« 携帯電話から | トップページ | 花桃咲き乱れるふるさと »

2007.04.27

別blogで小説を連載します

一部の方には「こんなのを書く・・・」と漏らしていましたが、このほど、新しい小説を、別blogで書き始めました。

こちらです↓
http://blog.livedoor.jp/ryu3shosetu1/

タイトルは 「醜斑(シコブチ)神―琵琶湖水妖記―」

☆以下は、執筆開始に際しての、心構えというかご挨拶、ならびに宣伝紹介です。

小説を書き始めるには、ありとあらゆる言葉の中から、たった一つを選ばなければならない。
そして、幾通りも考えた冒頭のシチュエーションから、目をつぶるようにしてたった一つを選ぶ。
心躍る冒険である。

青春時代にやってきてから、ずっと「よそさん」として京都に住んできたが、お隣の滋賀県=近江のことも気になっていた。
とりわけ、民俗伝承や、古代遺跡の印象が、近江の場合、ロマンの香り高いのである。
加えて、豊かな水を湛える琵琶湖の豊穣な物語性。深遠に潜む古怪な生物の神秘。
そんな、滋賀・近江の・古伝承・水棲生物・遥かな水脈と古族の血脈をわしの脳裏で混じり合わせるうちに、一つの奇怪な物語を紡ぎたいと思った。

琵琶湖安曇川水系に潜む「シコブチ神」の伝承
渡来人、安曇族、石仏文化
ヴォーリズの洋館
湖底の遺跡
彷徨える湖底の死者の伝説
湖北に多く残る十一面観音像
十一面観音の化身とされる宝誌和尚の伝説
・・・などがキーワードとなる。

文字だけでなく、イラストとか写真とかもなるべく付けたい。
読んでいただいた方には、感想など、どんどんコメントを書き加えて欲しい。
では!

|

« 携帯電話から | トップページ | 花桃咲き乱れるふるさと »

コメント

新作連載おめでとうございます。楽しみに読ませていただきます。
思古淵神に醜斑の字をあてたのは秀逸。それとも元々そんな表記もあったのでしょうか?いずれにせよ怪しいイメージが想起される字面。一大伝奇を期待します。

投稿: バッタもん | 2007.04.27 09:01

例の伝奇小説がいよいよ始まりましたね。
挙げられているキーワードを見る限り、果たしてどのような物語が展開されていくのか検討もつきませんが、とにかく面白そうですね。愉しみに拝読させていただきます。
それにしても土耳古コーヒーを飲みながら龍3さんからお話を伺った宝誌和尚の木像、最近写真で拝見しましたが凄い迫力ですね。実物のパワフルさはさぞやでしょう。こんな異形の(異形でなくても)名作仏像フィギュアのシリーズ出ないかなぁ。なんか、思わず仏師やフィギュア作家に憧れてしまいました。
このさき、十一面観音の化身とされる宝誌和尚の伝説がいったいどう絡んでくるのかも楽しみです。

投稿: 次元ジプシー | 2007.04.27 22:11

あちらに、コメントを入れたのですが、エラーになって書き込み出来ません・・・涙。
ので、こちらに転載させていただきます。
もし、書き込みできているようなら、お手数ですがこのコメントは消去してください。

連載開始おめでとうございます!
いや・・・おめでとうじゃないか?!
記念すべき第一回目ですね。
興味深く詠ませていただきました。
これは、推理小説ですよね?
どういう風に話が展開して、どんな人物が出てくるのか楽しみですw

投稿: よりりん | 2007.04.28 00:27

☆バッタもんさん、ありがとうございます。あっちにもコメントいただいておおきに。
それにしても、そのハンドルネーム、もうちょっとなんとか・・・(苦笑)

☆次元ジプシーさん、ありがとうございます。宝誌和尚像、御覧になりましたか。あれは物凄いインパクトですよね。あんな迫力を文章にも、などと意気込んでおるのです。大体結末まで構想は出来ておりますが、どうなっていくのかは、今までネットで書いた小説のほとんどが作者にとっても意外な結末でしたからどうなりますやら。

☆よりりんさん、ライブドアのほうの不調で書き込みが出来なかったようです、申し訳ありませんでした。
推理小説というよりも、伝奇ホラーというモノになると思います。なにしろわし、推理のトリックを考える頭がありませんで、ひたすら文章のチカラ技に頼る乱暴な小説家でして(苦笑)。

投稿: 龍3 | 2007.04.29 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/14859087

この記事へのトラックバック一覧です: 別blogで小説を連載します:

« 携帯電話から | トップページ | 花桃咲き乱れるふるさと »