« 和田山の花火 | トップページ | 流血のビルマを見て »

2007.09.21

京都観光でもご注意を

彼岸の入りも過ぎたのにまだ京都は暑いです。
さて、涼しくなって行き、木々の葉も色づいてくれば京都はさらに賑わってゆくでしょう。

京都の観光については、様々な情報が溢れていますが、
マイナスの面、注意しなければならぬこと、の情報はなかなか表に出てこないと思います。

わしがこのところ、京都で気になっていることをひとつ。
「ひったくり」が増えているような気がするのです。

携帯メールで、京都府警からの「ひったくり情報」が毎日のように入ってくるのですが、「ひったくり」はかつては深夜とか寂しい場所とかが主な舞台でした。
それがこのところ、場所も時間も選ばなくなってきた印象です。

四条だの烏丸だののにぎやかな場所、そして人目の多い時間帯にも起きています。

昨日20日には、午前10時に今熊野小学校南側で、高齢女性が
          午後6時半ごろに市役所付近で仕事帰りの女性が連続で被害に遭っているそうです。

被害者は女性が圧倒的ですが、男性でもやられています。複数で飲み歩いているサラリーマン、家族連れの観光客も被害に遭ってます。

せっかくの京都観光で、ひどい思い出を持ち帰らないように、
どうか十分に気をつけてください。

☆歩道は車道の反対側を歩くこと。
☆肩にかけるバッグはたすきがけに。ハンドバッグには貴重品を入れない。
☆歩道を走ってくる自転車・バイクに警戒すること。

|

« 和田山の花火 | トップページ | 流血のビルマを見て »

コメント

え~っ!怖いですぅ。
わたくし京都の街を歩くの大好きなのでございますよ。
歩道は車道の反対側を歩くこと。と言うことは
左側通行ですか?

投稿: れこりん | 2007.09.22 21:52

どうも。
私も、東海在住でありながら、月に一度は京都のどこかを歩いています。

勝手に補足させていただきますと、
「歩道は車道の反対側を歩くこと」というのは、
車道から離れて歩きなさい、つまりは建物寄りに歩くんだよ、
っちゅうことですよね。
左側通行なんかしちゃうと、追い抜きざまに狙われかねません。
あと、バッグは車の通る側とは反対側にくるように持つことも必要でしょう。

しかし、携帯電話を覗き込みながら歩いていている人を見ると、ホント
隙だらけで「大丈夫かいな」と思っちゃいますね。

投稿: まつしん | 2007.09.22 23:07

わっ、まつしんさん。お久しぶりです。
お元気そうな御様子で嬉しいです。

投稿: 次元ジプシー | 2007.09.24 12:58

う~ん。寂しい話ですね。
誰がそんな事するんでしょ。
モラルの低下?

ゆっくり何も気にすることなく観光できる世の中になって欲しい。

投稿: yume | 2007.09.24 21:32

えぇ~!
そうなんですか?
ひったくりが・・・。
散策するときは、カバンはメンドーなので襷がけにしていますけど、なんだか、こうなってくると海外旅行にでもいった感じですね。
昔は、海外行くときは、襷がけに、貴重品をいれない、などと注意されましたが、今は日本でも・・・ガッカリですね。

投稿: よりりん | 2007.09.25 01:12

☆れこりんさん、「車道の反対側を」云々は、まつしんさんが補足してくださったとおりです。

☆まつしんさん、補足ありがとうございます。月一で来られているのですか。

☆次元ジプシーさん、お元気ですか?

☆yumeさん、きっと、生活が苦しくなるとモラルも低下するのです。

☆よりりんさん、きっと日本も国際化でこういう点でも諸外国と同じようになっていくのでしょう。


この22・23・24の連休中、京都市内のひったくりは、繁華街を中心に10件が報告されています。
この規模の都市で、この件数が多いのか、比較的少ないのか、わしにはわかりませんが、京都といえどそういう事態であると認識したほうがいいようです。

投稿: 龍3 | 2007.09.25 16:21

京都府警察に京都の犯罪情勢というページがありました。
地域の犯罪マップなどというものがあって、なかなか興味深いですね。
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/hanjou/index.html

投稿: karesansui | 2007.09.26 20:36

☆karesansuiさん、おひさしぶりです。
地域の犯罪マップ、警察もいろいろと工夫をしてるのですな。それでも毎日、ひったくり情報と、子供安全情報(と言う名前ですが、子供が危険にあっているという情報)が携帯に届くのは、気分が重いです。

投稿: 龍3 | 2007.09.28 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/16523024

この記事へのトラックバック一覧です: 京都観光でもご注意を:

« 和田山の花火 | トップページ | 流血のビルマを見て »