« 京都と「作家」 その5 瀬戸内寂聴 | トップページ | 教師による「いじめ」 »

2006.10.17

久しぶりにゆっくり飲んだ

0610nomi_0211
友人からしばらくぶりに「飲まへんか?」とメールが来たので、日曜の夜に出かけた。

0610nomi_0201
洛中で飲むのは随分久しぶりである。高瀬川に沿って、御池通をあがった上木屋町に赴き、路地の奥深くに入り口のある「左近太郎」という創作料理屋に上がった。

0610nomi_0111
昔は料理旅館だったという落ち着いた建物はまったく和の雰囲気であるが、料理は和洋折衷のモダンな感覚が溢れている。鯛の松皮造りにトマトベースのソースを掛けたカルパッチョ風のもの。友人は「わさび醤油で食いてえ」と呟いたが、わしには香草の載ったこれも美味しかった。

0610nomi_0131
素材にシチュー様のモノを掛ける料理手法を「ブランケット」というそうだが、鴨ロールにホワイトシチューを掛けたのがこれ。シチューに合うフランスパンもちょっぴり添えてある。腹の減っていたわしらは健啖にたいらげ、ビールが進む。


0610nomi_0141
子牛肉とフォアグラのソテーは全く洋風だったかな。これもソースが美味しかった。

0610nomi_0151
ビールに飽きて、日本酒を頼んだ。「お銚子ですか?枡ですか?」と訊くので、枡の方を頼むと、枡にグラスを立てて、なみなみと壜から注いでくれた。隣席の若い女の子たちが目を輝かせて「それ、いいなあ!」と言うてくれた(^^)

0610nomi_0181
松茸御飯がコースの締めだったのだが、飲み足りないわしらは、もち豚の味噌焼きと、漬物の盛り合わせを注文。漬物はいかにも「KYOTO風」に美しく盛られていた。

0610nomi_0271
雰囲気と味には満足したが、やっぱ量が(苦笑)・・・のわしらは、このあと、お気に入りのペールエールを飲ませてくれる暗い小さな店にもぐりこんだ。のだが・・・未だにこの店の名前、覚えてないのである(苦笑)

とりあえず元気で、美味しいものを食べられ、酒が飲めることの幸せを、友人とじっくり味わった夜。

|

« 京都と「作家」 その5 瀬戸内寂聴 | トップページ | 教師による「いじめ」 »

コメント

「そろそろ居酒屋行きたいね」って話している今日この頃。
画像みせて頂いたらますます行きたくなってしまいました。

「とりあえず元気で、美味しいものを食べられ、酒が飲めることの幸せ」
そうなんですよね。なんでもないようでそれが一番の幸せなんです。
なのについつい。。不平不満、愚痴ばっかりの私です。

投稿: yume | 2006.10.17 18:48

渋い店ですね。学生時代にはとんと縁がなかったので、
こんなに良い雰囲気の店が京都にあるという当たり前の
ことにビックリしてます。

投稿: takebow | 2006.10.17 22:13

☆yumeさん、そうそう、なかなか日頃は、感謝の気持ちをもてないものですよね。店に行っても不平不満を漏らしがちな、ゴーマンな性格が募ってきたような風潮だし。んでも、京都には良い場所がいっぱいあって、ありがたいです。

☆takebowさん、ほんま、学生時代だけでは京都はもったいないです。まあ、上流限定、一見さんお断りの世界もありますけど、垣根は随分取り払われたように見えます。どうぞまた、おこしやす(^^)

投稿: 龍3 | 2006.10.18 04:15

最近、京都で飲んでないなぁ。
大阪が多くなって帰りは
二度浸け禁止の立ち串屋ですよ(笑)

投稿: 松風 | 2006.10.18 21:53

お漬物のお皿、同じものがうちにもあります。でも、これにお漬物を並べるなんて考えもしませんでした。冷酒やワインのグラスに添えてだしたい雰囲気ですね。
昨日でしたか、近為のお漬物のコースが朝日で紹介されていたのは。あそこは中途半端な場所なので行きにくいですけど、↑いいですね。
便利な場所なのに、隠れ家的な雰囲気です。

投稿: winter-cosmos | 2006.10.18 22:29

友人と雰囲気を味わいながら美味しい料理と酒をいただければ
言う事なしですね
話も弾んで 心地よい幸せ気分になられたのではないでしょうか
恥ずかしながら京都でこのような店には入ったことないのです(笑)

投稿: ひこぼし | 2006.10.19 00:07

☆松風さん、わしの方は京都で飲む機会も減りましたが、大阪はさらにご無沙汰です。美味くて安いのが当たり前の大阪は、のん兵衛には天国のような街という印象が濃いです。
ただ、京都でもこのところ、立ち飲み屋が増えてきたような気がしますな。

☆winter-cosmosさん、わしもこの皿に見覚えがあって、食べ終わって裏を見たら「noritake」と書いてありました。朝日新聞の近爲紹介、わしも見ましたよ。場所も行きにくいですが、観光バスが横付けする超人気店で、なかなか気軽に寄り辛い雰囲気があります。こっちの方はおっしゃるとおり、隠れ家的で良いですね。

☆ひこぼしさん、仰せのとおり、気の置けない友人と飲むひと時はほかに代えがたく心が解放されます。町家改造の落ち着いて飲める店は、いまや京都の定番です。どうぞ一度おこしやす(^^)。

投稿: 龍3 | 2006.10.19 01:45

 この店、私も行ったことがあります。ひげのおじさんと二人で、
ちょっと雰囲気にそぐわんなぁ、と(^^;)
 おいしくて上品でしたが、私も量が足りませんでした。

 次回、京都に行ったら、京都に何店舗かある「寿海」に
行ってみたい。大阪出身の私には、「安くて無難にうまそう」な
こんな感じの店が合っているのかもしれません。
 

投稿: zusen | 2006.10.25 22:09

zuisenさん、そうでしたね。やはり量は足りませんか(^^;)
大阪は安くて多くて美味いが当たり前で、「無難に楽しめる」というのが日常使いにはぴったりでしょう。
実は我らの旧友が京都・山科に引っ越してきます。ひげのおじさんと歓迎の準備をしております(^^)zuisenさんも都合つけば是非。

投稿: 龍3 | 2006.10.26 10:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/12312955

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにゆっくり飲んだ:

« 京都と「作家」 その5 瀬戸内寂聴 | トップページ | 教師による「いじめ」 »