« 我が家の定番 | トップページ | 比叡山 »

2006.09.24

小説家宣言

このblogのプロフィールを見てもらいますと、
「主夫兼小説家」と書いてあります。

小説で食べていけるだけ稼いでいない現状では、そう書くのが適当と思っておりました。
もうひとつ、小説をそんなにしっかり書けていない、特に量的に圧倒的に書いてないという日常でした。

いろいろと機会は与えてもらっていました。
何度か賞の佳作などもらい、そこを突破点にがむしゃらに発表の場を獲得していけたはず。
しかし、子育てに追われる日常、体調のトラブルなど、目の前のハードルにくじけ、小説家としての覚悟は不十分のままでした。

今、3つの小説と格闘しております。
どれも、自分に命じた締め切りを守る事が出来ず、恥じながら、書いています。
そして愚鈍で怠惰な自分も、やっと、覚悟を固めています。

改めて、小説家を宣言します。
器用でないわしは、いろいろな文章を売り物に出来る「作家」にはなれません。
架空の物語、小説にすべてを託します。

去年も、夏前に似たような決意を語って、blog休止を宣言したのでした。
またか、と嘲って頂いて結構です。
すぐ逃げる自分に叱咤し、喝を入れるために、ここにまた宣言します。
弱くてずるくて情けない自分を見つめながら
それでも、胸を張って。

わしは、小説家です。

|

« 我が家の定番 | トップページ | 比叡山 »

コメント

わざと自分を窮地に追い込む方が力も発揮できますね。

頑張ってくださいね。
小説楽しみにしています。

投稿: yume | 2006.09.24 13:34

頑張って下さい。焦らずに、着実に。完成したら、ぜひ読みたいです。

投稿: takebow | 2006.09.24 15:59

作家として生活する知人は数人いますが、タキオンさんが劣っていると感じたことは一度もありません。あとは随意にござる。

投稿: D.S | 2006.09.24 20:20

書くという行為は、私にはわからないくらい
大変なことなのだと思います。
自分を晒す、自分を追い詰める・・・。
きっとその覚悟がないとできないことなのでしょうね。
でも龍3さんにとっては、
それがなくてはならないものなのだろうとも思います。
書いてください、これからもずっと。
心から応援します。

投稿: 蒼葉月 | 2006.09.24 22:08

小説家だと自信を持って言い切る事。
とても凄い事であり、羨ましいとさえ思います。
私も自分自身に自信と誇りを持って、堂々と言えるようになりたいです。

投稿: うさこ | 2006.09.26 00:00

頑張ってくださいとしか言えませんが、龍3さんならやれると小生は思いっています。天下の名作「蒼穹の昴」を書いた浅田次郎は自衛官として訓練中も塹壕の中で手帳に小説を書き続けていたそうです。意地と執念とレーゾン・デートルを懸けて、お互い苦しい状況を突破してまいりましょう。
出来れば寒くならないうちに一度お会いしたいと思っていたのですが、仕事に追われてなかなか時間が作れません。何とか10月のうちにでもお会いする機会を作れればと思っておりますが。

投稿: 次元ジプシー | 2006.09.26 01:16

どれくらいが「書けてる」といえるのか私にはさっぱりわかりませんが、無理しないでやって行って欲しいです。
龍3さんが書きたい小説って、歴史モノなんだろうか?とか、小夜子系のようなサスペンスなんだろうか?とか、たまに考えます。
何にしても、プロットや下調べも大切で、時間のやりくりも大変でしょう。
自分の好きなことで生計をたてるということは、楽しくもあり、相当な覚悟や意思が必要なんだろうなと思います。
焦らず、自分の書きたいことを見つけて進んでくださいネ!!
本になった龍3さんの小説読んでみたいですw

投稿: よりりん | 2006.09.27 00:32

作家という舞台に挑戦せずに、ネットの片隅で物書きし続けている甲斐です。こんばんわ。
決意表明。笑うようなことなど、決してありません。
ココログで龍3さんと知り合い、また作風に触れ、そのエネルギーは読み手でもあり、書き手でもある甲斐の中に流れ込んで着実に生きています。
龍3さんが筆を折らず、書き続けていかれることを願うばかりです。

投稿: 甲斐ミサキ | 2006.09.27 01:25

こんなに、励ましの言葉を頂いて、感激しています。
皆さんのお気持ちを真摯に受け止めて、思いあがらず、くじけずに頑張っていこうと思います。

☆yumeさん、いつもありがとうございます。わし、自分に甘いので、いろいろばたばたします。みっともないですが、かっこつけてる場合ではないと、できる限りやりますね。

☆takebowさん、ありがとうございます。焦らず、着実ってのはほんまに難しいですので、時にうわ滑ったりしますが、なんとか成果を挙げると誓います。

☆D.Sさん、凄く自信の湧く励ましのお言葉です。おおきに。でもうぬぼれず、のぼせずにやっていきます。

☆蒼葉月さん、おおきに。
言葉で覚悟を語るのは簡単ですが、なにより、結果を出さないと皆さんのご恩に報いる事が出来ません。それを肝に銘じていきます。

☆うさこさん、おおきに。
自信は、あるともいえますし、ないような感じでもあります。
きっと、人生はいつも勝負の連続なんでしょう。気概を忘れたら名前だけのものになってしまいます。頑張ります。

☆次元ジプシーさん、サヨコ以来の同志のあなたから、励ましていただくと、格別なものがあります。おおきに。
意地と執念、レーゾンデートル。座右に掲げましょう。
お会いできる機会、心待ちにしてます。是非ご連絡ください。

☆よりりんさん、お心遣いありがとうございます。
今書いているのは、歴史小説、京都ガイドの要素を持った小説、ホラー・SF要素を含んだ小説の三つです。どれも、書きたいものです。
基本的に準備の下調べやプロット作りなどは楽しいですが、書き始める事が難しい。ある程度乗ってしまえば、詩神が乗移ったような感じで突き進めるんですが。
とにかく今は、突き進みます。

投稿: 龍3 | 2006.09.27 01:38

☆甲斐ミサキさん、ありがとうございます。
筆を折ることは恐らくないです。自分の書いたものが、思いも寄らぬところで人の力になっていると知った時の喜びと言うのは、もう、かけがえのないもので。
今また、あなたのコメントが、そんな喜びを与えてくれました。頑張ります。

投稿: 龍3 | 2006.09.27 01:41

身体の不調はいいことではありませんが、「生きる」ことを教えてくれます。
奥様とかわいい息子さんのかけがえのないお父さんです。ますますの健康とご活躍を期待しています。

投稿: winter-cosmos | 2006.09.27 06:39

☆winter-cosmosさん、ありがとうございます。
体調管理含めて、より自分を律しながらやっていこうとおもいます。

投稿: 龍3 | 2006.09.28 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/12014631

この記事へのトラックバック一覧です: 小説家宣言:

« 我が家の定番 | トップページ | 比叡山 »