« 忍神しました | トップページ | 大徳寺 興臨院 »

2007.05.27

街中の大ナマズ

このところ、土日というと、息子が少年サッカーの練習に行くのに付いて行き、ヤツの不甲斐ない練習振りに嘆息したり、ついでにちょこちょこボールを蹴ったり、ミニゲームのゴールキーパーをやって子供に蹴られたり(苦笑)
という日々なのであるが、昨日、一緒に練習に行く友達が、道端の川にボールを落としてしまい、練習のあとで子供らと探しに川を下って行ったら、とんでもないものを見つけてしまったのである。

070525namazu_0011
それがこの写真中央の、二体の黒い長細い魚。大きさは、70センチくらいか、もっと長い。
場所は、山科の国道一号線つまり五条通と交差する、川というよりコンクリートの水路。その岸辺に頭を突っ込んで、流れに身体を揺らしているこいつら、その大きさから、わしはてっきりビワコオオナマズに間違いないと思った。
が、しかし、斑紋や全体の感じなどで判断すると、普通のナマズ(マナマズ)では?という指摘を受けた。(ナマズ好きさん、ご指摘ありがとうございます)

070525namazu_0021
何せ水量が僅かな割りにコンクリートの水路は馬鹿でかく、降りていく手がかりもないので、目一杯ズームアップして写真を撮るしかなかった。
この数メートル横はブンブン車が走り、その向こうには新幹線もヒューンと駆けていく街中なのである。

驚いたが、しかしこの水路は数キロ下ると結構深みもよどみもある川になり、そのダムみたいなところに、以前わしはこんなナマズの大群を見つけたこともあったのだ。(ちなみに興奮してルアーで釣ってみようとしたが、真昼間だったし何の反応もなかった)

0606biwakohaku3_1
前にもこの写真(琵琶湖博物館で撮った)で紹介したビワコオオナマズは、琵琶湖固有種の巨大魚である。
琵琶湖と、そこからつながる瀬田川、宇治川でも見られるらしい。
琵琶湖では昼は深い水底に潜んでいるが、夜になると表層に浮かんできて魚を貪り食う。それでもって、梅雨の時期に産卵を迎えると、岸辺に集団で押し寄せ、さながら龍のように巨体をくねらせ、オスがメスに巻きついて暴れまくるというのである。

わしが子供たちと見つけた二匹は、どうやら普通のナマズらしいのだが、産卵を待つカップルなのかもしれない。
水底に潜み、時に強力なパワーを垣間見せてくれるこの魚は、きっと龍を創造するルーツの一つでもあったろう。

|

« 忍神しました | トップページ | 大徳寺 興臨院 »

コメント

街中というのが凄い。
しかし、体の模様と全体の感じから普通のナマズのようですが?
普通のナマズでも大型個体は70~80cmぐらい、時には80cm以上になることから写真のものは普通のナマズの可能性があるのではないでしょうか?
普通のナマズだったとしても、昼間にこのサイズのナマズが見られるのは珍しい。

投稿: ナマズ好き | 2007.05.28 13:23

☆ナマズ好きさん、ようこそ。
ありゃ、そうですか?てっきりビワコオオナマズだと思ったのですが(汗)
うーん、どうなんでしょ。もうちょっと勉強してみます。
はっきりするまで、では記事を修正しておきますね。

投稿: 龍3 | 2007.05.28 14:40

南郷洗堰よりさらに下流、獅子跳橋のあたりで 主人がナマズ釣ったことありました。
あの頃、鯉釣りに毎週通っていたのですが、突然に「ひき」の強いナマズが。。一緒にいた友達と やっとこさ つりあげて持って帰ってきました。
外でさばいて、お刺身にして食べたのですが、今思うと恐ろしい。。寄生虫がいたりするんですよねぇ。。


ナマズの大群? その姿って?。。 恐いなぁ。

投稿: yume | 2007.05.28 21:02

ナマズを食べたんですか?
私は食べたことが無いのですが、聞けばウナギより旨いとか。
ビワコオオナマズは一般的に普通のナマズよりマズイと言われていますが、もし食べたナマズが旨かったら普通のナマズの大物だったのかも?
西日本のある川で普通のナマズで103cmの大物が釣られたことがあるようですが、もし、この食べたナマズが普通のナマズでメーター級であったら記録物ですよ。

投稿: ナマズ好き | 2007.05.29 00:20

☆yumeさん、そのお話、前にうかがった事がありますが、確かに淡水魚を刺身にするのは要注意で、わしもブラックバスはよく食べましたが、必ずフライパンで火を通しましたね。
しかし、聞くところによるとビワコオオナマズは、ほとんど味がないそうです。どんな味でした?

☆ナマズ好きさん、ナマズ料理、琵琶湖博物館のレストランの看板メニューで、唐揚げにしたものをわしも食べました。まあ、普通のナマズで、味は普通の白身魚でしたね。

投稿: 龍3 | 2007.05.29 03:17

>刺身
淡水魚を生食するのは大変危険です。
天ぷらや塩焼きでも、火の通りが悪くて寄生虫に感染したという話も聞きます。

投稿: Bach | 2007.05.30 06:56

☆Bachさん、わしの郷里、長野県南部では伝統的には淡水魚料理がメインなのです。昔はそれこそ、鯉の甘露煮ばかりだったんですが、マスやイワナの刺身なども近頃はちょくちょく見ます。あれ、どうなのですかね?

投稿: 龍3 | 2007.05.30 23:41

加熱若しくは冷凍(24時間くらいは)した物以外は危険でしょう。
養殖物は危険が低いかも。
どんな状況で養殖してるのかわからんので断言はできないけど。
サケ・マス類は主な寄生虫は広節裂頭条虫、日本海裂頭条虫が考えられます。ほかには顎口虫、吸虫類、海降型のものならアニサキスなんてのもいますね。
あ、”ますのすし”は最近需要が多く神通川で取れる物では追いつかないので北海道だの北欧だのの長期冷凍して運ばれた物なのでだいじょうぶらしい。酢でしめてるしね。
海の物だろうと山の物だろうと生食は危険を伴います。
火という物の発明・発見の意味をかみしめつつ生食は自己責任で。

この情報も”生食”は危険です。本人の記憶だけで書いてます。
各自裏付けは取りませう。

投稿: Bach | 2007.06.01 00:57

☆Bachさん、おおきに。
なるほど、自己責任、ですね。
考えてみると、鯉や鮒の洗い、鮎のせごしとか、昔から結構川魚、生食されてますが、危ないことは危ないのですな。
琵琶湖にはビワマスという立派なサケマス科の魚が居て、これも産卵前の7・8月は脂が乗って、刺身にするとマグロの大トロより美味いそうですけど、やはり・・・

投稿: 龍3 | 2007.06.01 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/15226035

この記事へのトラックバック一覧です: 街中の大ナマズ:

« 忍神しました | トップページ | 大徳寺 興臨院 »