« 冬の知恩院 | トップページ | 第三回京都検定1級・受験結果 »

2007.01.31

飯田の風情

070130_0371
ようやく母も退院できて、ひと段落つき、京都に戻ってきました。

飯田に居た間、一日だけ、旧市街を歩く機会があり、わしにとっては懐かしいような目新しいような、城下町の風情にちょっとだけ触れてきた。

070130_0231
長姫(おさひめ)城のもとに、城下町として発展した飯田は、規模は小さいが碁盤の目の町並み、掘割などを備えていた。そのままでいればさぞかし今も風情ある街だっただろうが、残念ながら昭和20年代に大火に見舞われて、古い建物をほとんど失ってしまった。
最初の写真は古い商店の土蔵を観光遺跡的に残してあるもの。そしてこの写真は旧市街から松川に下りていく「愛宕坂」に残る木造建築。城下町の遺構とは言えないが、このあたりは古い趣を感じるのである。

070130_0221
わしは、その旧市街から愛宕坂を下り、松川を渡った旧下伊那郡鼎町で生まれ育った。この写真が、愛宕坂からの旧鼎町の眺望である。わしにとって、旧市街はいわば「山の手」とも言うべき「ハイカラな街・飯田」だったのである(苦笑)。鼎が飯田市に合併されたのはわしが京都に来てからで、いまだにわしは、故郷を飯田というのがなんとなく落ち着かないのだ。

例に漏れず、飯田もまた旧市街は寂れ、郊外に出来た大型店が人を集めるようになった。水の便が悪くて田圃が作れず、桑畑と果樹園ばかりだった旧鼎町の高台にそうした大型店が次々と出来て、いまや24時間営業の店も幾つかある有様。
そんな状態への打開策らしく、旧市街に「トップヒルズ」という名前の高層建築が最近作られている。なんというかかつて飯田の目抜き通りに「銀座通」と付けたような情けないネーミングだが、さて、どうなっていくのであろうか・・・

|

« 冬の知恩院 | トップページ | 第三回京都検定1級・受験結果 »

コメント

風情のあって良い街ですねぇ。一度行ってみたいです。カミさんの実家が南アルプスの反対側なのですが、なかなか機会がありません。飯田までは行ったことがないですが、駒ヶ根から木曽駒ヶ岳に登ったことがあります。「○○ヒルズ」や「○○銀座」というのは全国に見られるんでしょうね。

投稿: takebow | 2007.01.31 10:13

龍さんおかえりなさい。
そしておかあさんのご退院おめでとうございます。
龍さん心暖まる献身的なご看病の賜物でしょうね。
暫く。。京都でのんびりと心身を休めてくださいませ。。

龍さんの故郷を愛する気持はこちらのブログに溢れています。
故郷を愛し、親を愛し、そして京都で作家活動をされている。
その根底がこの風情ある町風景なんですね。
いつまでもそのままで残っていて欲しいと願います。

投稿: yume | 2007.01.31 15:52

☆takebowさん、木曽駒ケ岳は、伊那谷一円の人間は大体中学2年のときに学校行事として登ります。わしも、とても鮮烈で爽快な思い出となっております。
飯田は風涼やかで綺麗な街なんですが、市街にこれという観光名物に欠けるのが惜しいところです。「リンゴ並木」はずっと健在で中学生が世話し続けているんですが、あれはリンゴが生っている時以外は、観てもちっとも面白くないしなあ・・・

☆yumeさん、ありがとうございます。
今日は切迫した用事があったんですが、「まーいいや!」と開き直って、下鴨神社など参拝し、のんびり過ごしてしまいました(わはは)
飯田の街には、いろんな思い出があります。しかし、どんどん変わって行ってるんですよね。他郷の人々の心に訴えられるものが、あの街にまだあるだろうか、探しています。

投稿: 龍3 | 2007.02.01 00:30

龍3さん、こんばんは!

お母さま退院されて良かったですね(^^)

一昨年、飯田市大瀬木というまちで美味しいお蕎麦をいただいたのを思い出しました。
南アルプスが間近に見えてとても素敵なところでした。

投稿: れこりん | 2007.02.06 21:50

れこりんさん、ありがとうございます。
南アルプスと、中央アルプスに挟まれた飯田で、「山の向こうにはなにがあるんだろう?」と思いつつ育ったわしです。いつまでもその好奇心を忘れずに行きたいです。

投稿: 龍3 | 2007.02.07 15:45

はじめまして。

通りすがりに懐かしい飯田・鼎の写真にひかれお邪魔しました。

私の母も鼎出身です、私自身も子供の頃身体が弱くよく母の実家で過ごしておりました。

従姉達と鼎小学校でラジオ体操したり矢高のお祭りに行ったり宝蔵寺で祖母と御詠歌の会に出たりといい子供時代を送りました。

母の実家は多分龍3様も飯田に上る時に前を通っていると思われる薬屋です。

3月辺りに祖母の一周忌で鼎に帰ります、愛宕神社の彼岸桜をゆっくり眺めてきたいと思います。

素敵な写真を見せて頂きありがとうございました。

投稿: まるまるひつじ | 2010.01.15 11:29

☆まるまるひつじさん、ようこそ!
鼎小学校のラジオ体操、矢高のお祭り、法蔵寺、どれもみな、わしにとっても思い出深いものばかりですね。

この間の年末年始の帰省でも、法蔵寺で除夜の鐘をつき、矢高神社に初詣に行き、鼎小学校の校庭で息子と雪だるまを作りました(笑)

飯田の桜も素晴らしいものがたくさんありますね。おととしだったか、4月初頭にいくつか見て回りました。
御祖母様を思いながら眺める彼岸桜は、さぞかし感慨深いものがありましょう。

素敵なコメントをいただき、こちらこそ、ありがとうございます。

投稿: 龍3 | 2010.01.15 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13725121

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田の風情:

« 冬の知恩院 | トップページ | 第三回京都検定1級・受験結果 »