« 光明院 波心の庭 | トップページ | 「足太あわび茸」・・・竜王からの素敵な贈り物 »

2006.08.03

3回目の朽木(くつき)

06kutuki_0091
一昨年、去年に続き、夏の家族キャンプに、滋賀県高島市朽木へ行って来ました。
キャンプと言うても、いつも「グリーンパーク想い出の森」の、エアコン完備の快適なバンガローに泊まるのですが(苦笑)
ここは京都大阪からすぐに来れるので人気が高く、夏休み期間の予約はかなりの激戦です。

ちなみに、朽木は鯖街道の途中にあり、1287年に佐々木高綱の子孫・義綱が朽木氏を名乗って以来、明治維新までずっと朽木一族が支配してきたという土地。歴史的にも民俗的にも興味深いのですが、まだそっちのアプローチはしておりません。もっぱら家族と自然を満喫するばかり。

06kutuki_0351
パーク内には、丸太の巨大アスレチックやグラウンドゴルフ場、「くつき温泉てんくう」(プールつき)などが揃っていて子供と遊ぶに事欠きません。

06kutuki_0231
夜はもちろん、バンガロー備え付けの野外グリルでバーベキュー三昧ですが、今まで肉を食べすぎていろいろ障害があったので、今回は「村井フィッシングセンター」で釣ってきた虹鱒を焼いたり燻製にしたり、ダッチオーブンでパンを焼いたりと、なるべく肉の摂取を減らしました(笑)

06kutuki_0271
テレビもラジオもパソコンもない夜は静かで長いです。
最初の夜は素晴らしい星空も見えました。
「プラネタリウムで見たとおり!」と息子も興奮。

06kutuki_0451
朽木で随一の古刹・興聖寺は、「足利庭園」で有名なのですが、それはまたの機会として、去年から我が家はこのお寺の門前お菓子屋さんともいうべき「栃の実庵」をひいきにしております。

06kutuki_0441
ショーケースにはケーキや団子、店内に煎餅や駄菓子系など、たくさんのお菓子が並ぶ中、窓際には自然木のテーブルが三つあって、シフォンケーキや珈琲が美味しいです。

06kutuki_0011
窓から見える安曇川沿いの、鯖街道の景色は、しみじみ、山村の懐かしさを感じさせてくれます。

行き帰りには湖西を走り、琵琶湖の景色も楽しんで、「滋賀の美しさと温かい人情」を満喫して京都に戻ってくるのでした。

|

« 光明院 波心の庭 | トップページ | 「足太あわび茸」・・・竜王からの素敵な贈り物 »

コメント

こんばんは。
朽木で家族キャンプいいですね☆
自然の中で食べるご飯はホンマに美味しいし(^^)
気温も都会よりは(多少)涼しいだろうし、
夜も熱帯夜じゃなかったりして?
ここのてんくう温泉が好きでよく行くんですが、
しばらくご無沙汰なんでそろそろ行かないとなぁ〜。
しかし、栃の実庵さんは知らなかったデス〜(>_<)

投稿: うさこ | 2006.08.04 18:53

うわぁ~~~~~~~~っ!!
いいなぁ~龍3さん朽木村でキャンプですかぁ(^^)
虹鱒美味しそうですねぇ~(⌒¬⌒*)
写真もとっても綺麗です。

投稿: れこりん | 2006.08.04 21:26

☆うさこさん、ここは楽ちんに自然と触れ合えるのでありがたいです。夜はとても涼しいのですが、夜露が多いため湿気が侵入するので、残念ながらエアコン頼りでした。
「温泉てんくう」は、年々充実していきますね。
栃の実庵さんは、お店の人たちが人情厚いのがまた、いいのです。


☆れこりんさん、琵琶湖の景色を見ながらドライブし、朽木の山村でリフレッシュするたび、滋賀県って、良い所だなあ~~と思いますよ。

投稿: 龍3 | 2006.08.06 00:23

ご無沙汰してます。カミさんの実家に来てます。ネットカフェでの突っ込みです(笑)。
滋賀の安曇川辺りの一族が移り住んだのが、信州の安曇野だそうですね。その一族の氏神のご神体が穂高ということらしいです。

投稿: takebow | 2006.08.06 12:46

takebowさん、お久しぶり(^^)
そちらではネットカフェできるのですか、羨ましい。
この前飯田に帰省したとき、ネットカフェないかと探したら、諏訪まで行かないとダメという情けなさ・・・
安曇川、安曇野・・・、アズミ族についてはいろいろ断片的に読んできてますが、すぐそれを速成で伝奇的小説のネタに使いたがって、あまり知識を深めていないわしです(苦笑)

投稿: 龍3 | 2006.08.07 00:01

家族でキャンプか~。
いいですねw
一足先に家族で夏休みか・・・。
滋賀県って、未知の空間だわ。。。
同じ関西なのに、あまり足を踏み入れない(笑)。

投稿: よりりん | 2006.08.07 01:22

龍3さんへ
信州・タナカ知事負けてしまいましたね。また、旧態に戻るんでしょうねぇ。
アズミ族の話、ぜひ書いてください。確か海洋性の人種だったのに山間に住みついたというのが面白いです。穂高神社の例大祭では、船を出してきますよね。ぜひ創作を。

投稿: takebow | 2006.08.07 11:16

テレビも、ラジオもパソコンもない生活。
これがなかなか家にいると出来ないでしょ。
その場に「それがない」という状態じゃないと。
清里の夜がそれに似た感じでした。
テレビは団欒の間にありましたが、特に見たい番組もなく。。。自分の部屋はベッドがあるだけ。携帯電話でメールすることはできましたが、あえてそれは避け。。。なんとなくぼぅ~と過ごしました。
何もない。ただ静か。。。 暇。何もない。。
話し相手もいない。
でもこれって貴重な時間です。 そのうち眠りにつきましたがそれもまた心地よかったです。

自然の中に身をおくということが少なかった私ですが、今回信州に行ってその魅力を知りました。

朽木に一人で一泊。。なんてのも面白いかもしれませんね。

投稿: yume | 2006.08.07 21:16

☆よりりんさん、滋賀県はいいところです。なんたって、広大な琵琶湖の景色が魅力ですし、周りは緑豊かですぐに山村の雰囲気満喫。古い洋館立ち並ぶところもありますし、そんなこんなで、滋賀県舞台の「ゴシックロマン」小説を現在構想中です。

☆takebowさん、タナカ知事に関しては地元でも評価が分かれていまして、正直今回は危ないなあと思っておりました。旧態が良いという人は表立っては居ませんが、さてどうなるか・・・
アズミ族の伝説とりいれて、「ゴシックロマン」を構想中ですのでご期待ください(^^)

☆yumeさん、あるとどうしてもパソコン見てしまうんですよね、疲れている夜でも。
なにもなしにぼ~~~、という経験、現代となってはほんまに貴重だと思います。
ただ、朽木にひとりで一泊、というのはちょっと難しいかな。なにせあそこは鉄道がないし、バスも不便、車がないと身動き取れません。バンガローやオートキャンプ場などは家族連れが前提みたいな施設ですしね。

投稿: 龍3 | 2006.08.09 13:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/11241047

この記事へのトラックバック一覧です: 3回目の朽木(くつき):

« 光明院 波心の庭 | トップページ | 「足太あわび茸」・・・竜王からの素敵な贈り物 »