« 夏の記憶2・炎熱 | トップページ | 確かなものなど何もないけれど »

2006.09.01

夏の記憶3・光

夏の光、今年もまた、鮮烈に目を射て

Natukioku33


0608wadayama_0201


Natukioku31


Natukioku32


|

« 夏の記憶2・炎熱 | トップページ | 確かなものなど何もないけれど »

コメント

電話ボックスいいですねぇ。哀愁があります。

投稿: takebow | 2006.09.01 08:56

takebowさん、この電話ボックスは、長野県飯田の実家のそばにあります。結構想い出深い電話なのですよ(^^)

投稿: 龍3 | 2006.09.02 00:50

夏と光をとっても感じます。
暑い夏はついこの間まで続いていたのに、
何だか懐かしくて、ちょっと寂しい気分になってしまいますね。
この夏のいろいろな出来事を思い出しました・・・。

投稿: 蒼葉月 | 2006.09.04 00:53

携帯電話の普及からでしょう。最近電話ボックスを見かけることが少なくなりました。

でも、ローカル線の無人駅、小さな駅にはちゃんとあるんですよ。
赤いポストと、電話ボックスがね。
ほっ。。とする風景です。

投稿: yume | 2006.09.04 10:49

☆蒼葉月さん、まったく、今はもう、残暑こそ続いてますが空の色は秋ですね。ちょいと寂しく、そしてからだは夏バテのわしです。梅酒飲んで体制建て直し中。

☆yumeさん、ほんまに電話ボックス、気がつくとあまりにもなくなっていますね。昨日も京都市青少年科学センターで壁に「NTTが採算が取れないとのことで公衆電話は撤去されました」云々の張り紙があって、なんか愕然としました。
「無人駅に赤いポストと電話ボックス」のセットは、過疎の土地の最後の防衛線、という感じで、安堵と共に悲壮感も感じる気がします。

投稿: 龍3 | 2006.09.05 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/11711304

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の記憶3・光:

« 夏の記憶2・炎熱 | トップページ | 確かなものなど何もないけれど »