« 灯ともし頃 | トップページ | 百万遍・秋の古本まつり »

2007.10.25

07東福寺紅葉情報 1

0011
京都の紅葉はやっとわずかに始まったという感じです。
写真は、10月24日:正午ごろの東福寺、臥雲橋から通天橋を望んだ様子。

0021
2000本の楓が色づく渓谷「洗玉澗」が、東福寺の紅葉のみどころなのですが、ごらんのとおり、まだほとんど色づいておりません。

0031
例年、11月20日ごろから12月初めまでが、見ごろになります。
このところ、年々混雑が激しくなり、境内も周辺も驚くほどの人の波。
それでも、見れば嘆声尽きない素晴らしさですが、さて、今年は天候異常が続いているので、どうなりますか・・・

☆昨年・一昨年の紅葉の様子は、カテゴリー「京都の紅葉」でご覧ください。

|

« 灯ともし頃 | トップページ | 百万遍・秋の古本まつり »

コメント

 はじまりましたな、シリーズもの。

 また「エラい人」が京都に集まる時期が
やってきました。
 私はどうも11月に京都に行く気には
なれませぬ。

 昔、梅ヶ畑篝町に住んでいた頃、
11月には、高雄へ行く「国鉄バス」が
5~10分ごとに周山街道を走っていた
のを思い出しました。

投稿: 帷子ノ辻 | 2007.10.25 21:34

☆帷子ノ辻さん、ほんまにここんとこ、観光シーズンの京都の混み具合は驚くばかりです。
高尾は、一度行きましたなあ、学生時代だったか・・・
食堂の呼び込みが激しくて辟易した記憶しかない(苦笑)。
その学生時代、東山の永観堂など、平日は誰も参拝客がいなくて絶景を独り占めしたりしたのは、なんて贅沢だったのかなあ。

投稿: 龍3 | 2007.10.26 00:10

永観堂は、あまり人のいない紅葉スポット
だったのが、80年代あたりに雑誌(アンアンか、
ノンノか、何だったか)が「発見」して、
急に人が集まるようになった所ですね。
 
 私は学生時代には、「紅葉を愛でる」ことは
思考の外でした(^_^;) 特に勉強もせずに
何をしていたんでしょうかねぇ。

投稿: 帷子ノ辻 | 2007.10.26 08:08

小生も数年前、後輩の結婚式で上洛した折に初めて訪れ、あまりの美しさに絶句した思い出があります。実は小生、有名な紅葉処をおさえております。高雄・栂尾、鞍馬・貴船まで行ってます(ちょっと自慢)。そういえば学生時代、高雄行きの「国鉄バス」でSくんと行ったなぁ

投稿: takebow | 2007.10.26 20:12

15年以上連続でこの時期の修学旅行を引率しました。
小学生が京都を動くのも集団行動からグループ行動に変化し、その間の観光客も外国人の方(特にアジア系)が本当に沢山になりましたね。
こども達も京都の寺院より 外国人の方の方にウキウキしてた様子もありました。

いい加減 修学旅行ビジネスも京都から撤退しなくては
あの京都駅と五条坂がパンクしちゃいますかね...

私は 地や池に落ちた紅葉を見るのが好きです。
12月はじめかな

投稿: マリー(花奴) | 2007.10.26 20:15


一度は見たい
こちらの紅葉。
晩秋には行きましたが
見頃はまだなので
今年あたりは…と思っています。

投稿: 松風 | 2007.10.26 22:54

☆帷子ノ辻さん、わしは永観堂は、岡部伊都子先生の著作で知ったのですよ。いつの間にか、メジャーな紅葉の名所になってしまいましたな。

☆takebowさん、それは自慢できますね。栂ノ尾あたりはわし、まだ行ってません。
ただ、北野天神のそばに住んでたとき、高尾のばあちゃんが「もみじの天ぷら」というのを行商しに来て買ったことがあります。意外にいけるものでした。

☆マリー(花奴)さん、修学旅行の引率は大変でしょうなあ。そして、ほんまに京都の観光客のうち、外国の人の割合、すごいです。アジアの人もいまは団体旅行でない人が増えましたね。京都駅や五条坂はすでにパンクしてますが(苦笑)
12月になると、がくっと人が減るので、ほんまにお勧めです。

☆松風さん、見ごろはもう、すさまじい人出を覚悟ですよ。そんでも、見れば素晴らしいと思います。一昨年、わしも覚悟して最盛期に突入し、悔いはありませんでした。

投稿: 龍3 | 2007.10.26 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/16867019

この記事へのトラックバック一覧です: 07東福寺紅葉情報 1:

« 灯ともし頃 | トップページ | 百万遍・秋の古本まつり »