« 二重写しの京都・下鴨神社(2) | トップページ | 山科の毘沙門堂 »

2007.02.08

二重写しの京都・下鴨本通

0701simokamo_0441
下鴨神社の西側を南北に走る、下鴨本通は、わしにとっては馴染みの道であった。
ここに、「京都プリンスホテル」というホテルがあったが、これは岩倉にある「京都宝ヶ池プリンスホテル」とは縁もゆかりもなかったそうで、2000年に営業を終え、今は跡形もない。
わしはこのホテルの屋上ビアガーデンで友人10数人と飲んだ事がある。当時の先生に連れて行ってもらったのだが、「支払いは任せろ」と太っ腹だった先生が、請求書を見て青くなり、皆で慌てて出し合ったというほほえましい記憶が(笑) 
あと、「加茂みたらし茶屋」の近くの「からふね屋 下鴨店」にしばしば行った。当時、深夜営業の店が京都には数えるほどしかなくて、非常に重宝したのである。この店も今はなくなってしまった。
ほかにも、老夫婦でやっていた小さな洋食屋とかもあったのだが、そのレトロな雰囲気は「グリル生研」に残っている。「生産開発化学研究所」というやたら理系っぽい名前のビルの一階にある老舗洋食店で、下鴨神社で結婚式をすると、ここで披露宴をさせてもらえるとのこと。
しかし、そんな懐かしい匂いに取って代わり、いまや、下鴨本通は「パティスリーなんとか」とか京懐石の料亭とか、堂々たるお店が並んでいて驚いた。そのどれも新築ながら古いヨーロッパの町並みみたいな洋風に洗練された建築である。
この通りをどんどん北に歩いて北大路を越えれば、「京都ギリシアローマ美術館」とかもあるし、北山通に至れば、モダンだったり前衛だったりという建物がずらり並んでいる。まるで「欧米か!」である(笑)。

|

« 二重写しの京都・下鴨神社(2) | トップページ | 山科の毘沙門堂 »

コメント

こんばんは。TBさせていただきました。グリル生研会館は満足度の高いレストランなので、ちょくちょく食べに行きます。ちゃんとした食事を出し、心のこもった接客をしてくれるお店ですね。

京都プリンスホテルは●一教会の関連企業だそうで、私はなにやらびびってしまい、一度も行かないまま閉鎖されてしまいました。話の種に一度ぐらいは行っておくんだったと後悔(?)しています。

下鴨神社を通り抜けると、いつも近所の小さな子供たちが糺の森の公園で遊んでいて、こんな遊び場がある子供たちは本当に幸せだと思うのです。

投稿: antoinedoinel | 2007.02.09 02:48

からふね屋、懐かしいです。良く行きました。小生の場合は三条のお店でしたが。

投稿: takebow | 2007.02.09 23:00

☆antoinedoinelさん、コメントにトラックバック、ありがとうございます。やはり、グリル生研は知る人ぞ知る美味しいお店なのですね。
京都プリンスホテルが、統一教会に買収されたのは1985年ごろという噂でした。わしがビアガーデン利用したのはそのかなり前でしたな。

下鴨神社の境内、わしは剣道やってたもので、木刀の素振りなどやっとったこともあります。あそこを遊び場に出来る子どもたちは、ほんまに羨ましいなあと思いますよ。

☆takebowさん、からふね屋、今も熊野神社店とか、国立京都博物館店とか昔どおりにやってますが、スタバみたいな形の、「ホリーズカフェ」というお店を重点的に展開してますな。

投稿: 龍3 | 2007.02.10 00:29

幼い頃親に連れてってもらった京都は国鉄京都駅前の近辺だったり、四条界隈だったり。青春時代に訪れるのは当然 河原町界隈。

下鴨本通の昔の姿を知らない私にとって龍3さんのお話は貴重です。

そういや、2年位前、そのあたりの「のらねこ」ってお店でトルコライスを食べたことありました。
グリル生研も何かの本で読んだことがあり、いつか行きたいと思っている場所です。

投稿: yume | 2007.02.10 21:57

yumeさん、昔話、お役に立ちますでしょうか?そう言ってくださると書くパワーも膨らみます。おおきに(^^)
グリル生研は、下鴨神社の結婚式披露宴などで、貸切になるときも結構あるそうですよ。

投稿: 龍3 | 2007.02.10 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13834394

この記事へのトラックバック一覧です: 二重写しの京都・下鴨本通:

» グリル生研会館 [小人閑居日記]
グリル生研会館は下鴨の生産開発化学研究所の一角にある。私は1ヶ月ほど前に人に連れてきてもらうまでその存在さえ知らなかったが、有名な店らしい。 昭和33年の開業だそうだが、店の内装もその当時から何一つ変わっていないのではないかと思えるほど「昭和」な雰囲気である。もし店内にテレビがあったとしたらそれはチャンネルをガチャガチャ回す白黒テレビで、その中では植木等がスーダラ節を歌っていそうな雰囲気だ。 今日の日替わりランチはシーフード(白身魚とホタテ)のフライで、これにライスと、コーヒーか紅茶がついて... [続きを読む]

受信: 2007.02.09 02:25

« 二重写しの京都・下鴨神社(2) | トップページ | 山科の毘沙門堂 »