« 京都と飯田・行ったり来たり | トップページ | 飯田の雪景色 »

2007.01.12

梅一輪

07hatuume
10日にやっと京都に戻ってきて、一息つきました。
今日、12日に今年初めて詣でた京都のお寺で、梅が一輪ほころんでいるのを見つけて、嬉しかった。

07sinnen_0321
場所は東山七条の智積院です。うららかな陽射しの中、変わらぬ静けさの境内。

さて、これから年賀状の返事を書きます(汗)
まるっきり浦島太郎状態でして、溜まりに溜まったいろんなことに、今日から頑張らねば。
そんなわけですが、皆様、今年もよろしうお願いします。

|

« 京都と飯田・行ったり来たり | トップページ | 飯田の雪景色 »

コメント

龍3さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致しますね(^_-)-☆
お母さまの具合、落ち着かれたのでございますね。
良かった(^^)

投稿: れこりん | 2007.01.12 21:32

真言宗智山派の大本山。お山はさすが、立派ですね。
わが豊山派の長谷寺とは違いますね。
学生時代の先輩が小生の陋屋に泊まって行った日の梅一輪。
何か「縁」というモノを感じております。

投稿: takebow | 2007.01.13 11:16

オカエリなさい。
お疲れ様でした。

智積院は、いくつもりしていますが、いつになるやら・・・。
梅が一輪・・・いい感じですね!
龍3さんの帰京を祝ってくれてたんでしょうか。。。
今年も、どうぞよろしくお願いします。

投稿: よりりん | 2007.01.14 16:37

龍さんおかえりなさい。お疲れ様でした。
穏やかな京都のお出迎えです。

今年は年賀状の配達が異常と言う位に遅かったんです。(大津だけかな?) 12/20過ぎに出した年賀状も元旦に届かなかったという始末。
そんなわけで今から年賀状の返事を書いても大丈夫ですよ。

投稿: yume | 2007.01.14 16:57

そういえば昨日は
通し矢があったのですよね。
成人式の日が変わってどうも
浦島太郎ではないですが
式がわからない。
智積院の梅も見たかったのだけれど
この日は、大阪の池田へ行ってました。

投稿: 松風 | 2007.01.15 22:16

☆れこりんさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
母は程なく退院できそうですが、そうなったら家での介護のため、また飯田に行くつもりです。まだまだ安心できないものの、やっと気分的には落ち着いてきましたよ。

☆takebowさん、智山派と豊山派は江戸末期に分離した、ということは京都検定のテキストに載っていて知りましたが、それ以上のことを知らない不勉強さです。疲れて癒しを求めて詣でたら、梅が咲いててくれたことに、ありがたさを感じた日でした。

☆よりりんさん、おおきに。
お坊さんが気持ちよく挨拶してくださったり、梅や桔梗の花が心豊かにしてくれたり、ここでは良い気持ちになれる経験ばかりです。なかなかこういうスポットって、ないんですよ。

☆yumeさん、おおきに。
ほんまに穏やかな京都で、ほっとしております。
年賀状は飯田でも遅かったですし、京都でもそうらしいです。しかし、お年玉年賀葉書の抽選が済んでから投函しているわしは、冷や汗書かざるを得ないですよ(苦笑)

☆松風さん、そうそう、通し矢のニュース、テレビでも新聞でも振袖姿の新成人の乙女たちが華やかに弓を引いてましたね。東山七条が一年で最も賑わう日の一つだったでしょう。そういう日に限ってわしは縁がないんですが(苦笑)。梅はこれから、ですね。

投稿: 龍3 | 2007.01.15 23:39

龍3さん、たいへんおそくなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。今年は暖かいのでもう梅の花が咲き出しているのですね。お母様も退院されるご様子ようございました。

投稿: piita | 2007.01.18 00:44

龍3さんこんにちは。梅本当に綺麗ですね。
お母様一日も早く元気になりますように。
龍3さんもお疲れ出ませんようにくれぐれもご自愛下さい。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: わか | 2007.01.18 16:37

☆piitaさん、あけましておめでとうございます。今年もどうかよろしゅうお願いします。
飯田から戻って、なにやら気力体力が失せておりましたが、ようやく元気を回復してきました。しっかり歩き回り、写真も、と思っております。

☆わかさん、ありがとうございます。今年もよろしゅうお願いします。
梅は春の先駆け。今年もあちこちで色と香りを楽しませてくれるでしょう。

投稿: 龍3 | 2007.01.18 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13453653

この記事へのトラックバック一覧です: 梅一輪:

« 京都と飯田・行ったり来たり | トップページ | 飯田の雪景色 »