« 飯田の名桜その2・石塚桜 | トップページ | 春宵値千金 »

2007.04.08

飯田の名桜その3・安富桜

0704iidasakura_0421
飯田の名桜、というても、3つしか見れなかったので残念なのですが、ラストのこの樹は、まさに飯田の桜を代表すると言ってよい名木。かつては長姫(おさひめ)の江戸彼岸と呼ばれ、樹齢450年以上が確実という、神の如き桜です。

0704iidasakura_0461
安富桜(やすとみざくら)の名前の由来は、飯田潘の家老・安富家の屋敷に在ったからだそうです。近代になるとここは県立長姫高校の構内となり、長姫高校が移転したのち、今は飯田市美術博物館となりました。数々の変遷を見ながら生きてきたこの樹。雄大に枝を張り、根元に熊笹を繁らせ、力感溢れる幹がたくましくて見惚れるばかりです。

0704iidasakura_0481
古木なのに至って生命力旺盛で、支柱の一本もありません。健やかな巨神という感じ。

0704iidasakura_0611
花の色も清らかで艶があります。

0704iidasakura_0621
やたらに凝った設計であまり評判のよくない美術博物館の建物の前で、堂々と聳え立ち、燦爛と花を輝かせていました。
こんな樹に、花に会えて、この春は幸福です。

|

« 飯田の名桜その2・石塚桜 | トップページ | 春宵値千金 »

コメント

すばらしいの一言。ぜひ木肌に触れたい。生命力が伝わってきそうですね。

投稿: takebow | 2007.04.08 15:21

美しさと逞しさの共存、素晴らしいです。
力強い幹を見て涙ぐみそうになりました。
命ってすごいですね・・・。

投稿: | 2007.04.08 21:12

これまた立派な桜ですね!!
幹がまたすごい!!
太いな~しみじみ。。。

龍3さんのお里の付近は、立派な桜が多いのですね(笑)。
今日は、やっと奈良公園の桜を見に行くことができました。
昨日今日がソメイヨシノのピークのようですね。
すごい渋滞でした・・・汗。

投稿: よりりん | 2007.04.08 22:39

☆takebowさん、ほんまに素晴らしい樹なのです。残念ながら、根回りに柵があって、木肌に触れることは出来ませんが、やはり大切にしていきたいですからね。

☆蒼さん、まさに美しさと逞しさの共存ですね。こういう人格ならぬ樹格を感じさせてくれる樹、圧倒されます。神と奉りたい気分ですが、あの注連縄を張り巡らすのはあまり好きでないので、この樹はその点でも良いなあ。

☆よりりんさん、そうでしょう。この幹の凄さ。
わしも、こんなに沢山立派な桜があるとは知りませんでした。他にも名前のついた名物桜が10ほどもあります。いつか全部見て回りたいものです。
やはり、奈良公園は混んでおりましたか?今日は、京都も花見見物の大混雑だったに違いありませんが、うちは選挙と買い物に行ったくらいでした(苦笑)

投稿: 龍3 | 2007.04.09 01:00

なんとも神木の桜のようですね。
この近くには
へんてこりんな箱物は
邪魔です。

投稿: 松風 | 2007.04.09 23:48

☆松風さん、安富桜の素晴らしさはともかく、この美術博物館、どこかほかでも見たような感じがすると思っていたのですが、今調べてみたら、京都駅ビルの設計者・原広司氏がこれも設計していたのでした。
山脈をイメージした、でこぼこした外観はほんま,よく似ていますし、内部の空間もたっぷりで、やはりなあと思わせます。
わし、京都駅ビルはあのあたりの景観に良くマッチしていると思うのですが、こっちの美術博物館が安富桜に似つかわしいかというと・・・

投稿: 龍3 | 2007.04.10 09:05

一度「飯田」に行って見ねば。。と思います。
この春 青春18切符の旅のテーマは「煉瓦建築」でした(自然にそうなってしまったのですが。。)
でも、今度の夏こそ、飯田線を回る旅をします。

投稿: yume | 2007.04.10 16:18

☆yumeさん、前回飯田へ行かれると行っておられた時は、水害で飯田線が不通になってしまってたように記憶しております。
昔に比べると、飯田線は本数も減り、長距離の便もあまりなくて、不便だと思いますが、魅力溢れるローカル線であることは間違いないです。
飯田の観光は、車があると便利ですが、タクシーもこの春「飯田の桜めぐり」を熱心にやっておりました。

投稿: 龍3 | 2007.04.13 00:39

京都に居ながら飯田の3名桜を堪能させていただきました。
巨樹の魅力、すごいですね~。
根尾の薄墨桜等、各地の名のある桜を見てみたいと思っていますが、なかなか一人で行くには不便だし、団体旅行で行く気にはならず・・。
少し念願がかなったような気がします。ありがとうございました。

投稿: vivasan | 2007.04.14 18:48

☆vivuasanさん、そうですね、各地の名のある桜、樹齢2千年とか物凄いものがあると聞くと、見て見たいと思います。
わしは飯田にいたころはほとんどそういうものを見ず、南信州一著名な「高遠の桜」すら、未だに未見なのですが、この春はいろんな条件が重なって観る事が出来ました。
その代わり、京都で半端な桜を見ても堪能できなくなって、ちょっと困っております(苦笑)

投稿: 龍3 | 2007.04.16 09:06

ひぇ~~~!
これはまた立派な桜木♪
こんなのが飯田にはあるのでございますか。
感動ーっ!感動ーっ!感動やぁーっ!
お花見の出来なかったわたくしは、この神の如き桜でもう充分満足でございます!!
凄いわぁ~

投稿: れこりん | 2007.04.16 22:00

☆れこりんさん、ほんとうに、わしも感動しました。
何度か、花の季節以外にここを訪れていたのに、気がつかなかった自分が恥ずかしい、とても立派な樹です。
京都ではあまりまともに花見の出来ないまま、花の季節が過ぎていきますが、わしも、飯田の桜だけで結構満足しているのでした。

投稿: 龍3 | 2007.04.16 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/14596717

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田の名桜その3・安富桜:

« 飯田の名桜その2・石塚桜 | トップページ | 春宵値千金 »