« 京都国立博物館で特別展「京焼」を見た | トップページ | 「祇園をどり」始まる »

2006.10.28

「ねじりまんぽ」という奇妙な空間

Nejirimanpo

左京区の南禅寺や都ホテルの近く、「蹴上」というなんやら物騒な地名の場所に、この「ねじりまんぽ」という奇妙な物件がある。
琵琶湖疏水の「インクライン」は、春には桜の名所であるが、この「ねじりまんぽ」はその傾斜軌道の下をくぐるトンネルなのである。

「ねじりまんぽ」とは、煉瓦をねじって積んで作る、アーチ構造のことで、この場合、インクラインと下をくぐるトンネルが直角に交わっていないため、下から少しずつ斜めにずらして煉瓦を積んで行き、トンネル最上部でインクラインと煉瓦が直交するようにして上からの重さを支える工法らしい。

で、国内に現存が確認されているねじりまんぽは25箇所くらいあるらしいのだが、この琵琶湖疏水インクライン下に設けられた一か所以外は、すべて鉄道関係の構造物だそうだ。

単なるトンネルと思って、昔は気にも留めずに通っていたのだが、この「ねじりまんぽ」という名前を案内板で見つけてから、「へえ~」と思った。とりわけ、夜に覗くと不思議な感覚に陥る。
ここを抜けたら、時空を超えたりして・・・などと想像してしまうのは、大昔「タイムトンネル」というテレビのSF番組を見ていた名残かな(笑)。

|

« 京都国立博物館で特別展「京焼」を見た | トップページ | 「祇園をどり」始まる »

コメント

こんばんは。
東西線の延伸で、12月3日にトンネルウォークがあるようですね。人気があるので抽選になるでしょうけど、行って見たい気がします。(笑)

投稿: winter-cosmos | 2006.10.28 19:34

夜の「ねじりまんぼ」ですか。。。
なんだか恐いなぁ。
紅葉シーズンの10時位までなら人通りもあるでしょうが。。
一人で歩く勇気がありません。。。。

投稿: yume | 2006.10.28 21:14

龍3さん、おひさしぶりになってしまい申し訳ございません。手はなんとかなおったかんじです。ありがとうございます。

さて、こちらの場所ってたしか僕も通ったような気がするのです。小説のプロットにつかえそうな場所ですね。また行ってみたいと思います。

投稿: hayate | 2006.10.29 12:05

ごぶさたしておりますm(__)m
あたしもここ通ったことがあります。
真夏に(笑)

なんともいえないねじり具合にやられました。。。
紅葉が終わったらトイカメラもって。
行って来ようとおもってます☆

投稿: まめ | 2006.10.29 21:50

☆winnter-cosmosさん、そんなイベントあるんですね。
わしの近所で、大石神社辺りから東山をくりぬき、東福寺だか十条通だか、そのあたりまで車を通すトンネルをずっと工事していて、去年か一昨年に開通祝賀トンネルウォーク&トンネル内コンサート、つうのがあったんですが、未だに道路として使える様子がありません。一体、何をやっとるんやろ・・・

☆yumeさん、昼間は確かに観光客、散策の人出がありますが、夜はいきなり寂しくなるあたりですね。すぐ近所には地下鉄蹴上駅の出入り口もあり、ちょっと行けば、というかほぼ反対側に都ホテルのきらめく明かりがあるんですが。

☆hayateさん、手の方はいたわってあげてくださいね。
小説のほう、あれからあんまり手直ししてないですが、他の読者対象のも含め、わし個人でもいろいろ展開を考えて行くつもりであります。

☆まめさん、真夏でしたか。疏水に足をつけて涼みたくなったでしょう(笑)
ここの桜の紅葉はいまのところ良い状態にないです。いつも虫喰いでぼろぼろですしね。紅葉の時期の混雑は年々凄くなる一方ですが、終わるともう、年末になってしまいますぞ?

投稿: 龍3 | 2006.10.30 10:03

ねじりまんぽって辞書には載ってないですね。
聞いたことありましたが
これの事だったんですかぁ!

なんか不気味なトンネルですね。
怖がりのわたくしはダメダメ(;一_一)
夜のトンネルなんて考えただけでも背筋が冷たくなってしまいますぅ。

投稿: れこりん | 2006.10.30 20:25

やはりそうでしたね。
ここが日本発の水力発電の跡だったとは
最近知りました。
それにしてもトンネルに四文字の漢字?プレートありますが
なんて書いてあるのか
いまだ不明。
ご存知ですか?

投稿: 松風 | 2006.10.30 22:04

通学路として使っておるガシ校生は何とも思っておらんのだろうな。
ただのトンネルくらいにしか。

>松風さん
>四文字の漢字?のプレート
南側は「雄觀奇想」(ゆうかんきそう)?(見事な眺めと、優れた考え)北垣国道 筆
だそうです。
北側は「陽気発処」北垣国道 筆
の「気」以下が剥落したもの
陽気発処 金石亦透 精神一到 何事不成(朱熹)
からだそうです。
よく見ると「發」の字が見えるような気がしないでもない。

■とりっかとりーと
全然関係ないですが、日曜日、北大路で魔女?を見ました。子供の。
ハロウィンなんですね。
北山あたりだけなんだろうか?
それとも最近は全国的にハロウィンなんてやってるのかな?

投稿: Bach | 2006.10.31 05:00

☆れこりんさん、このトンネル、歩行者専用でごく小さいものでして、実は向こう側がすぐそこに見えております。そんなに怖いものではありませんよ(^^)
幾多の怪談に彩られた有名なトンネルも京都にはあるんですが、それはまた別の機会に・・・

☆松風さん、明治の京都は必死で先進技術を取り入れて生き残ろうとしていたんですよね。「古都」になるのをとても嫌がっていたようです。今はどうなのかなあ・・・
疑問に関しては、Bachさんが見事に答えてくださいました(^^)

☆Bachさん、東福寺の臥雲橋も通学路、通り道にしている皆さんは、無造作に自転車、時にはバイクで走り抜けていきますもんな(苦笑)
4文字の解説、ありがとうございます。わしが付け加えるものはなにもおまへん。疏水自体のトンネル入り口にも、よく漢字が貼りついていますね。
あと、北山通りのハロウィンは、何年か前から町おこし行事みたいになってるようです。
ほかは、花屋さんの店頭には、東山でも山科でもあの黄色いかぼちゃを売ってますけど、特にハロウィン行事が盛んになったという気はしませんねえ。

投稿: 龍3 | 2006.11.01 21:02

この写真がまたええですね・・・笑。
私も、何気なくいつも通り抜けていたたちです。
というか、今も・・・爆。
そうか、名前があったんですね!
今度、紅葉のころにいくときは、気をつけて通ります・・・って、行く機会あるのか?!

投稿: よりりん | 2006.11.02 09:31

よりりんさん、どうも凝り過ぎて、ねじりまんぽに「怖い」という先入観を与える写真になってしまったようで反省しております(^^;)
今日、蹴上、岡崎あたりを通りましたら、ほんの少し樹木の葉は色づいておりました。明日から三連休ですが、既に平安神宮近辺は観光客の人々でかなりの混雑でしたよ。

投稿: 龍3 | 2006.11.02 16:55

ねじりまんぼって名称もつい最近知った口デス(笑)
昼間に通る分には暗くてもなんともないけど、夜だと通るのがちょっと怖いような。。。(∋_∈)
トンネルをくぐり抜けると、そこは異次元の世界だった、、、ホンマにそうなってたらビックリデスわ(笑)
この週末あたりから混み出すのかなぁ?

投稿: うさこ | 2006.11.04 12:36

うさこさん、大丈夫ですってば(^^;)
ただまあ、この辺、夜はひと気が少ないんで、一人歩きはやめたほうがよろし。
今日、買い物に四条河原町の高島屋へ行きましたが、結構な混雑でした。五条坂は渋滞、しかし、紅葉にはまだまだで、混雑もまだこれからでしょう。

投稿: 龍3 | 2006.11.04 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/12458030

この記事へのトラックバック一覧です: 「ねじりまんぽ」という奇妙な空間:

» 天授庵の夜間拝観(11/27) [関西おいしいもの♪]
おなかもいっぱいになり、腹ごなしにライトアップを見に行くことにしました。 とにかく静かに紅葉のライトアップを楽しみたい!ということで、行ってきたのは南禅寺の塔頭のひとつ「天授庵」 ↑入口から真正面の置くに庭園が... [続きを読む]

受信: 2006.12.03 01:42

« 京都国立博物館で特別展「京焼」を見た | トップページ | 「祇園をどり」始まる »