« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.30

緑の中の南禅寺(4)南禅院

0351
さて、この日わしが最も感銘を受けたのは、塔頭のひとつ「南禅院」であった。
南禅寺の南禅院・・・なんか紛らわしいのであるが、「別院」という扱いで、亀山上皇の離宮跡だったという。
建物などは、元禄時代に徳川綱吉の母・桂昌院が再興したんだそうだ。

0222_2
しかし、庭園は亀山上皇の離宮当時の面影を残している。そして深山に抱かれ、自然と一体化した雰囲気が凄いのである。鴨のつがいなんぞがこうしてのんびり池にいるのだ。

0291
池には、ちょうど睡蓮が咲いていた。(だいぶ時間が経ってしまいましたが6月末だったのです)
だが、その背景たる山のそそり立つ緑の迫力に、息を呑む。
離宮当時、あまりの鄙びた山中の生活に、女官たちは恐れをなし寂しがったという話だが、無理もない。

0241
そんな中で睡蓮はいたって控えめに清楚に咲いていた。

0321
遊歩道を回遊していくと、山肌に石で滝が組まれていた。ここまで山の気配が濃いと、一種凄愴な感じがあるような。

0391
とどめは、池のほとりの楓の樹に、モリアオガエルの卵塊が幾つも産み付けられていたこと。写真を良く見ると、おたまじゃくしのような影さえ見える。豊かな自然に囲まれている証拠であった。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.07.20

緑の中の南禅寺(3)水路閣

0031
さて、南禅寺と言えば、お寺の建物や庭園のほか、この水路閣が強い印象を与える。
鮮やかな緑の中の煉瓦建築の風情もまた、良いものだった。

0041
古代ローマの水道を思わせる構造物は、建てられた当初、さぞかし「景観破壊」と非難されたのではないかと思う。それが今は、落ち着いた古都の風情をかもすひとつとなっているのだから、京都の懐は深い。

もちろんこの水路閣は、琵琶湖疏水事業で作られたもので、この上を疏水が通っているのである。

0091
前にも書いたが、この水路閣近辺は、写真撮影やドラマのロケ地に使われることが多い。この日も写真撮影の一隊が来ていた。こんなアングルなど、いかにも想像力が掻き立てられると思いませんか。

0131
楓のみどりが、日光に透けながら煉瓦の色に照り映え、実に爽やかであった。秋にも見事になるだろうと思うが、近頃の観光シーズンはほんまに、人の多さが半端でないからなあ・・・

0411
斜面に沿った坂道を上れば、水路閣の上も見ることができる。思いのほか、水の勢いがたくましい。これがやがて哲学の道の横を流れていくのである。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.07.11

緑の中の南禅寺(2)方丈庭園

しばらく帰省やら何ならで、間が空いてしまいましたが、南禅寺の続きです。

0706nanzenji_0081_1
法堂を過ぎ、拝観料を払って本坊に入る。書院などを横目に広い廊下をたどって、国宝の方丈へ。
方丈の南庭が、小堀遠州作として、国の名勝指定の枯山水庭園。
俗に「虎の子渡し」と呼ばれているやつであるが、どうもこの日のわしには、なんか「ぼやけた感じだなあ」と印象が良くなかった。

0706nanzenji_0091_1
どうしたわけかと、パンフの写真と見比べてみる。石と庭木が、塀際に固まっていて、白砂の空間が広いのがここの特徴なのだが、石を囲む樹木と苔が枯れ気味で勢いがないのだ。
借景を成す山々の緑が、獰猛なくらい威勢良いので、余計に萎びて見えたのかと思う。
それでも、座ってじっくり眺めていれば、良さがわかってきたのかもしれない。しかし、蒸し暑くてそんな気になれない。

0706nanzenji_0101_1
方丈を囲む庭は、こういう鋭敏な感覚のものもあった。

0706nanzenji_0151_1
しかしやはり、苔の緑が目に潤いを与えてくれる。

0706nanzenji_0211_1
山際には、こういう垣根が築かれていて「南禅寺垣」と立て札があった。覆いかぶさる木々の緑が圧倒的である。

方丈の内部には、狩野派描く襖絵が重厚かつ華麗に並んでいたのだが、あまりにこの日は湿気が多くて、さぞかし絵の保存には悪条件なのではないかと心配になってしまった。畳も襖も湿り気を吸って波打つような気候だったのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »