« 京都観光でもご注意を | トップページ | 10月の空気 »

2007.09.29

流血のビルマを見て

命令でためらわず銃を撃つようにするのが軍隊の訓練とはいえ、丸腰の人間を至近距離から撃ち殺すのは、どんな心理なのだろう。

軍服だが足にはサンダルを履いた若い兵士。お前は何を思って、初老のビデオカメラだけを持った外国人に引き金を引いたのだ?

愚かで残忍で、時に殺戮を好みさえするのが人間の性のひとつだとは認識しているが、まったくやりきれない。
逃げ惑う人々に棍棒が打ち下ろされ、銃弾が身体を貫き、たくさんの人々が罪なくして囚われているのが、今この瞬間の現実だと思うと、のうのうと、京都の風物など楽しみにいけるか。

弾圧をやめろ!圧政をやめろ!
そんな政権に世界一多くの経済援助をしているのが日本だと思うと、わしは限りなく恥ずかしい。
日本政府よ、自国民を殺害した軍事政権に、落とし前をつけさせよ!

|

« 京都観光でもご注意を | トップページ | 10月の空気 »

コメント

同時代の軍事的惨劇というなら、パレスチナ人の女子供を容赦なく殺すイスラエルもイラクの一般市民を殺して謝罪もしない米国もスーダン虐殺・チベット人断種の中国もテロ国家北朝鮮もチェチェン虐殺のロシアも同罪ではないでしょうか。
こういう現実であればこそ、むしろ京都の風物を楽しむくらいの余裕を持ちながら息の長い平和活動を持続していく事が大切だと思います。
もっとも小生は平和主義者ではありませんが。

投稿: 次元ジプシー | 2007.09.29 23:24

世界中いたるところで、紛争が絶えませんよね・・・涙。
今回のミャンマー、殺された記者はモチロンですが、同胞に向かって発砲したり棍棒でたたいたりと・・・悲惨ですね。
今夜、テレビで独裁者のなんとかっていう番組をやっていましたが、それを見ながら、素晴らしい志を持つ指導者や王のもとでは、国民は楽が出来るかもしれませんが、その指導者を失ったとき、またその後継者が無能であった場合一転して悲惨なことになるな~と思いつつ、それならやっぱり民主主義のほうがいいのか、でも、今の日本の民主主義は腐ってるよな・・・とか色々考えさせられました。
ミャンマーの軍事政権がどこへ行こうとしているのかわかりませんが、民衆を武力で弾圧する政治がいいはずありませんよね。
「天声人語」にも書かれていましたが、「ビルマの竪琴」の記されたような「僧侶であれば手厚く敬われ生きていける」という時代は、ミャンマーから遠のいたようですね。

投稿: よりりん | 2007.09.30 02:52

☆次元ジプシーさん、そうですね。
「のうのうと京都の風物など楽しみにいけるか」の一文は、京都の風物を楽しみたいがゆえに、それを素直に愉しませてくれない現実への悲鳴みたいなものです。

☆よりりんさん、英首相だったチャーチルの言葉に、「民主主義は最悪の政治であるが、今まで存在したどんな政治制度よりマシである」というのがあるそうで、その通りだなあと思います。

投稿: 龍3 | 2007.10.01 01:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/16603997

この記事へのトラックバック一覧です: 流血のビルマを見て:

« 京都観光でもご注意を | トップページ | 10月の空気 »