3時ごろ、岡崎を車で通過しようとしたのだが、身動き取れなくなってかなり迂回を強いられた。
そして夜は、友人ふたりと木屋町の焼き鳥屋、寺町のバー、などで飲んだのだが、「今日はどんな隅っこ行っても東京弁が聞こえるなあ」と驚いたものである。

紅葉のころには、西楼門、艶やかな姿を見せるのだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.10.03

10月の空気

近所の田圃の畦に、彼岸花が盛んに咲いている。
夜、東山トンネルを山科へ抜けて、目に入る夜景が澄んできた。

10月。
彼岸花は咲いていても、赤とんぼはもういない。
夜の虫の音は、寥、寥、と聞こえるばかり。

中原中也の詩集なんぞ、何年ぶりかに開いて
透明になっていく空に
「汚れっちまった悲しみは・・・」
なんぞと呟いてみる。

0031

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »