« 小説家宣言 | トップページ | 京都人気取りのよそさん »

2006.09.28

比叡山

06akimaturi_0121

延暦寺の所在地は、滋賀県大津市坂本本町であって、京都市ではない。
しかし日々仰ぐ比叡山は、京都の歴史に深く関わってきて、この街を語るのに欠かせないものであろう。
わしはしかし、2度ほど比叡山には登ったが、延暦寺にちゃんと参拝した事がないのである。

学生時代、それも就職前の最後の時期に「そういや、まだ登ってないなあ」と仲間の誰かが言い出して、修学院から、いにしえの登山道=雲母(きらら)坂を歩いて登るという暴挙を成し遂げたのである。
かつて、僧兵が神輿を担いで駆け下りたり戻ったりした頃には、ほどほどな道だっただろうが、ろくに歩くもののいなくなった時代、それは荒れ放題の、土と岩がむきだしになっている斜面で、雨が降ったら轟々と水が流れ下るであろう川底の道だった。それでもまあ、尾根に出ると見晴らしもよくて気持ち良かったのだが、汗だくで登りきった先には、いきなり広い駐車場がありやがって、排気ガスを浴び、とっても嫌になったものである(苦笑)。
帰路は確かバスに乗った。駐車場にも下っていく道にもたくさん猿が現れてびっくりした記憶がある。
それから10数年後、千種忠顕という、南北朝時代の公家にして武将だった男の小説を書きたくなり、彼が戦死した地まで登ってみようかと思い立ったが、すっかり身体がなまっていて簡単に挫折した(さらに苦笑)

あとは、車で「比叡山ドライブウェイ」を走った事は数回ある。料金が高いのでなかなか行けないが、山上からの景色はたしかに格別である。四月の終わりごろに走ると、遅い山上の桜が楽しめる。去年はカブトムシ展示館みたいなのが出来てたのでそれだけが目的だった。(苦笑ばっかだな)

御所から鬼門にあたる比叡山は、畏れ奉る存在であって、親しんで仰ぐものでなかったかもしれない。今はビルに隠れて見えないところも多い。(わしの住んでる山科などは、そもそも角度的に全く見えやしないのであるが)
ただ景色としては賞賛されていて、「額縁門」と銘打って、比叡山が門を透かして見えるのを自慢にしたり、この山の秀麗な姿を庭の借景にしているというお寺はある。
また、千日回峰行という、超人的な修行が比叡山にはあるのだが、その行者は七年間に分けて、比叡山の山道を通算1000回歩き通す。だがこれ、800回目から900回目までは雲母坂を下って京都市内の神社仏閣を巡るのだそうだ。これはなんと一日に84キロも歩くのだとか。それで、東山三条の古川町あたりの白川の流れに「行者橋」というのが架かっていて、これは欄干も何もない危なっかしいほど細い石橋なのだが、回峰の行者が渡るために作られているのだそうだ。
(続く)

|

« 小説家宣言 | トップページ | 京都人気取りのよそさん »

コメント

仰げば比叡~♪
懐かしいです。
ありがとう。

投稿: takebow | 2006.09.28 19:11

京都の街から比叡山を見ると、
ナターシャセブンの
『街』を思い出す私です。
 いつも見ていた風景ですが
懐かしいですねぇ。
 

投稿: zuisen | 2006.09.29 17:05

山の奥深くにあるお寺は、よりいっそう凛としています。
静かで落ち着いています。

もう何年か前に行ったきりですが、主人が休みになるたび「連れてって~」と言ってます。

高校生の時、根本中堂の駐車場にあるお蕎麦屋さんでバイトしていました。

 是非、一度お訪ねください。

投稿: yume | 2006.09.29 22:44

☆takebowさん。
千古のみーどーりー♪ですね。
でも衣笠からはあんまり見えませんでした。鴨川も、コンパのときくらいしか親しめなかった(笑)。

☆zuisenさん。
げーたの音、路地裏どおり、雨上がりの屋根♪ですね。
いろいろありますが、この街は、素敵です。

☆yumeさん。
滋賀県側から見た比叡山というのは、これはもう、全く違うのだろうなあと、初めて思いました。
京都にいると「京都中華思想」とでも言うべきものになってしまい、京都から見た考えしか浮かばないのですよ。
まだこの文章、まとまってないのですが、結論としては
「ちゃんと延暦寺に参拝しよう。滋賀県側の坂本も見てみよう」と言うことになると思います。

投稿: 龍3 | 2006.09.30 02:20

考えてみれば、私は全くその逆ですね。
京都からあらためて比叡山を見たことがありません。
京都から比叡山に行った事がありません。
私もあえて、今度 京都から行ってみようかと思います。

投稿: yume | 2006.10.01 13:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/12070630

この記事へのトラックバック一覧です: 比叡山:

« 小説家宣言 | トップページ | 京都人気取りのよそさん »