« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.29

流血のビルマを見て

命令でためらわず銃を撃つようにするのが軍隊の訓練とはいえ、丸腰の人間を至近距離から撃ち殺すのは、どんな心理なのだろう。

軍服だが足にはサンダルを履いた若い兵士。お前は何を思って、初老のビデオカメラだけを持った外国人に引き金を引いたのだ?

愚かで残忍で、時に殺戮を好みさえするのが人間の性のひとつだとは認識しているが、まったくやりきれない。
逃げ惑う人々に棍棒が打ち下ろされ、銃弾が身体を貫き、たくさんの人々が罪なくして囚われているのが、今この瞬間の現実だと思うと、のうのうと、京都の風物など楽しみにいけるか。

弾圧をやめろ!圧政をやめろ!
そんな政権に世界一多くの経済援助をしているのが日本だと思うと、わしは限りなく恥ずかしい。
日本政府よ、自国民を殺害した軍事政権に、落とし前をつけさせよ!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.09.21

京都観光でもご注意を

彼岸の入りも過ぎたのにまだ京都は暑いです。
さて、涼しくなって行き、木々の葉も色づいてくれば京都はさらに賑わってゆくでしょう。

京都の観光については、様々な情報が溢れていますが、
マイナスの面、注意しなければならぬこと、の情報はなかなか表に出てこないと思います。

わしがこのところ、京都で気になっていることをひとつ。
「ひったくり」が増えているような気がするのです。

携帯メールで、京都府警からの「ひったくり情報」が毎日のように入ってくるのですが、「ひったくり」はかつては深夜とか寂しい場所とかが主な舞台でした。
それがこのところ、場所も時間も選ばなくなってきた印象です。

四条だの烏丸だののにぎやかな場所、そして人目の多い時間帯にも起きています。

昨日20日には、午前10時に今熊野小学校南側で、高齢女性が
          午後6時半ごろに市役所付近で仕事帰りの女性が連続で被害に遭っているそうです。

被害者は女性が圧倒的ですが、男性でもやられています。複数で飲み歩いているサラリーマン、家族連れの観光客も被害に遭ってます。

せっかくの京都観光で、ひどい思い出を持ち帰らないように、
どうか十分に気をつけてください。

☆歩道は車道の反対側を歩くこと。
☆肩にかけるバッグはたすきがけに。ハンドバッグには貴重品を入れない。
☆歩道を走ってくる自転車・バイクに警戒すること。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »