« 別blogで小説を連載します | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの »

2007.05.02

花桃咲き乱れるふるさと

0705iida_0341
3日間ほど、故郷の飯田へ行っていたのだが、この季節、わがふるさとの谷はこの「花桃」に彩られていた。なかでも国道256号沿いには、必ず視界にこの花があって驚いた。

0705iida_0241
わしは今年になってやっとこの花の名前を知ったのである。今までは「なんだか、梅だか桜だか桃だかわからんけどえらく派手な花」だったのだ(苦笑)

0705iida_0281
母を乗せて、飯田から清内路村までドライブしてみた。この村こそが「花桃街道」=国道256号の地である。
ちょっと聞きかじったところによれば、この白赤ピンクの3色を一本で咲かせる木はもともと外国産で、木曽のダムに初めて移植され、そこから広まったとのこと。わしの子供の頃には、飯田・伊那谷では観る事がなかったと思う。

0705iida_0261
こういう単色の樹もけっこうある。

0705iida_0371
「花桃街道」では、苗木もあちこちで売っていて、飯田下伊那=伊那谷中に一気に広まってきた感じ。実は、うちの母も近年買って、庭に植えていたと昨日知った(笑)
昼神温泉郷にも、集中的に植えられた一画があって、さながら桃源郷のごとし。

しかし、綺麗なことは綺麗なんだが、なんだかなあ・・・造った花みたいで、なんか情趣に欠けるような気もするんだがなあ・・・

|

« 別blogで小説を連載します | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの »

コメント

この花、"散歩道さん"のところでも拝見しました。
一つの花が徐々に色を変えていくのではなく、白い花は白、赤い花は赤、絞りになったのもあったような・・・で、一本の木にそれぞれが同時に咲くのでしょうか?

投稿: winter-cosmos | 2007.05.02 22:15

☆winter-cosmosさん、ええ、最初から白は白と、くっきり色が分かれて同時に咲いています。絞りのような、白に赤が散ったような花もありました。どうもそのくっきりはっきりした色使いが造花みたいでいまいち、わしは馴染めないところもあるんですが、とにかく、この花は我が故郷でブームのようです。

投稿: 龍3 | 2007.05.03 01:00

「花桃街道」 名前がいいじゃないですか。。

この花 御所でも見かけました。
私も実は花の名前、花に疎いんですよ。

おかあさん お元気になられて良かったですね。
息子と一緒にお花見なんて。。さぞからお喜びのことでしょう。

投稿: yume | 2007.05.04 20:59

☆yumeさん、ありがとうございます。せっせと親孝行に通っております。なかなか、一緒にいると喧嘩みたいになることも多いんですが(苦笑)

投稿: 龍3 | 2007.05.05 04:58

一度だけ清内路村に行ったことがあります。南木曾の友人宅から高速バスで東京に帰るためでした。結構、峠の交通が盛んなので感心した思い出があります。

投稿: takebow | 2007.05.05 17:02

「なんだか、梅だか桜だか桃だかわからんけどえらく派手な花」
にものすごくウケて笑ってしまいました(笑)
一つの木に2色までは見たこともありましたが、3色にはびっくりです。
造った花みたいと龍3さんがおっしゃるのも何となくわかるような(笑)
でも、やっぱり本物を見てみたいです。興味津々。

投稿: | 2007.05.06 22:36

☆takebowさん、峠の交通、わしはほとんど経験してないのです。
木曽へ行ったのも、小学校時代に団体旅行したのが1回、高校時代に仲間とハイキングへ行ったのが1回、嫁さんとバイクで京都から長野県一周したのが1回、以上終り!(苦笑)
清内路も、随分久しぶりでした。花桃が溢れていてやけに明るい山村でした。

☆蒼さん、なんにしろ、ウケていただけると嬉しいのであります(^^)
実はこの花、山科でも見つけました。もう散ってしまっておると思いますが。

投稿: 龍3 | 2007.05.07 01:16

winter-cosmosさんにご紹介を戴いてやって参りました散歩道と申します。
「花桃」と言うのですね、白に紅に絞り、実にカラフルな花でした。
信州・長野の方では限られた所でしか見ることが出来ませんが、青空に映える実に見事な彩です。機会がありましたら善光寺の方にも足をお運び下さい。ありがとうございました。

投稿: 散歩道 | 2007.05.11 13:24

☆散歩道さん、ようこそ!
善光寺のほうには二度ほど訪ねた事があります。いずれも慌しい訪問で、ゆっくり観光した事がないのが残念。散歩道さんのところでじっくり見せていただければありがたいですね。
北のほうと南のほうでは、長野県と言うてもずいぶん風土が異なりますな。
花桃、とにかく伊那谷の南のほうでは、華やかに4月から五月の景色を飾っております。

投稿: 龍3 | 2007.05.12 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/14921572

この記事へのトラックバック一覧です: 花桃咲き乱れるふるさと:

« 別blogで小説を連載します | トップページ | 小説の挿絵、のようなもの »