« 智積院・法住寺の梅花 | トップページ | 京都も飯田も春景色 »

2007.02.16

京都案内本の真贋

京都ブーム、「京都検定」人気の余波、いろいろあって、書店の「京都コーナー」はどんどん本が増えていくようである。

わしが京都に来て、ともかく京都のことを知らねばと思って買った本の一つが
岩波新書・青版の「京都」で、林屋辰三郎先生の名著である。
1962年に第一刷が発行されて以来、版を重ねて今に至るも読み継がれている。

その冒頭を引く。
「 御池
 京都は、神泉苑からうまれた。そういっても京都をおとずれる人々に、神泉苑の名はあまり耳なれたものではなかろう。いや京都に住む人々にも、このごろはさほど関心をもたれてはいない。しかし御池といえば、京都を知る人なら誰でも知っているはずである。その通りには京都市民のための市役所もあれば、京都訪問客のための著名なホテルもある。そのうえ戦後、疎開跡を利用して道幅をひろげてからは、祇園会の山鉾巡行路ともなって、一躍その名を高めた。」

さて、次に引用する文章は、2004年10月に発行された、京都を案内する本の一節である。

「 神泉苑
京都のルーツ
 京都は神泉苑から生まれた。そういわれても神泉苑の名は余り耳慣れないものかもしれない。しかし「御池」といえば、京都の人なら誰でも知っているに違いない。単に御池と呼ばれ、古来親しまれてきた名園である。二条、三条といった京都洛中の大路の真ん中にあるのが御池通で、戦後は祗園祭りの山鉾巡航路となって一躍その名を高めた。」
 

一目瞭然、ほとんどそのまんまパクリである。
しかも、よく知られた名著の冒頭をいただくという大胆不敵さ!
わしは呆れ果てたのであるが、ふとわが身を振り返って思うところがあった。
わしも、京都の案内をブログに載せている。寺社や名所の由来などを綴るとき、先人の著作を参考にするのは当然である。
そのとき、データを引く程度なら許されるであろうが、文章をそのまま盗み、あるいはあちこちから切り取ってきてつぎはぎして、自分の創作のように披露し、得意になっていないか?
固く自戒せねばならぬと思った。

京都の名所案内の本は、江戸時代から沢山出ていて、一つヒット作が出るとその海賊版みたいなものが続々と出たようである。
現代は手軽なガイドブックや地図を兼ねたムック本、イラスト本から、花の名所や美術や骨董や庭園やらの専門的な案内書まで、百花繚乱状態。
インターネットのHP、そしてblogもまた京都関係のものがたくさんある。
わしのblogなどは偏向がはなはだしく、忸怩たるモノではあるが、限りなく良心的でありたいと思う。

|

« 智積院・法住寺の梅花 | トップページ | 京都も飯田も春景色 »

コメント

思わず、自分のブログの「神泉苑」のエントリーを確認してしまいました(爆)。
この文章見たことある!と思ったのですが、自分がパクッた文ではなかったようです・・・ホッ。
どっかで読んだんでしょうね・・・。
おっしゃるように、紹介文載せるときは、なるべく短くてでもよくわかるようにと思って、なかなか苦心しますね。
私も、気をつけよう。。。

ところで、↓で観梅やめるとかいいつつ、結局、観梅もしたうえに、美術館2軒ハシゴしてきました。
アップがおいつかない・・・汗。

投稿: よりりん | 2007.02.17 03:26

これはひどい。
(でもはるかに林屋先生の文章がすぐれていることは、一目瞭然ですね)
もしもほかのかたの文章を参考にするときには、典拠をかくのが礼儀です。
これでは著作権の侵害です。
拙稿においても被害にあった経験を持ちます。
怒りと屈辱感を強く感じました。
逆に侵害をしないように自戒させていただきます。

投稿: もちや | 2007.02.17 13:14

私の場合、だいたいパンフレットやその場で受けた説明、立て看板といった言わばお寺の公式見解をベースに記事を書くのが多いのですが、だいたいパンフレットに書いてあることや説明なんていい加減(お寺に伝わる伝承の少なくない部分は、そんな程度だと言い切って良いと思います)なので、ネット上を調べて記述の真偽を確認したりするのですが、京都人ブロガーと思しきブログで、『京都観光文化情報システム』あたりのデータを丸写ししたような記述を見つけて思わずのけぞってしまったことがあります。

ただ、私もあまり調べものに熱中しすぎると、気が付くと文章が切り貼りみたいになっていないことがないともいえないようなことがあるので、引き移しをしていないかなど、きちんと読み返して確認しておきたいところですね。

投稿: karesansui | 2007.02.19 21:47

ひゃぁ~
わたくしのような凡人には全く気が付きませんですぅ^^;
自慢じゃないですが、まず覚えていることが無い!!
「トンネルを抜けるとそこは雪国であった」
というのは覚えていますが(笑)
でも著作権侵害は腹立たしいことですよね。
わたくしも以前、自分が作ったホームページを文章も画像も丸写しされた経験があります。
「どう見ても丸っぽパクリやろ!!」と
腹が立って、電話をしたら逆に開き直られ裁判するのも面倒なので泣き寝入りしたんですよ(>_<)
ま、その後良心の呵責に苛まれたのか作り直したみたいですが
著作権は気をつけなければいけないですね。

投稿: れこりん | 2007.02.19 21:59

この記事をアップした直後、急用により飯田へ直行しまして、一週間ご無沙汰しました。レス遅れて申し訳ないです。

☆よりりんさん、次々アップされるので、わしはなかなかそちらの記事全部に目が通せなくて残念だったのですが(^^;)観梅に美術館のハシゴは羨ましい限りです。またゆっくり見させていただきます・・・当分無理かな(涙)

☆もちやさん、ひどいと思うでしょ?で、この盗作犯の犯行は一件だけじゃないんですよ。頭にきてちょっと調べたらもう、ずらずらと・・・しかし、そんなものに関わってる時間が惜しくなってやめましたが(苦笑)

☆karesansuiさん、おっしゃるとおり、わしもパンフレットや案内板の文章がいい加減な事が多いのに呆れた記憶がありますが、いざ自分が書く段になると、まるっきり記憶が間違いだらけなのにまた呆れます(苦笑)活字になっている事は大概信用しがちですが、そうじゃないのですよね。気をつけねば。

☆れこりんさん、「著作権侵害、パクリ」、というものは「わかっていてこっそり、あるいは堂々とやってしまう人」と、「そういうことがいけないということがわかっていない人」がいるんですよね。開き直った人がどっちなのかわかりませんが、いずれにしても腹立たしいご経験でしたね。
わしも小説書き始めた頃は、好きな作家の真似が多かったです。もちろん丸写しは気をつけてましたけど、今も常に自戒せねば。

投稿: 龍3 | 2007.02.24 00:40

ブログ記事を書きつついつも気になっている事です。
自分の力で一から、お寺、神社。。。について調べるのは無理な話で、どこかを参考にするしかありませんね。
何事もそう。先人の調べてくださったことを元にどんどんと知識を吸収していきます。

要は、自分の言葉で自分の文章で自分のものになった知識をブログアップするのが一番いいのだと思うのですが、そこまで「自分のもの」になってなかったりします。
自分のものにならないまま、ブログ記事にすると余計わかりにくいないようになってしまったり。。

私は、どちら様かのブログを引用するときは、せめて文字の色を変え車体にするようにしています。

投稿: yume | 2007.03.07 21:52

「車体」ではなく 「斜体」です。
すみません。。

投稿: yume | 2007.03.07 21:53

☆yumeさん、引用をはっきりとわかるよう表示するのは、とても良心的だと思います。わしも斜体など、見習おうかな。

投稿: 龍3 | 2007.03.09 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13929342

この記事へのトラックバック一覧です: 京都案内本の真贋:

» 骨董に関する情報満載! [骨董案内サイト]
骨董に魅せられた皆様に少しでもお役に立てればと、当サイトでは骨董に関する様々な意見や情報のブログを集めています!ぜひご覧になってください!! [続きを読む]

受信: 2007.03.14 19:08

« 智積院・法住寺の梅花 | トップページ | 京都も飯田も春景色 »