« ありがたい一日 | トップページ | 梅一輪 »

2006.12.28

京都と飯田・行ったり来たり

06kure_0021


06kure_0051


12月19日に、実家の母が急病で入院したため、急遽飯田に帰省。
今日28日に京都にとりあえず戻ってきました。
しばらくは、京都と飯田、行ったり来たりの暮らしが続きそうです。
まあ、飯田でもネットカフェを見つけましたし、なんとか頑張っております。
そんなわけで、年賀状も書いておりませんが、皆様、ご容赦を。

来年はよき年となりますように。

|

« ありがたい一日 | トップページ | 梅一輪 »

コメント

お体お気をつけて下さい。看病疲れというのはよく聞きますから。
上の写真は赤石岳ですか?ウチのかみさんの実家はあの反対側にあります。

投稿: takebow | 2006.12.29 10:07

takebowさん、おおきに。
さすがにちょっと疲れが溜まってますが、なんとかごまかし、回復させております。
写真は仙丈ヶ岳です。あと、北岳、間ノ岳、農鳥岳などが、飯田からは望めますね。
赤石岳はあまり見えないんですよ。その反対側というと、南巨摩郡になるんでしょうか?何しろ、伊那谷と山梨県は直接の行き来が難しいのでまったく馴染みがないのであります(^^;)

投稿: 龍3 | 2006.12.30 00:15

そっかぁ、仙丈が平地から見えるんだぁ。甲州側からは北岳が邪魔をして仙丈はほとんど見えません。以前、一度登った時、山頂から富士と北岳が背比べして並んで見えたのを思い出しました。南アルプスでは一番のお気に入りです。カミさんの実家はそう、南巨摩郡で増穂町です。

投稿: takebow | 2006.12.30 09:49

龍3さん、あけまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね!
(また、京都にも遊びにいきたいと思っていますよ。)

投稿: たけ | 2007.01.01 10:22

あけましておめでとうございます!(^^)!
ご無沙汰しております、お元気でしょうか?

京都を離れて只今大阪にいるんですが、京都が恋しいです。。。
今年もこちらで京都の様子を楽しませて頂きたいです!!

hayateさんとお会いしての龍3さんのイノダコーヒーの記事、面白かったです。今熊野商店街の紹介も楽しみにしてます^^

今年もよろしくお願いいたします!!

投稿: ilikewalking | 2007.01.01 18:45

皆様、明けましておめでとうございます。
飯田で新年を迎えて、穏やかに正月を過ごせました。

☆takebowさん、飯田でもかなり土地に高低差がありまして、赤石岳のほうも見える場所があるようです。でも仙丈が一番雄大に見えますね。

☆たけさん、またぜひお会いしたいですね。京都においでください。そろそろ東京へも行きたいと思っていますし。

☆ilikewallkingさん、大阪の様子はいかがでしょうか。こちらは長野県と京都の行ったり来たりで落ち着いてblogを書く状態ではないのですが、なんとか元気でいます。今年もよろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2007.01.05 14:16

あけましておめでとうございます。

長野と京都を行ったり来たりでは大変ですね。
お疲れがでませんように、ネットカフェで息抜きしながら、お母様をみてあげてください。

投稿: vivasan | 2007.01.07 04:52

そろそろ落ち着かれたかと思いましたが、まだのようですね。
お母さま、心配ですねぇ・・・。
でも、龍3さんも体に気をつけてくださいネ!
看病疲れで体をこわしては、大変です。

遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

投稿: よりりん | 2007.01.10 01:34

☆vivasan、あけましておめでとうございます。
やっと新年の京都に戻ってまいりました。母の容態も落ち着いておりまして、そろそろ退院のことも話題に上っております。
今年もよろしく。

☆よりりんさん、こちらこそ、遅くなりまして申し訳ありません。今年もどうぞよろしくお願いします。
なんだか、体の芯に疲れが溜まっておりまして、なかなかパワーがでませんが、今日初詣に行きまして、合掌しているうちに、なんか力を頂いたような気がしてきて、元気が出ました。わしは、仏教徒なんだなあ・・・と改めて思いました。

投稿: 龍3 | 2007.01.12 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/13242727

この記事へのトラックバック一覧です: 京都と飯田・行ったり来たり:

« ありがたい一日 | トップページ | 梅一輪 »