« 花桃咲き乱れるふるさと | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの2 »

2007.05.09

小説の挿絵、のようなもの

Izumi12

別ブログで連載している小説「醜斑(シコブチ)神―琵琶湖水妖記―」ですが、文字ばっかりだと読み辛いので、できるだけ写真などをつけています。しかしまだあっちのブログ、操作が慣れないので写真のインパクトが上手く出ません。で、ついにこういうものを描いてのっけました(苦笑)

一応、主人公のイメージイラスト、のようなものです(汗)

|

« 花桃咲き乱れるふるさと | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの2 »

コメント

これって龍3さんがお描きになったんですか?
素晴らしいですね。
日本人形の雰囲気の中に神秘的なものか宿っています。

小説 毎日楽しみに読ませて頂いています。

投稿: yume | 2007.05.09 16:51

☆yumeさん、ありがとうございます。
まあ、御覧の通り、画才のないわしですが、絵を描くのも好きなんです。というか、文章描くのもまず、場面を想像して、絵を描くように書いていくんです。

投稿: 龍3 | 2007.05.09 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/15006378

この記事へのトラックバック一覧です: 小説の挿絵、のようなもの:

« 花桃咲き乱れるふるさと | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの2 »