« 小説の挿絵、のようなもの | トップページ | マイクロソフトWORDのどあほ »

2007.05.13

小説の挿絵、のようなもの2

調子に乗って描いてしまった。
でもこっちが小説の雰囲気の主調というべきか。
主人公の敵にして愛する者・・・

Kyoko2


|

« 小説の挿絵、のようなもの | トップページ | マイクロソフトWORDのどあほ »

コメント

すごいっ!龍3さんがお描きになったのですか!?
びっくりしました。多才でいらっしゃいますね。
画材は何をお使いなのでしょうか?

投稿: antoinedoinel | 2007.05.13 22:34

☆antoinedoinelさん、これは写真を基にして、フォトエディターなどで修正、合成を重ねた上で、マイクロソフト、ウインドウズのアクセサリにくっついてる「ペイント」を使って描いてます。すべて、買ったパソコンにあらかじめひっついてきたものでして、線を引くのも、ノートパソコンのタッチパッドだけが頼り。せめてペンタブレットくらいは欲しいんですけどね・・・

投稿: 龍3 | 2007.05.14 09:01

素晴らしいですね!青い目に引き込まれるような、美しいひとです。
後ろの木は信州で撮られた桜の木ではないでしょうか。

投稿: vivasan | 2007.05.16 01:41

☆vivasanさん、お褒めに預かり嬉しいです。
おっしゃるとおり、背景は、飯田の「石塚桜」の写真です。巨石の石組みで造られた墓室が印象的な古墳の上に咲く枝垂れ桜。

投稿: 龍3 | 2007.05.16 13:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/15049789

この記事へのトラックバック一覧です: 小説の挿絵、のようなもの2:

« 小説の挿絵、のようなもの | トップページ | マイクロソフトWORDのどあほ »