« 大徳寺 興臨院 | トップページ | 大徳寺 龍源院 »

2007.05.29

巨樹・15 大徳寺のイブキ

0705daitokuji_0251
久しぶりの「巨樹」エントリーは、大徳寺の仏殿前にある、イブキの巨木。
これは、仏殿前から三門の方に向かって見た写真。

0705daitokuji_0161
本来は三門をくぐって、仏殿に参拝するのが普通なのだろうが、今は三門は生垣と柵に囲まれて通れず、西側の道が大徳寺内のメインルートとなってしまっている。そっちから見ると、この樹は、周りの緑にまぎれてあまり目立たない。

0705daitokuji_0181
しかし、1665年ごろに植えられたらしいというから、樹齢342年くらいということで、樹高22メートル根回り周囲6.6メートルにもなるそうだ。

0705daitokuji_0201
幹の感じも風雪に耐えてきた歳月を感じさせる。
ほとんどの拝観の人は仏殿もこの樹も見ずに通り過ぎてしまうが、一人、外国人の女性が仏殿前に座って、熱心にこの樹をスケッチしていた。

0705daitokuji_0261
地上3メートルで5つに幹は別れ、その枝は曲がりくねりながら天を突く。
その姿はさながら五つの首を持った龍のようである。
振り返れば仏殿内には、金箔の輝きが渋く残った釈迦如来像。
この樹はその守護龍といったところかな。

|

« 大徳寺 興臨院 | トップページ | 大徳寺 龍源院 »

コメント

 実は私、京都の寺院のなかで、大徳寺には
行ったことがないのです。「林下の禅」とか
大仙院の庭とか、断片的な知識がある
だけです。

 ずいぶん昔、高雄に住んでいた私は、1年間
高野までバイトに通うのに、北大路通りは、
何百回も通ったのに、学生時代なんてそんな
もんですね。
 機会があれば、ぜひ訪ねたい寺院です。

投稿: 帷子ノ辻 | 2007.06.03 18:54

☆帷子ノ辻さん、全く学生時代なんて、そんなもんですよね。
わしも大徳寺のすぐ側に下宿していて、たまに散歩に行ったりしましたが、当然夕方で拝観時間過ぎてる事が多く、塔頭の中はほとんど知らなかったのです。
大徳寺は境内が比較的狭くて、塔頭が隙間なく建て込んでいて、独特の雰囲気ですよ。

投稿: 龍3 | 2007.06.04 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/15243626

この記事へのトラックバック一覧です: 巨樹・15 大徳寺のイブキ:

« 大徳寺 興臨院 | トップページ | 大徳寺 龍源院 »