« 今熊野商店街の紫陽花 | トップページ | 緑の中の南禅寺(2)方丈庭園 »

2007.06.29

緑の中の南禅寺(1)プロローグ

6月26日、梅雨の晴れ間に、南禅寺を訪れてみました。
振り返ってみると3年ぶりです。しかもその時は門前で食事した後で、境内を散策しただけだったので、ちゃんと拝観したのはもう、一体何年前なのか記憶にありません。

0706nanzenji_0031
境内に踏み込むと、樹木のみどりが圧倒的です。湿気と温度に、植物たちが歓喜しているのが肌で感じられる雰囲気。石畳もしっとり濡れている感じでした。

0706nanzenji_0041
ここの三門は、歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな」と叫ぶ台詞で知られているのですが、現在建っているものは大阪夏の陣のあとに藤堂高虎が寄進したものだそうで、五右衛門がたとえ実在していても、これに登ったわけではありません。

0706nanzenji_0051
三門の向こうは、さらにみどり溢れる異次元境。

0706nanzenji_0061
参道の両側、高い木が立ち並ぶ間を、苔のみどりが埋めています。

0706nanzenji_0071
そうしてたどりついた法堂。両脇の花灯窓が高雅。内部は入れませんが、金網越しに覗けば、天井に素晴らしい龍の絵があります。今尾景年描くところの、「畢生の大作」(南禅寺参拝の栞より)。絵の向きが、本尊側から見るようになっているため、龍の顔をちゃんと見ようとすると、身体を捻じ曲げねばならないのが辛かった。

このあと、本坊を拝観し、水路閣を眺め、南禅院を拝観しました。(続きます)

|

« 今熊野商店街の紫陽花 | トップページ | 緑の中の南禅寺(2)方丈庭園 »

コメント

うーん、南禅寺のすばらしさもさることながら、
よくこんな人間の写っていない絵が撮れたなぁ、
と変なところで感心しています。

投稿: 帷子ノ辻 | 2007.06.29 12:05

すごく静寂って感じの境内ですね。
この時期は、南禅寺も空いてるんでしょうか?
昨日、奈良の長谷寺にいきましたが、こちらも紫陽花がきれいなのに、人はあまりいなくて、快適でしたw

投稿: よりりん | 2007.06.29 23:26

☆帷子ノ辻さん、祗園祭りの始まる前の今頃が、京都は観光の狭間で、わりと人が少ないです。でも平日の午前の早い時間帯だったので、こんなに閑散としていたのでしょうね。

☆よりりんさん、うむ、この時期は、紫陽花、睡蓮や蓮の花のお寺が賑わっているほかはわりと空いているのではないでしょうか。
でも、次の次に書きますが、ここの南禅院は、睡蓮が綺麗に咲いていたのです。
奈良は、興福寺あたりを回って以来、ずうっとご無沙汰なんで、また時間を見つけたいですが・・・しばらくハードスケジュールです。

投稿: 龍3 | 2007.07.01 04:40

龍3さん、こんにちは。南禅寺は気持ちがいいですよね。山門のあたりで休憩するのは京都旅行者ではよくあることです。だから僕も、人がうつっていないお写真が撮れたのはすごいと思います。

投稿: hayate | 2007.07.01 17:35

☆hayateさん、飯田に帰省してましてお返事遅れてました。帰ったら続きをアップしますね。

投稿: 龍3 | 2007.07.03 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/15590306

この記事へのトラックバック一覧です: 緑の中の南禅寺(1)プロローグ:

« 今熊野商店街の紫陽花 | トップページ | 緑の中の南禅寺(2)方丈庭園 »