« 梅一輪 | トップページ | 冬の知恩院 »

2007.01.16

飯田の雪景色

07sinnen_0291
病院と実家の行き来の毎日に、なにより慰めとなったのは、ふるさとの山の変わらぬ美しい景色であった。
穏やかな正月で、空も澄んでいた。

07sinnen_0241
しかし、二日ほど雪の日があり、10数センチは積もった。家の前の雪掻きをしなければならないが、それでも豪雪地帯に比べれば、何ほどのこともない。

07sinnen_0271
病院からの帰り道、夕闇の中の風越山は雪雲を背にしてかなり凄愴であった。飯田もときに、ゆきのまちとなる。雪景色の中に点る家の明かりが、なんとも懐かしいのはなぜだろう・・・

|

« 梅一輪 | トップページ | 冬の知恩院 »

コメント

素晴らしい景色ですね!
でも、寒そうだ・・・汗。
一枚目の青空に雪景色というのがきれいなのですが、なぜか最後の夕闇の迫る雪景色に惹かれます。。。

投稿: よりりん | 2007.01.16 10:29

寒そ~~~~ブルっ!
わたくしも夕闇の雪景色に心惹かれますねぇ

投稿: れこりん | 2007.01.17 20:20

故郷の山に向かひていふことなし、故郷の山はありがたきかな。

投稿: takebow | 2007.01.17 22:30

あぁ~ やっぱり信州だなぁ。山が遠い。広々としています。

雪景色、綺麗ですね。
なんとも神秘的な夕刻の景色。。

いいところでお育ちになられたのですね。

投稿: yume | 2007.01.17 22:43

☆よりりんさん、ええ、飯田は長野県にしては温暖なのですが、京都より気温は格段に低いです。夕闇迫る山は、なまな自然の猛々しさが感じられて、迫力でしょ。

☆れこりんさん、寒さのあまり、行動が面倒になって冬はいけませんねえ。れこりんさんところを覗いて、元気をもらいます(^^)

☆takebowさん、まったく、故郷というものは、ありがたいものです。

☆yumeさん、遥かな山脈に囲まれ、夢見たものは、なんだっただろう・・・と想いおこしております。京都もだんだんに、ふるさと、になりつつあるのかなあ・・・そして、近江・滋賀、琵琶湖の景色も、わしは大好きなのですよ。

投稿: 龍3 | 2007.01.18 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13510669

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田の雪景色:

« 梅一輪 | トップページ | 冬の知恩院 »