« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.28

比叡山

06akimaturi_0121

延暦寺の所在地は、滋賀県大津市坂本本町であって、京都市ではない。
しかし日々仰ぐ比叡山は、京都の歴史に深く関わってきて、この街を語るのに欠かせないものであろう。
わしはしかし、2度ほど比叡山には登ったが、延暦寺にちゃんと参拝した事がないのである。

学生時代、それも就職前の最後の時期に「そういや、まだ登ってないなあ」と仲間の誰かが言い出して、修学院から、いにしえの登山道=雲母(きらら)坂を歩いて登るという暴挙を成し遂げたのである。
かつて、僧兵が神輿を担いで駆け下りたり戻ったりした頃には、ほどほどな道だっただろうが、ろくに歩くもののいなくなった時代、それは荒れ放題の、土と岩がむきだしになっている斜面で、雨が降ったら轟々と水が流れ下るであろう川底の道だった。それでもまあ、尾根に出ると見晴らしもよくて気持ち良かったのだが、汗だくで登りきった先には、いきなり広い駐車場がありやがって、排気ガスを浴び、とっても嫌になったものである(苦笑)。
帰路は確かバスに乗った。駐車場にも下っていく道にもたくさん猿が現れてびっくりした記憶がある。
それから10数年後、千種忠顕という、南北朝時代の公家にして武将だった男の小説を書きたくなり、彼が戦死した地まで登ってみようかと思い立ったが、すっかり身体がなまっていて簡単に挫折した(さらに苦笑)

あとは、車で「比叡山ドライブウェイ」を走った事は数回ある。料金が高いのでなかなか行けないが、山上からの景色はたしかに格別である。四月の終わりごろに走ると、遅い山上の桜が楽しめる。去年はカブトムシ展示館みたいなのが出来てたのでそれだけが目的だった。(苦笑ばっかだな)

御所から鬼門にあたる比叡山は、畏れ奉る存在であって、親しんで仰ぐものでなかったかもしれない。今はビルに隠れて見えないところも多い。(わしの住んでる山科などは、そもそも角度的に全く見えやしないのであるが)
ただ景色としては賞賛されていて、「額縁門」と銘打って、比叡山が門を透かして見えるのを自慢にしたり、この山の秀麗な姿を庭の借景にしているというお寺はある。
また、千日回峰行という、超人的な修行が比叡山にはあるのだが、その行者は七年間に分けて、比叡山の山道を通算1000回歩き通す。だがこれ、800回目から900回目までは雲母坂を下って京都市内の神社仏閣を巡るのだそうだ。これはなんと一日に84キロも歩くのだとか。それで、東山三条の古川町あたりの白川の流れに「行者橋」というのが架かっていて、これは欄干も何もない危なっかしいほど細い石橋なのだが、回峰の行者が渡るために作られているのだそうだ。
(続く)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.09.24

小説家宣言

このblogのプロフィールを見てもらいますと、
「主夫兼小説家」と書いてあります。

小説で食べていけるだけ稼いでいない現状では、そう書くのが適当と思っておりました。
もうひとつ、小説をそんなにしっかり書けていない、特に量的に圧倒的に書いてないという日常でした。

いろいろと機会は与えてもらっていました。
何度か賞の佳作などもらい、そこを突破点にがむしゃらに発表の場を獲得していけたはず。
しかし、子育てに追われる日常、体調のトラブルなど、目の前のハードルにくじけ、小説家としての覚悟は不十分のままでした。

今、3つの小説と格闘しております。
どれも、自分に命じた締め切りを守る事が出来ず、恥じながら、書いています。
そして愚鈍で怠惰な自分も、やっと、覚悟を固めています。

改めて、小説家を宣言します。
器用でないわしは、いろいろな文章を売り物に出来る「作家」にはなれません。
架空の物語、小説にすべてを託します。

去年も、夏前に似たような決意を語って、blog休止を宣言したのでした。
またか、と嘲って頂いて結構です。
すぐ逃げる自分に叱咤し、喝を入れるために、ここにまた宣言します。
弱くてずるくて情けない自分を見つめながら
それでも、胸を張って。

わしは、小説家です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.09.20

我が家の定番

Taihuuikka_0031

一応カテゴリーに、クッキングというのがあるのに、あんまりまともな料理を掲載してないので、たまには日常の食事を(笑)。
子どもは大抵ハンバーグが好きだと思います。うちの息子もそう。
夕食のメニューに、月に3回くらいは作るかな、手作りハンバーグ。
すっかり手馴れて、定番化した、わしの作り方。

①生協の「バラ凍結合挽きミンチ」を凍ったままボウルにばらばらと盛る。
②玉ねぎ一個をみじん切りにし、サラダオイルを引いたフライパンでよーく炒める。
③熱いまんまのみじん玉ねぎを、フライパンから直接ボウルに入れ、ミンチと混ぜる。これで、ミンチの解凍の手間は要らない。
④ミンチと玉ねぎをカレースプーンで練る。塩で味付けし、ナツメグをたっぷり振りかける。卵を割りいれ、パン粉の代わりに麩を手で粉砕してつなぎに入れる。普通のハンバーグのときは砂糖も使ってしっかり味付けするが、煮込みハンバーグにするときは薄めに。
⑤ボウルの中では終始、スプーンで練り、手を使わない。適当に混ざり、粘り気がでたなと思ったら、そのままスプーンでタネをすくい、手にとる。
⑥右手で握ったタネを左の掌に何度も叩き付け、空気を抜きながら整形する。
⑦玉ねぎを炒めたまま洗ってないフライパンに、整形したタネを並べる。このとき、新たな油は引かない。
⑧中火で両面を焼く。
⑨普通のハンバーグは、ここで皿にとって、電子レンジに移し、中心まで火が通るように加熱。
 煮込みハンバーグにする場合は、フライパンに自家製デミグラスソース(わしの秘伝・笑)を注ぎ込んで煮込む。

以上、可能な限り手抜きして作る、手作りハンバーグです(笑)
付け合せにはレタスやトマトを添えるほか、拍子木に切って水にさらし、電子レンジでチンしたジャガイモに、パセリ・紫蘇塩など振りかけると、簡単なわりに見栄えがします。

ちなみに秘伝のデミグラスソースとは、
お好み焼きソース・トマトケチャップ・焼肉のタレ・酒・みりんなど、その場の気分で適当に混ぜて、フライパンに流し込み、煮込むだけのものです(わはは)

・・・やっぱりあんまりまともとは言えへんか(涙)

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006.09.17

野良猫みたいに

Natugo1

野良猫みたいに

なんもかもサボって
シブヤとかうろついてるあたしたちを
野良猫みたいだって?

行き場所がないからね

あたしを捨てたのは誰さ?

振り向いてくれないのは誰さ?


流行の服とアクセサリー拾って
とりあえず笑ってれば
ここなら誰か声掛けてくれるよ

読者モデルになりませんか?なんてさ

もっと顔が小さかったらなあ
もっと脚が長かったらなあ
もっと目が大きかったらなあ

もっとイイ人たちに拾われたならなあ

あたしだって・・・野良猫にならずに

ちぇ
トラックバックもできないのかよ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.15

アルフォンス・ミュシャ展

Mucha

京都駅に出かけたのは、駅ビルにある『美術館「えき」KYOTO』で、
「アルフォンス・ミュシャ展」が行われていたからです。
昔から好きな絵でしたし、真似もちょっとしてました。しかし、画家本人のことはろくに知りませんでした。
非常に得るところの大きい展覧会でした。
緻密なリトグラフを、間近に見て、驚嘆し、飽きる事がありませんでした。
そして、画家の生涯、フランスから故国モラヴィアに戻ってからのことは初めて知りました。
またそのうち、詳しく綴ってみたいですが、今は小説書きに戻ります。

展覧会は、10月1日まで行われています。
詳しくはこちらhttp://www.wjr-isetan.co.jp/Kyoto/

| | コメント (6) | トラックバック (1)

初秋・雨の京都駅

帰省などの夏休み行事に追われ、小説書きにも(主観的には)励んでいて、しばらく京都の文物景色を見ることがありませんでした。
13日、決意して出かけた京都らしい場所は・・・京都駅。

Amenoeki_0081
雨に霞む京都タワー

Amenoeki_0091
ひとっこひとりいない空中経路

Amenoeki_0111
北山も東山すらもおぼろ

Amenoeki_0061
いつも誰かが座っている大階段も、雨に濡れているだけ


Amenoeki_0191
涼やかになった構内、でも活気は途絶えていません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.06

確かなものなど何もないけれど

Hasutohosi_0331


確かなものなど何もないけれど

 世界の果てから滑り落ちてしまいそうで
 あの頃のきみは 爪を立ててもがいていた

 「天文台で 星を見て一生過ごせれば良いなあ」
 憧れて そう何度も言っていたね

 天かける星たちに比べれば
 ぼくたちは砂粒みたいで
 何一つ確かなものなどなかった
 いつだって傷ついていて 弱虫で卑怯で
 曲がった胸の中に抱えた心臓の鼓動以外
 何一つ変わらぬものなどなかった

 昨日まできらめいていた星が 
 唐突に暗黒の淵に消える 
 世界だって、今夜滅びるかもしれない
 ぼくたちのちっぽけな足跡など
 だれが覚えているだろう

 それでも
 きみの瞳がどんなに美しかったか
 ぼくがどんなにかきみを好きだったか
 ぼくは忘れない
 行くあてなんかないけれど
 どこまでも一緒に行くと決めた

 確かなものなど何もないけれど
 今は このいのちを抱きしめて

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.09.01

夏の記憶3・光

夏の光、今年もまた、鮮烈に目を射て

Natukioku33


0608wadayama_0201


Natukioku31


Natukioku32


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »